発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

カテゴリ: 問題解決

鬼海カルデラの調査がすすみます。超巨大カルデラの構造と噴火のしくみがわかりました。巨大噴火はこれからもおこります。
続きを読む

ニュージーランド政府が先住民マオリにあやまりました。ワンガヌイ川に法的な人格をみとめました。自然のネットワークにくわえて自然の歴史的みかたも重要です。
続きを読む

ウイルスと感染症を論理的にとらえなおします。治療薬とワクチンの開発・実用化が流行をおわらせます。定量的な予測と対策が必要です。
続きを読む

仮説法・演繹法・帰納法をつかうと予測ができます。あらたな前提としてカオス(渾沌)があきらかになりました。たえず現状を確認し、災害にそなえます。
続きを読む

「ソーシャル・ディスタンス」の確保がさけばれます。最終決着には、治療薬とワクチンの実用化が必要です。長期的視野がいります。
続きを読む

地球上での人間の往来拡大とともに感染も拡大しました。自然環境からの作用と人間の側の要因があいまって歴史的な変化がおこります。未知のウイルス・細菌と人間とはすみわけたほうがよいです。
続きを読む

新型コロナウイルスの起源がコウモリにあることがわかりました。仮説をたてて検証しました。地球上における すみわけが重要です。
続きを読む

ヒマラヤの氷河がとけて氷河湖がふえています。氷河湖の水位が上昇すると氷河湖決壊洪水がおこります。防災のためには予測が必要です。
続きを読む

廃炉のためには、核燃料のとりだし、燃料デブリの回収、トリチウム水の処理が必要です。当初の予定よりも作業がおくれています。安全はかえても、安心はかえません。
続きを読む

基本再生産数 R0 により感染状況の予測ができます。R0 が1よりちいさければ感染者数は減少していきます。人と人との接触をなくし、感染者を隔離すれば、R0 値はちいさくなります。
続きを読む

仮説をたてて検証します。演繹法がつかえます。問題解決のカギは局所の選択にあります。
続きを読む

事実・前提・仮説に注目します。3段階モデル(仮説法→演繹法→帰納法)が有効です。一般的傾向や規則性・本質があきらかになり、予測ができます。
続きを読む

< |2 >
続きを読む

DSCF0251ab
バクタプル・ゲート
(平行法で立体視ができます)
都市の周辺に耕地があり、その外側に自然環境がひろがります。人間的なやりとり、自然環境とのやりとりによって都市文明が発達しました。環境保全のモデルとして有効です。
続きを読む

ウイルスは、他生物の細胞に侵入して増殖します。新型コロナウイルスは何らかの野生動物に由来するとかんがえられます。自然環境を開発・破壊してはなりません。すみわけが重要です。
続きを読む

< |2 >
続きを読む

インプットとアウトプットのアンバランスが環境問題をひきおこします。機械文明は、自然環境と人間の双方を「侵食」します。環境調和型の文明への転換が必要です。
続きを読む

かなり軽症の人が感染を広げているのではないだろうか。〈仮説法→演繹法→帰納法〉(仮説をたてて検証する)という方法が役立ちます。一般的傾向や原理・法則がわかれば将来にむけて対策がたてられます。
続きを読む

< |3 >
続きを読む

< |2| >
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ