発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

タグ:環境保全

プラスチックは人間にとっては有用ですが、環境にとっては有害です。プラスチックの使用をへらすとともに、リサイクルにとりくまなければなりません。
続きを読む

DSCF8622ba
昆虫の巨大模型
(交差法で立体視ができます)
記載・分類からはじまり、構造と機能の分析的研究をへて、生態学的研究、昆虫の進化論へと昆虫研究は発展してきました。標本観察とフィールドワークをふまえて、さまざまな昆虫たちの相似と相異に着目すれば、類縁関係と系統を類推することができます。
続きを読む

IMG_6739
メガネウラの復元模型
(古生代石炭紀〜古生代ペルム紀)
(交差法で立体視ができます)
昆虫は、古生代の後期に大繁栄し、その後は、身体を小さくしながら進化してきました。大きな動物と共存しながら生態系をつくりだしました。分化しつつシステム化することに気がつくことが大事です。
続きを読む

縄文人はクリ林をそだてていました。縄文時代にすでに里山がありました。自然環境と調和した持続的なシステムでした。
続きを読む

ゴキブリは本来は森にすんでいます。森林生態系において重要な役割をになっています。環境についてかんがえなおすよい機会です。
続きを読む

陸上とはちがい海のなかには自然がのこされています。
続きを読む

100年前にカワセミを撮影した人がいました。鳥類の保護活動がすすみます。保護区をつくるだけでなく、地域住民と鳥類が共存する方法をかんがえなければなりません。
続きを読む

IMG_4074_5_edited-1
アカアシドゥクラングール
(平行法で立体視ができます)
アジアの熱帯林に生息するサル類をみることができます。動物ともに生態系を理解するようにします。対象とともに 3D 空間全体を視野にいれるようにします。
続きを読む

IMG_5465_6_edited-1
ポーズ土偶(東京国立博物館公式ミニチュア)
(平行法で立体視ができます)
縄文時代およそ1万年の美のうねりをみることができます。自然環境と調和した生活様式がありました。生命の循環と再生をいのる精神文化を感じとることができます。
続きを読む

DSCF7312ab_edited-1
ホンドタヌキ
(平行法で立体視ができます)
里山について理解をふかめることができます。そこは、人間と自然環境とがやりとりをしながらあらたな文化をうみだす場でもありました。
続きを読む

縄文時代の遺跡や土器・土偶を観察し、日本の基層文化について考察します。日本列島には森の文明がかつてあり、共生と循環を基本とする世界観がありました。
続きを読む

インコやオウムはペットとして人気がたかいため世界各地で乱獲され、絶滅が危惧されています。インコやオウムは購入しないようにし、保護活動に協力すべきです。
続きを読む

人間と野生動物の戦いがつづきます。人間は、報復として野生動物を毒殺します。生態系は崩壊します。
続きを読む

地球史上第6回目の生物大量絶滅がすすんでいます。生態系が崩壊します。今回は、ヒトという特定の種による人工的な絶滅です。
続きを読む

人類と環境の危機について警告しています。人類と環境は一体になってひとつのシステムをつくっており、環境から独立して人類は生きていくことはできません。今ならまだ間に合うかもしれません。
続きを読む

人間活動による生物の大量絶滅がすすんでいます。生物多様性がうしなわれます。エコツーリズムにひとつの活路があります。
続きを読む

海鳥の種数・個体数が激減しています。保護活動が急務になっています。
続きを読む

樹木は景観をきめる重要な要素です。高木と低木、針葉樹形と広葉樹形などの樹木の形はその地域の自然環境を反映しています。樹形から気候が想像できます。
続きを読む

ジオ・コスモスをつかって地球を大観し、グローバルに環境問題をとらえることが大事です。
続きを読む

DSCF8569ab
映像展示「東京ヒートアイランド」
(平行法で立体視ができます)
ヒートアイランド現象が首都圏ですすんでいます。緑地をもっとふやさなければなりません。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ