発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

タグ:文明

IMG_8708 (1)
バーミアン壁画
(クローン文化財)
シルクロードの地理と歴史を概観できます。東西の交流をとおして文化が発展しました。多様性をみとめる社会をつくるためにシルクロードが参考になります。
続きを読む

アップル iPad Pro がフルモデルチェンジとなりました。USB-C ポートが採用されました。ビジョンをえがくことが大事です。
続きを読む

DSCF8939ab
会場入口
(平行法で立体視ができます)
ものごとの本当のおもしろさ、最高の味わいを意味する醍醐味は、仏の最上の教え(最上の仏法)の意味でもつかわれます。醍醐水は今でもわきだしています。
続きを読む

ビットコインなどの仮想通貨がインターネット上で流通しはじめました。その技術が広範囲に応用されようとしています。コペルニクス的転回がおこります。
続きを読む

DSCF2932ab
太陽の塔(現在)
(平行法で立体視ができます)
岡本太郎は、機械文明の進歩に反対していました。深層にある生命力を再生させ、機械文明をぶちぬき、もっと高次元の世界をめざしていました。人間は機械につかわれてはなりません。
続きを読む

縄文人はクリ林をそだてていました。縄文時代にすでに里山がありました。自然環境と調和した持続的なシステムでした。
続きを読む

およそ40年ごとに転機がおとずれています。時代には、上り坂と下り坂があります。過去の成功体験をくりかえそうとしないほうがよいです。
続きを読む

米国では、全人口にしめる白人の割合がいちじるしくさがってきています。米国は、建国以来の大転換期をむかえています。
続きを読む

IMG_7205_6
シンボルモニュメント「知と創造の連鎖」
(平行法で立体視ができます)
17世紀に科学革命がおこりました。社会へ影響し、常識や宇宙観も変革しました。〈記載・分類 → 分析 → 総合〉という方法論の進歩もわかります。(2018.9.28 更新)
続きを読む

IMG_7019_20
ロバート=ボイル(1627-1691)
『懐疑的化学者』 
ロンドン, 1661年(初版)
(平行法で立体視ができます)
ボイル、ラヴォアジェによって、錬金術の時代がおわり、近代化学がはじまりました。
続きを読む

DSCF8908ab_edited-1
会場入口(平行法で立体視ができます)
貴重な初版本をみながら科学技術史をたどることができます。ふるい枠組みがこわされ、あたらしい枠組みがつくられます。今日は変革のときです。
続きを読む

IMG_7357_8_edited-1
四谷大木戸水番屋の模型(縮尺:1/60)
(玉川上水の流末、現在の新宿御苑大木戸門付近)
(平行法で立体視ができます)
玉川上水は江戸市中に水を供給しました。人口増加にともなう水不足の問題を解消しました。江戸時代にすでに、すぐれた測量・土木技術がありました。
続きを読む

IMG_7256
修正市区改正及品海築港略図(1885年(明治18)頃)
東京の 150 年の変化・発展を紹介しています。震災と戦災という2度の破壊をへて街並みが創造されました。近代文明を代表するメガシティになりました。
続きを読む

IMG_5465_6_edited-1
ポーズ土偶(東京国立博物館公式ミニチュア)
(平行法で立体視ができます)
縄文時代およそ1万年の美のうねりをみることができます。自然環境と調和した生活様式がありました。生命の循環と再生をいのる精神文化を感じとることができます。
続きを読む

衣服・住居・道具・栽培・イヌ・貝塚・土偶などから縄文人の生活を垣間みることができます。縄文人と自然環境とのやりとりから自然と調和する文化がうまれました。〈人間-文化-自然環境〉システムの見方が役立ちます。
続きを読む

ユーラシア大陸の土器と縄文土器をみくらべることができます。古代の文明は世界の各所でオートジェニックに誕生しました。並行進化説が提唱できます。
続きを読む

IMG_5933_4_b_edited-1
《ミラノ国際博覧会2015 日本館 木組インフィニティ》
(平行法で立体視ができます)
日本の建築の歴史を、多数の模型や資料をとおして概観します。3D空間認知訓練ができます。空間に心をくばるようにします。
続きを読む

「会話する AI」の開発がすすんでいます。「女子高生らしい会話」を学習した AI をつかえば「女子高生」と会話ができます。危険な時代にはいってきました。
続きを読む

科学者の軍事研究が再開されました。多くの市民が懸念を表明しています。社会的責任を科学者はもたなければなりません。
続きを読む

IMG_5434_5_edited-1
東洋文庫ミュージアム 企画展会場
(平行法で立体視ができます)
歴史上の人物の虚像と実像にせまっています。政権と時代によって人物の評価は変わります。人物の背後にあるもっと大きなものに気がつくことが大事です。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ