発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

カテゴリ: 問題解決

のどかな風景がかつてはありました。東京は巨大都市化しました。記録をとっておくとのちの時代に役立ちます。
続きを読む

大都市はますます発展します。食料生産の方法がどうかわるかが今後のカギになります。機械文明はいずれいきづまります。
続きを読む

トーキョーは世界最大の都市になりました。巨大都市化をかんがえるうえでトーキョーはさけてはとおれません。
続きを読む

環境に適応するように皮膚が進化しました。身体と環境は皮膚で直接しています。身体と環境の状態が皮膚にあらわれます。
続きを読む

DSCF9563ba
帝釈天
(交差法で立体視ができます)
立体曼荼羅を体験できます。東洋の精神文化が投影されています。空間配置に意味があり、部分と全体の見取図が役立ちます。
続きを読む

総合的な生物相調査がおこなわれました。皇居には貴重な自然がのこされています。自然観察会をもっとふやすべきです。
続きを読む

DSCF9367ab
(平行法で立体視ができます)
新生代は哺乳類と鳥類の時代です。類縁関係から進化が類推できます。大量絶滅により地球の生態系をヒトは崩壊させています。
続きを読む

DSCF9535ba
(交差法で立体視ができます)
地球には、壮大な進化の歴史があります。環境は変動し、生物は環境に適応します。ヒト(ホモ・サピエンス)は地球を支配しようとしています。
続きを読む

ウイルスと細菌はちがいます。新型インフルエンザに要注意です。マスク・手洗い・うがいが基本です。
続きを読む

DSCF9534ab
地球モデル
(平行法で立体視ができます)
複雑系である地球の現象を動的立体モデルで理解できます。どのような状況に自分がおかれているかをしり、危険の種に気づき、対策をたてます。
続きを読む

DSCF9513ab
「100億人でサバイバル」(日本科学未来館)
(平行法で立体視ができます)
安全な場所をまずは確保することがサバイバルのために必要です。自然災害とともに、機械文明がもたらす危険にもそなえなければなりません。いずれまた大事故がおこります。
続きを読む

淡水の約86%は氷河として存在しています。氷河は、涵養域と消耗域からなりたっています。地球温暖化の指標として重要です。
続きを読む

条件によって確率は変化していきます。統計学の手法は帰納法であり、仮説法や演繹法とくみあわさってただしい認識をもたらします。
続きを読む

平均値、分散と標準偏差、正規分布、標本検査と推定、検定、相関など、統計学の基本を理解しておきます。統計のからくりや嘘にだまされてはなりません。
続きを読む

確率により未来が予測できます。しかし予知はできません。運命や努力にも留意しなければなりません。
続きを読む

IMG_9170_1
(平行法で立体視ができます)
インドで誕生した仏教は日本にもつたわりました。ヒンドゥー教の神々は日本にもとりいれられました。世界は、創造・維持・破壊のサイクルをくりかえしています。
続きを読む

類比法をつかって、生物と地球の世界を探究しています。空間即時間、〈主体-環境〉系の観点が重要です。この世界の、社会は空間的側面、歴史は時間的側面であり、世界には、自己完結性の原理があります。
続きを読む

1200万人をこすアフリカ人が奴隷としてつれてこられました。反逆の祭儀、文化的な抵抗がみられます。
続きを読む

害獣なのか、経済資源なのか、保護すべき固有種なのか? オーストラリアでカンガルー問題が発生しています。生態系調査をするだけでなく、先住民からまなばなければなりません。
続きを読む

ウユニ塩原の地下にはリチウム資源がねむっています。電池の材料になるリチウムの需要がたかまっています。ボリビア政府は、ウユニ塩原の開発をはじめました。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ