発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

タグ:取材法

IMG_2390_89
ミニ企画展「香りの魅力」会場
(交差法で立体視ができます)
香りについて解説しています。においや香りの効果はおもっている以上におおきいです。嗅覚をきたえれば体験もふかまります。
続きを読む

「足」をつかった取材をおこない、仮説をたてます。定量的データで検証します。処理結果を発表します。
続きを読む

地形・地質をしらべます。斜面に注目します。空間的な認識に歴史的な考察をくわえます。
続きを読む

人間は情報処理をする存在です。感覚器はインプット、脳はプロセシング、声帯や手足はアウトプットの機能をもちます。総合的な処理が、体の健康と心の安定をもたらします。
続きを読む

国際的な地質年代として「チバニアン」が認定されました。年表づくりは歴史の基礎です。模式地(基準地)と対比により全球的な理解がすすみます。
続きを読む

皮膚は、人体と環境を分かちます。皮膚は、体をまもるバリアであるとともに、環境の変化をしる感覚器官です。皮膚は体と環境の「鏡」です。
続きを読む

アイデアがうまれます。企画書が書けます。チームワークがすすみます。
続きを読む

香りは脳がつくりだします。感覚器官と脳がセットになった感覚系(インプット+プロセシング)がはたらきます。情報処理をすすめることが肝要です。
続きを読む

犬は、嗅覚や聴覚が人よりもすぐれています。犬は、伴侶動物として人をたすけてきました。
続きを読む

SNS には落とし穴があります。自分にとって都合のよい情報ばかりにひたっていると判断をあやまります。「ノイズ」も大切にした方がよいです。
続きを読む

嗅覚の仕組みを理解し、匂いを活用すれば、生活の質をたかめることができます。
続きを読む

オーディオ(ステレオ)で音楽をきけば、それぞれの楽器の配置や音響といった音楽の空間を認知することができます。
続きを読む

IMG_2864_3
カンザクラ(交差法で立体視ができます)
カンザクラとウメのつぼみがふくらんできました。春の気配がします。兆候をとらえることは大事なことです。
続きを読む

書籍をよんだら旅行にでかけます。現地・現場をみることが重要です。
続きを読む

目隠しをして感じとることは複合的に感覚をはたらかせる訓練になります。聴覚・触覚・嗅覚・味覚がとぎすまされ、いつもとはちがう自然を感じることができます。
続きを読む

最新のサラウンド技術をつかえば3次元の音響空間に没入できます。聴覚をつかって3次元空間を認識する訓練をもっとすべきです。
続きを読む

課題をあきらかにしてテーマをきめ、問題意識がふかまったら、情報収集をはじめます。
続きを読む

Googleマップ&アースをつかった鳥瞰と、現地の踏査をくりかえすことによって環境保全の対策がたてられます。
続きを読む

大きな博物館にいく場合は、ガイドブックを事前に見てからいくとよいです。
続きを読む

現地調査で多様な情報を収集し、それらを統合してアウトプットします。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ