発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

タグ:数学

事例をとおして確率がわかります。統計と確率がむすびつきます。未来を予測します。
続きを読む

「足」をつかった取材をおこない、仮説をたてます。定量的データで検証します。処理結果を発表します。
続きを読む

〈仮説→事実→一般〉とすすみます。グラフをつくり、方程式をみちびきます。予測ができます。
続きを読む

おおまかな数をまずは理解します。数につよくなると認識がふかまります。未知の分野にもはいっていけます。
続きを読む

条件によって確率は変化していきます。統計学の手法は帰納法であり、仮説法や演繹法とくみあわさってただしい認識をもたらします。
続きを読む

平均値、分散と標準偏差、正規分布、標本検査と推定、検定、相関など、統計学の基本を理解しておきます。統計のからくりや嘘にだまされてはなりません。
続きを読む

確率により未来が予測できます。しかし予知はできません。運命や努力にも留意しなければなりません。
続きを読む

微分と積分は、それぞれの場面でその瞬間の変化を正確にとらえ、そのうえで未来を予測するための計算法です。図と言葉で理解して数式化できれば情報処理が容易になります。
続きを読む

フーリエ解析は、今日の情報化社会をささえる数学としてなくてはなりません。情報の圧縮や処理などの仕組みを理解することが大事です。
続きを読む

数式を “鑑賞” して、そのうつくしさをたのしむことができます。
続きを読む

数学は、人間の営みのかなりふかいところに根ざしています。
続きを読む

統計と確率の基本を知って、確率的マイナス思考から脱却するようにします。
続きを読む

計算あるいは数学的訓練をしてプロセシング能力をたかめることが重要です。
続きを読む

錯視は実際に体験してみるのが一番です。視覚や情報処理の仕組みについての理解がふかまります。
続きを読む

『数学の世界』(ニュートンプレス)をみれば、図をとおして視覚的に数学を理解したのしむことができます。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ