発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

タグ:城下町

難攻不落の城郭を地形を利用してつくりました。豊臣の大坂城は地下にねむっています。江戸幕府は豊臣を完全にほうむりさろうとしました。
続きを読む

交通の要衝でした。地形を利用しました。天下の台所になりました。
続きを読む

DSCF0821ba
大阪城天守閣
(交差法で立体視ができます)
豊臣秀吉の大阪城の痕跡がみつかります。現在しられる大阪城は徳川幕府がつくったものです。豊臣の影響を完全にほうむりさることはできませんでした。
続きを読む

地形・地質を最大限に活用しました。人材がそだちました。城下町の時代はおわり、近代化へ時代は転換します。
続きを読む

伝統工芸が息づく美のまちです。独自の風土があります。自然環境と人間の交互作用によって文化がはぐくまれます。
続きを読む

江戸時代の城郭がのこります。歴史都市です。〈城下町-耕作地帯-自然環境〉の大規模構造がわかります。
続きを読む

東北有数の稲作地帯です。扇状地を活用しました。縁から、アイデアがうまれます。
続きを読む

城郭と城下町の痕跡がみられます。 小田原は城下町の原点・モデルでした。 原点・起源をしることはトータルにすばやく物事を理解するために役だちます。
続きを読む

地形・地質をしらべます。斜面に注目します。空間的な認識に歴史的な考察をくわえます。
続きを読む

インプットとアウトプットのアンバランスが環境問題をひきおこします。機械文明は、自然環境と人間の双方を「侵食」します。環境調和型の文明への転換が必要です。
続きを読む

歴史柱状図から重層文化がよみとれます。基層文化に外来文化をかさねて独自文化をつくります。重層文化は、地球時代をいきぬく方法としてつかえます。
続きを読む

IMG_7357_8_edited-1
四谷大木戸水番屋の模型(縮尺:1/60)
(玉川上水の流末、現在の新宿御苑大木戸門付近)
(平行法で立体視ができます)
玉川上水は江戸市中に水を供給しました。人口増加にともなう水不足の問題を解消しました。江戸時代にすでに、すぐれた測量・土木技術がありました。
続きを読む

IMG_4267
正保年中江戸絵図(江戸の実測図、江戸時代)
巨大都市「大江戸」が成立していく歴史をみながら、城下町の仕組みや人々の生活を知ることができます。
続きを読む

東京スカイツリーを利用してあらかじめ大観しておけば、江戸・東京のどこをどうほっつきあるけばよいかわかり、迷路にはまることもありません。
続きを読む

主体的に城内をあるきながら、空間的認知そして歴史的認知をします。すると〈城下町-耕作地-自然環境〉システムも理解できます。
続きを読む

写真1 江戸時代の姫路の模型(交差法で立体視ができます)

江戸時代の姫路には、〈城下町-耕作地-自然環境〉システムがありました。人間と自然が調和する仕組みがありました。
続きを読む

DSCF3401ba
西の丸から天守をのぞむ
(交差法で立体視ができます)
構造的・空間的に城をイメージできたら、今度は、歴史的・時間的にとらえなおしてみます。
続きを読む

天守の石落し(交差法で立体視ができます)
城内にはいったら、城の三次元構造をイメージしてみます。空間認知能力をたかめる訓練になります。
続きを読む

DSCF3426ba
姫路駅をおりると姫路城がみえる
(交差法で立体視ができます)
あるきながらマップをみつつ、北の方角を確認するようにすると、居場所(現在地)をみうしなうことがありません。主体的にあるいていくことが大事です。
続きを読む

170122 鳥瞰
図1 3段階モデル

鳥瞰図をつかって視覚的にまずとらえ、つぎに言語をつかって分析し、そして要約を書きだして総合するという3段階によって日本史の理解がいちじるしくすすみます。

続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ