発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

タグ:防災法

大地震などの災害時に携帯電話がつながらない場合は、まずメールで、そして災害伝言ダイヤル・災害伝言板を利用します。あるいは「三角連絡法」を活用します。
続きを読む

海沿いの地域で、大きな揺れを感じたり、大津波警報が発令されたら、「津波てんでんこ」の方法でただちに避難しなければなりません。とにかく逃げることです。
続きを読む

大地震後1週間もちこたえるために野菜飲料をローリングストック(回転備蓄)しておきます。
続きを読む

家具転倒防止のための突っ張り棒(伸縮棒)は壁際に(家具の奥側に)とりつけるようにします。あわせて三角形の家具転倒防止板を家具の下の前側にかませておきます。
続きを読む

大地震にそなえ、公的助成を活用して家の耐震補強工事をおこないます。1981年よりも前に建てた木造住宅では絶対に必要なことです。
続きを読む

1981年よりも前に建てられた建物では耐震補強工事が必須です。1981年に、建築基準法が改正されて耐震基準がきびしくなりました。耐震補強工事が必要かどうかの基準になるのが1981年という年です。
続きを読む

日本列島はふたたび地殻の活動期にはいったとかんがえられます。大地震や大噴火にそなえることが何よりも大事です。
続きを読む

大地震の被害に金銭的にそなえるために地震保険に加入しておくとよいです。地震保険は火災保険とセットで入らなければなりません。
続きを読む


日本列島は「巨大災害の世紀」に入りました。大災害はある日 突然やってきます。自分の身は自分でまもらなければなりません。
続きを読む


富士山はいずれかならず噴火します。噴火したら降灰に注意しなければなりません。
続きを読む

DSCF0790ba
日本科学未来館・展示「100億人でサバイバル」(交差法で立体視ができます)

危険から命をまもるためには、危険の種に気がつくことがまず必要です。
続きを読む


160330a 自然災害
図1 自然環境から人間への作用が自然災害
 
自然災害から防災・減災までの一連の過程を〈インプット→プロセシング→アウトプット〉ととらえなおし、個人や地域の独自の課題のもとで情報処理を具体的にすすめていくことが災害から身をまもることにつながります。

続きを読む

気象災害ほど身近な災害はありません。台風と集中豪雨には特に警戒しなければなりません。また竜巻や落雷などについても注意しなければなりません。

川手新一・平田大二著『自然災害からいのちを守る科学』(岩波書店)では気象災害についても解説をしています。気象災害にはどのようなものがあるか、あらためてとらえなおして対策を講ずることが大切です。

続きを読む

火山ほど危険と娯楽とが表裏一体になった場所はありません。火山災害にはどのようなものがあるかを知り、気象庁のウェブサイトで火山の危険度をあらかじめ調べておくようにします。

続きを読む

津波の危険を感じたら、指示を待つのではなく、想定にはとらわれずに少しでも安全なところにみずから主体的に避難するようにします。自分の命は各自が自分でまもらなければなりません。

これまでに本ブログで記述した津波災害に関する記事の要点をまとめ、またリンクをはりました。津波から身をまもるための参考にしてください。

続きを読む

日本列島でくらしているかぎり大地震はくりかえしやってきます。地震予知はできないので、大地震がいつきてもよいように自宅を補強したり、火災を出さないなどの対策が必要です。海沿いの人は高台への避難訓練をくりかえしおこなうようにします。

これまでに本ブログで記述した地震および地震災害に関する記事の要点をまとめ、またリンクをはりました。地震災害から身をまもるための参考にしてください。

続きを読む

自分が住んでいる地域の特性をよくしらべ、そこでおこりうる災害を予想して地震災害にそなえなければなりません。

川手新一・平田大二著『自然災害からいのちを守る科学』(岩波書店)は、地震、津波、火山噴火、集中豪雨、豪雪、台風、竜巻、雷などの災害とこれらの対策についてわかりやすく解説しています。日本列島でおこりうるさまざまな自然災害を概観しているのが本書の特色です。

続きを読む

福島第一原発事故は悲惨な災害を生みだしました。原子力災害から身をまもるために、原子力エネルギーについてただしく理解し、そして原発廃止・新エネルギーへの転換を目指してすすんでいかなければなりません。

2016年3月11日から3月24日までに本ブログで記述した原子力災害に関する記事の要点をまとめ、またリンクをはりました。原子力災害から身をまもるための参考にしてください。

続きを読む


原発事故によって放出された放射性物質による健康被害では内部被曝についても注意しなければなりません。

山口幸夫著『ハンドブック 原発事故と放射能』(岩波書店)では原発事故によって放出された放射性物質について、体のどこに何がたまるかを解説しています(下図)。

続きを読む

沿岸地域で避難場所を見直すにあたっては、津波堆積物の調査と歴史記録とを照合して過去の巨大津波がどこまで遡上してきたかを知る必要があります。
日本科学未来館(注1)の「Lesson#3.11:5年前、そして5年間に起きたこと」(注2)では津波堆積物と津波の歴史記録についても展示解説しています。

続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ