発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

タグ:文明

知の体系(フィロソフィー)が分化して科学(サイエンス)がうまれました。機械論的世界観と生命論的世界観があります。近年は、諸学の統合・再体系化がすすみます。
続きを読む

DSCF0382ba
パシュパティナートの参道 
(交差法で立体視ができます)
インド亜大陸の4大シヴァ寺院のひとつであり、ネパール最大のヒンドゥー教の聖地です。ヒンドゥー教徒たちは荼毘にふされ、輪廻転生します。ヒンドゥー教の神々は日本にも渡来しています。
続きを読む

< |2 >
続きを読む

DSCF0251ab
バクタプル・ゲート
(平行法で立体視ができます)
都市の周辺に耕地があり、その外側に自然環境がひろがります。人間的なやりとり、自然環境とのやりとりによって都市文明が発達しました。環境保全のモデルとして有効です。
続きを読む

< |2 >
続きを読む

インプットとアウトプットのアンバランスが環境問題をひきおこします。機械文明は、自然環境と人間の双方を「侵食」します。環境調和型の文明への転換が必要です。
続きを読む

< |2 >
続きを読む

IMG_1475_6
東京国立博物館・東洋館 11室「クメールの彫刻」
(平行法で立体視ができます)
アンコール期(9-13世紀)のクメール彫刻がみられます。カンボジアでは、1〜7世紀にかけて、クメール人の最初期の王朝がさかえました。7世紀中頃以降には、ヒンドゥー教と仏教が信仰されます。アンコール王朝が9世紀初期にはじまると、クメール文化は最盛期をむかえます。
続きを読む

2020/02/05 更新
< |2 >
続きを読む

DSCF0032ba
写真1 東京国立博物館・平成館
(交差法で立体視がでます)
ヤマト王朝以前に、西日本をほぼ統一した出雲王朝がありました。出雲王朝をほろぼし、あらたな統一国家をつくったのがヤマト王朝です。出雲大社は、出雲の王であったオオクニヌシを鎮魂し、オオクニヌシの怨霊を封じこめるために、ヤマト王朝がたてたのではないでしょうか。
続きを読む

2020.1.26 更新
< |3 >
続きを読む

< |2| >
続きを読む

垂直構造がみられます。多様な自然環境のなかでさまざまな民族がすみわけています。〈主体-文化-自然環境〉系が機能しています。
続きを読む

現代は大量絶滅の時代です。人間は自然に手をくわえます。基本的に人間は利己的な存在です。
続きを読む

< |2 >
続きを読む

地域とは〈主体-文化-自然環境〉系です。ヒンズー文明・重層文化・チベット文明という垂直構造がヒマラヤにはみられます。文明圏の縁辺では重層文化が発達します。
続きを読む

歴史柱状図から重層文化がよみとれます。基層文化に外来文化をかさねて独自文化をつくります。重層文化は、地球時代をいきぬく方法としてつかえます。
続きを読む

大和政権が東北地方を侵略しました。西日本の文化が東北地方にももたらされました。平安時代後期には平泉文化が花ひらきました。
続きを読む

弥生時代になると、稲作農耕民族が大陸から移住してきました。稲作文化は、東海地方までは一気にひろまり、その後、東北地方にも徐々に浸透しました。おおきくなったムラには豪族があらわれました。
続きを読む

DSCF9793ba
(交差法で立体視がでます)
東北の歴史を概観できます。重層文化がみられます。縄文文化は日本の深層文化です。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ