発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

タグ:地球

IMG_7456_7
ホロファグス・ペニキラトゥス
(シーラカンス目、中生代ジュラ紀後期、
1.57億〜1.45億年前、ドイツ)
(平行法で立体視ができます)
〈生物-環境〉系を歴史的に検証できます。生物は、海から水辺へ、陸へ、空へと生活の場をひろげました。分化しつつ階層構造化します。
続きを読む

DSCF0842ab
生命の星・地球博物館入口
(平行法で立体視ができます)
酸素は生物がつくりだしました。地球は〈生物-環境〉系です。物質・エネルギー・情報の循環・変化により「生命の星」が進化します。
続きを読む

南アメリカ大陸とアフリカ大陸の海岸線の形が一致する事実から大陸移動説を発想しました。〈仮説法→演繹法→帰納法〉とすすみます。3段階循環モデルにより現象の本質にアプローチします。
続きを読む

DSCF0855ba
会場入口
(交差法で立体視ができます)
大陸の海岸線の形が一致することから、ひとつの大陸が分裂し、移動したという仮説がたてられます(大陸移動説)。化石・岩石などの分布によって仮説を検証します。壮大な自然史がわかります。
続きを読む

DSCF0872ab
会場入口
(平行法で立体視ができます)
菌類について理解できます。たくさんの食用きのこがみられます。自然環境と人間のやりとりにより食文化がうまれます。
続きを読む

DSCF0071ab
地質標本館 
(平行法で立体視ができます)
長期間にわたる安定のあとに急激な変動がおこります。変わるべきときがきたら一気に変わります。自然には飛躍があります。
続きを読む

国際的な地質年代として「チバニアン」が認定されました。年表づくりは歴史の基礎です。模式地(基準地)と対比により全球的な理解がすすみます。
続きを読む

3D ビューがたのしめます。地球の誕生から人類の進化まで、壮大な歴史がわかります。空間記憶法(建築法)にもとりくめます。
続きを読む

IMG_1440_42
東北大学 自然史標本館
(平行法で立体視ができます)
標本をみながら、自然史あるいは地質学の基礎がまなべます。教科書的な展示です。地層の研究が、自然史から人間史までを同一の方法で連続的に理解する道をひらきます。
続きを読む

仮説をたてて検証します。演繹法がつかえます。問題解決のカギは局所の選択にあります。
続きを読む

鳥類は恐竜類の一種です。おおくの恐竜類は絶滅しましたが、鳥類はいきのこり、進化しました。生物と環境の相互作用により絶滅も進化もおこります。
続きを読む

多数の空中写真(航空写真)が掲載されています。平行法で地形が立体視できます。インプットされる情報量がふえます。
続きを読む

2020/1/29 更新
< |2 >
続きを読む

DSCF0271ab
(平行法で立体視ができます)
乾燥気候帯でミイラ文化がとくに発達しました。それぞれの地域に風土があり、文化があります。それぞれに死生観があります。
続きを読む

< |2 >
続きを読む

地球にも太陽にも宇宙にも終わりがあります。重力とダークエネルギーが重要です。天体を意識すると時間が、宇宙全体を意識すると空間が認識できます。
続きを読む

巨大ウイルスが発見されました。遺伝子の水平移動と共進化がおこりました。共生原理の進化論が展開します。
続きを読む

DSCF0158b
風景の科学展 
(平行法で立体視ができます)
風景をみて、対象を選択して、みえないものを想像します。〈大観→局観→達観〉という3段階の方法で認識がふかまります。問題解決にも応用できます。
続きを読む

進化の過程でヒトは毛をうしないました。衣服をきて、さまざまな自然環境に適応しました。文化そして文明を発展させました。
続きを読む

DSCF9959ab
「ユカギルマンモス」(レプリカ)
(平行法で立体視ができます)
永久凍土は、太古の生物と環境を現代につたえる「タイムカプセル」です。マンモスは寒冷地に適応しましたが約4000年前に絶滅しました。絶滅した生物を現代に再生させてはなりません。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ