発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

タグ:仮説法

地球と生命の進化の全容がわかります。これまでの定説をくつがえすあたらしい仮説が提案されます。最終段階に人類ははいりました。
続きを読む

帰納法をつかって法則性をあきらかにします。演繹法をつかって予測します。第5波がやってきます。
続きを読む

具体的にかんがえ、一般的に表現します。仮説法・演繹法・帰納法が実践できます。ルールがわかると予測ができます。
続きを読む

難攻不落の城郭を地形を利用してつくりました。豊臣の大坂城は地下にねむっています。江戸幕府は豊臣を完全にほうむりさろうとしました。
続きを読む

米は、歴史をかえました。稲作文化圏が形成されました。文化が成長します。
続きを読む

IMG_7456_7
ホロファグス・ペニキラトゥス
(シーラカンス目、中生代ジュラ紀後期、
1.57億〜1.45億年前、ドイツ)
(平行法で立体視ができます)
〈生物-環境〉系を歴史的に検証できます。生物は、海から水辺へ、陸へ、空へと生活の場をひろげました。分化しつつ階層構造化します。
続きを読む

DSCF0842ab
生命の星・地球博物館入口
(平行法で立体視ができます)
酸素は生物がつくりだしました。地球は〈生物-環境〉系です。物質・エネルギー・情報の循環・変化により「生命の星」が進化します。
続きを読む

南アメリカ大陸とアフリカ大陸の海岸線の形が一致する事実から大陸移動説を発想しました。〈仮説法→演繹法→帰納法〉とすすみます。3段階循環モデルにより現象の本質にアプローチします。
続きを読む

DSCF0767ba
トーテムポール(国立民族学博物館前庭)
(交差法で立体視ができます)
かつては人間も、自然の体系のなかでくらしていました。文明が発展・拡大すると、素朴な人々は辺境でいきのこります。本当の宝は、おいもとめるものではなく、日々の生活のなかにあります。
続きを読む

DSCF0765ba
会場入口
(交差法で立体視ができます)
アイヌは日本の先住民族です。日本の基層文化にアプローチします。機械文明を、共生と循環の文明へ転換するためのヒントがえられます。
続きを読む

< |3 >
続きを読む

< |2| >
続きを読む

DSCF0914ab山内丸山遺跡 入口
三内丸山遺跡入口
(平行法で立体視ができます)
大規模な集落が縄文時代にすでにありました。狩猟・漁労・採集にくわえて栽培がおこなわれていました。日本の深層文化にアプローチできます。
続きを読む

DSCF0855ba
会場入口
(交差法で立体視ができます)
大陸の海岸線の形が一致することから、ひとつの大陸が分裂し、移動したという仮説がたてられます(大陸移動説)。化石・岩石などの分布によって仮説を検証します。壮大な自然史がわかります。
続きを読む

3段階モデル(仮説法→演繹法→帰納法)を情報処理の観点からとらえなおします。事実をインプットし、仮説をたて、検証します。眼力・直観・理性が大事です。
続きを読む

事例をとおして確率がわかります。統計と確率がむすびつきます。未来を予測します。
続きを読む

DNA 解析技術の進歩により系統学が発展しました。もとはひとつのものから分化・生成・発展しました。相似と相異に着眼して類縁関係をあきらかにします。
続きを読む

「足」をつかった取材をおこない、仮説をたてます。定量的データで検証します。処理結果を発表します。
続きを読む

発展途上国と先進国という分類はもはや役立ちません。〈仮説(モデル)→ 事実(データ)→ 一般(前提)〉とすすみます。事実で世界を理解します。
続きを読む

ウイルスのゲノム解析がすすます。 実証的研究をすすめることが治療薬とワクチン実現の近道です。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ