発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

カテゴリ: 情報処理全般

170712 受動と能動
図1 受動と能動
情報処理をすすめるためには、インプットとアウトプット、受動と能動の両方が必要です。
続きを読む

インプット・プロセシング・アウトプットの3段階をふんで物事の理解をふかめるとよいです。
続きを読む

ヒトの脳の仕組みを知ることは、ヒトの情報処理(インプット→プロセシング→アウトプット)の仕組みを理解することに役立ちます。
続きを読む

さまざまな手の形
(交差法で立体視ができます)
受精卵が細胞分裂をくりかえして体がつくられます。個体発生のしくみを知ることは情報処理能力の向上のために役立ちます。
続きを読む

6つの気候帯に地球上を区分し、〈インプット→プロセシング→アウトプット〉に注目すれば、それぞれの地域の文化がみえてきます。意識の場が地球大にまでひろがり、情報処理がすすみます。
続きを読む

IMG_9412_3
古田織部の茶室「燕庵」の再現展示
(平行法で立体視ができます)
うつわの階層構造(入れ子構造)が印象的でした。
続きを読む

乾燥地域では、乾燥地域独特の文化がはぐくまれました。自然環境(乾燥気候)とそこでくらす人々とを一体のものとしてとらえ、両者の相互作用(インプット→プロセシング→アウトプット)に注目することが大事です。
続きを読む

化石は、きわめて貴重な「過去からのおくり物」です。化石なくして進化論はかたれません。化石にもっと注目すべきです。
続きを読む

170429 英会話
図1 情報処理のしくみ
DVD をつかった英会話の練習では、まるごとインプット、ファイルをつくり蓄積、イメージしてアウトプットという情報処理訓練をくりかえすとよいです。
続きを読む

IMG_8565_6
コガラパゴスフィンチ(左)とチリマネシツグミ(右)
(平行法で立体視ができます)
ダーウィンは、ビーグル号の世界一周航海ののち、20年をかけて研究をかさね進化論を発表しました。大英自然史博物館では、視覚的・体験的・直観的にダーウィンの業績をとらえることができます。
続きを読む

自分自身の感性で宮沢賢治に接し、自分とのかかわりのなかで作品をたのしんでいくとよいです。そして賢治に共鳴できれば作品の味わいはいっそうふかまるでしょう。
続きを読む

美術館にいって作品を見て、想像して、言葉にするレッスンをくりかえしていると情報処理能力がたかまります。
続きを読む

170320 情報処理の場
図1 情報処理の場
 
みずからの環境をひろげて心の場を大きくすることが情報処理をすすめるために大事です。
続きを読む

科学の営みとは、〈疑問→データ→仮説→検証〉という方法をもちいて、すこしでも真理にちかづこうという過程です。この思考方法は科学以外の課題でもつかえます。
続きを読む

IMG_7790_1
深鉢型土器(火炎型土器)(新潟県指定有形文化財)
新潟県津南町沖ノ原遺跡、縄文時代中期(約5千年前)
(平行法で立体視ができます)
縄文時代の信濃川下流域には共通文化圏がひろがっていました。そのシンボルが火炎型土器でした。シンボルだけでなく文化圏にも心をくばることが大事です。

続きを読む

赤ちゃんは学習をすすめながら環境に適応していきます。それは同時に、情報処理能力を高めていく過程でもあります。

続きを読む

わたしたちの体はたった一つの受精卵からはじまりました。腸はもっとも原始的な器官です。神経管は、眼・脳・脊髄・神経組織などに分化します。

続きを読む

ロボットやコンピューターができる仕事はロボットやコンピューターがやるようになります。人間は、創造的な仕事をするようになります。

続きを読む

荘子は、すべてを受け容れるところに主体性が確立することを多くの寓話をもちいて説きました。情報化とグローバル化がすすむ今日、自由と幸福をかんがえるうえで欠かせない思想がここにあります。

続きを読む

161224 情報処理の場
図1 情報処理の場

人は、環境から情報をとりいれ(インプット)、環境へ情報をだしていきます(アウトプット)。人と環境が一体になった情報処理の場をととのえることが大事です。

続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ