発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

タグ:宇宙

IMG_3064_5
東洋文庫ミュージアム「大宇宙展」
(平行法で立体視ができます)
観測をし、法則をみいだし、未来を予測します。イメージをふくらませて宇宙観をつくります。心の世界が宇宙に投影されます。
続きを読む

< |2 >
続きを読む

地球にも太陽にも宇宙にも終わりがあります。重力とダークエネルギーが重要です。天体を意識すると時間が、宇宙全体を意識すると空間が認識できます。
続きを読む

人間が月面に着陸してから50年がたちました。「地球の出」や「ブルー・マーブル」が人間たちを「地球人」にしました。宇宙を研究することにおおきな意義があります。
続きを読む

原子、宇宙空間、宇宙のはじまりという観点から無を探究しました。簡単なモデルからはじめて、複雑なシステムへアプローチします。わたしたち人間が認識している宇宙は幻であるという仮説がたてられます。
続きを読む

太陽系外にも多数の惑星が存在します。地球外生命が存在するかもしれません。バイオシグネチャーをもとめて観測・分析がすすみます。
続きを読む

すべてが心の中にあります。心は、深層心と表層心からなりたっています。環境にまでひろがっている心の場と仕組みをとらえることが大事です。
続きを読む

ダークマター(暗黒物質)の研究がすすんでいます。原始ブラックホールがふたたび注目されています。常識はくつがえされるものです。
続きを読む

DSCF8939ab
会場入口
(平行法で立体視ができます)
ものごとの本当のおもしろさ、最高の味わいを意味する醍醐味は、仏の最上の教え(最上の仏法)の意味でもつかわれます。醍醐水は今でもわきだしています。
続きを読む

人間の目は、目にはいってきた光しか感知することができません。人間の視覚系の情報処理によって光と陰が生じます。
続きを読む

DSCF8908ab_edited-1
会場入口(平行法で立体視ができます)
貴重な初版本をみながら科学技術史をたどることができます。ふるい枠組みがこわされ、あたらしい枠組みがつくられます。今日は変革のときです。
続きを読む

ホログラフィー原理について解説しています。3次元空間はホログラフィーのようなものかもしれません。空間は幻かもしれません。
続きを読む

マンダラの入門講座です。胎蔵マンダラと金剛界マンダラがペアになっています。わたしたちの社会とひとりひとりの人生にマンダラをいかしていくことができます。
続きを読む

火星移住計画がすすんでいます。2020 年代には人間は火星に到達します。新天地を火星にもとめている人々がいます。
続きを読む

IMG_5374のコピー
アルマ(ALMA)(日本科学未来館)
アルマ望遠鏡が、微弱な電波を受信して宇宙の謎にせまります。宇宙は本当はどうなっているのか? この課題にいどむために観測装置を発達させる意義があります。
続きを読む

「過去→現在→未来」というように一方向に時間がながれると感じるのは幻想かもれません。古典物理学の常識にとらわれる必要はありません。現代物理学に注目すべきです。
続きを読む

「宇宙のすべてを支配する数式」は「重力」と「素粒子」についての数式です。数学の体系のなかに物理学の体系は包含されます。
続きを読む

宇宙の立体視ができます。意識の場が拡大します。
続きを読む

ホーキング博士はわかりやすく宇宙論をかたりました。
続きを読む

宇宙人の視点から地球環境問題を客観的にとらえることが大事です。人口抑制と森林保全が必要です。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ