発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

カテゴリ: 問題解決

DSCF0717ab
会場入口
(平行法で立体視ができます)
日本列島は南北にながく、高低差もおおきいです。亜寒帯から亜熱帯までの多様な自然がみられます。それぞれの国立公園の特色がわかります。
続きを読む

集団免疫を獲得するにはほどとおい状況です。抗体をすでにもっているからといって安心はできません。“長期戦” になります。 
続きを読む

ドイツ・台湾・韓国の例が参考になります。高齢者の命をかろんじる国、大混乱におちいっている国があります。両極端をしると対策がたてやすくなります。
続きを読む

事例をとおして確率がわかります。統計と確率がむすびつきます。未来を予測します。
続きを読む

ワクチンには、生ワクチン・不活化ワクチン・核酸ワクチンがあり、核酸ワクチンには、DNAワクチン・RNAワクチン・組換えウイルスワクチンがあり、核酸ワクチンに期待がかかりますが、実用化には時間がかかります。
続きを読む

DNA 解析技術の進歩により系統学が発展しました。もとはひとつのものから分化・生成・発展しました。相似と相異に着眼して類縁関係をあきらかにします。
続きを読む

ヒマラヤ高所での観測がはじまりました。地球温暖化の影響があらわれています。全体をみて、部分をみると、本質がわかります。
続きを読む

幻の動物・ユキヒョウの生態がわかってきました。生息域がうしなわれつつあります。ユキヒョウと住民が「家畜保険」で共存します。
続きを読む

氷河が縮小・後退しています。「氷の仏塔」をつくり水不足にそなえます。地球温暖化に警鐘をならしています。
続きを読む

地球温暖化により氷河が縮小し水不足になります。土木事業と国際紛争が問題を複雑にします。水利体系のみなおしが必要です。
続きを読む

ヒラリーとテンジンがエベレストに登頂する前にマロリーとアービンが初登頂していたかもしれません。パイオニアワークは歴史をきざみます。真実をもとめて調査がつづきます。
続きを読む

記憶力や注意力・処理速度などが老化がすすむとおとろえます。認知症になると日常生活に支障がでます。情報処理訓練により予防します。
続きを読む

地球温暖化が “異常気象” をもたらします。 “異常気象” は普通の気象になりました。水害が毎年おそってくるという前提のもとで対策をたてます。
続きを読む

地球温暖化にともない海の温暖化もすすみます。毎年、豪雨がおそってきます。これまでの常識は通用しません。
続きを読む

梅雨前線が停滞しています。積乱雲の群れ(線状降水帯)が豪雨をもたらします。地球温暖化も影響しています。
続きを読む

感染しても症状がでない人々がいます。ウイルスを他者に感染させないための注意・努力がいります。状況を把握できれば解決策が立案できます。
続きを読む

ウイルスのゲノム解析がすすます。 実証的研究をすすめることが治療薬とワクチン実現の近道です。
続きを読む

感染症が今後とも断続的におそってきます。野生動物と人間のあいだに緩衝帯をつくります。地球上でうまくすみわけます。
続きを読む

事実レベルと思考レベルを往復します。仮説法、演繹法、帰納法とすすみます。論理の区切りを自覚します。
続きを読む

〈仮説→事実→一般〉とすすみます。グラフをつくり、方程式をみちびきます。予測ができます。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ