発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

タグ:健康法

171007 病気予防
図1 病気予防の基本
病気予防の基本は、バランスのとれた食事、十分な睡眠、適度な運動であり、「インプット→プロセシング→アウトプット」の観点から生活習慣をみなおすことです。
続きを読む

うつ病が発症する原因が科学的・医学的にわかってきました。ストレスから解放される工夫を誰もがしなければなりません。
続きを読む

エッセンシャルオイル(アロマオイル)をつかって、日常のなかに香りをとりいれれば、心と体のチューニングがすすみます。
続きを読む

神戸布引ハーブ園(注)は日本最大級のハーブ園であり、「香り」の一大テーマパークになっています。続きを読む

DSCF3580ba
グラスハウスのエントランス
部屋いっぱいにひろがった香りのなかに身をおけば、香りにひたり、香りの空間を体験することができます。
続きを読む

DSCF3544ba
ヴァイオレット・アロマティコ・バジル
(交差法で立体視ができます)
さまざまな香りを実際にかいでみれば、すきな香りがかならずみつかります。
続きを読む

DSCF3510ba
ワイルドストロベリーピンクパンダ(バラ科)
(交差法で立体視ができます)
人がおこなう情報処理では嗅覚系も重要です。ハーブで誰もがいやされます。
続きを読む

心臓病の治療は一刻をあらそいます。AED のつかい方など、対処法を誰もがおぼえておく必要があります。
続きを読む

依存症は、道徳心の欠如が原因ではなく、脳の「報酬系」に異常が生じた病気です。脳の仕組みの一面を理解することが大事です。
続きを読む

ES 細胞だけでなく iPS 細胞にも倫理問題があります。山中伸弥博士らの発言に今後とも注意していかなければなりません。
続きを読む

問題解決のためには、分析的研究のまえに仮説法が役立ちます。具体的に問題を解決していくことの方が重要です。
続きを読む

ボウシテナガザル(平行法で立体視ができます)
熱帯林のなかなど、生命密度の高いところをあるくと元気になれます。
続きを読む

概日リズム(体内時計)を現代人はみだしています。キャンプ生活をすれば早寝早起きにもどれます。
続きを読む

生活習慣を改善して動脈硬化をふせぎます。脳卒中の予兆があったらすぐに検査をうけます。発症したら時間との勝負です。
続きを読む

生と死の境界はあいまいです。生き方とともに死に方についてもかんがえておかなければなりません。
続きを読む

iPS 細胞の患者への移植手術がはじまっています。再生医療に無関心ではいられません。
続きを読む

問題を解決するためには、課題を明確にして、知識習得よりも主体的な実践を重視しなければなりません。
続きを読む

筋肉は、肉体労働・スポーツ・健康維持のためだけでなく、情報のアウトプットのためにも重要な役割をはたしています。
続きを読む

老化は、20代から着実にはじまることを自覚して、物忘れ・筋力低下・骨粗鬆症などを予防する努力をしなければなりません。
続きを読む

IMG_5482_3
フレグラント園(芳香植物園)
(平行法で立体視ができます)
香りは、わたしたちの心と体に直接ひびきます。とくに感情に作用します。臭覚系の情報処理をもっと活用するとよいでしょう。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ