発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

カテゴリ: 情報処理全般

キーフレーズのそれぞれの場面(イメージ)を確認するためにつかえます。
続きを読む

< |2 >
続きを読む

まずは、テキストはみないで視聴します。場面をおもいうかべながらキーフレーズをいいます。イメージと言葉をむすびつけてファイルします。
続きを読む

3段階モデル(仮説法→演繹法→帰納法)を情報処理の観点からとらえなおします。事実をインプットし、仮説をたて、検証します。眼力・直観・理性が大事です。
続きを読む

人間は情報処理をする存在です。感覚器はインプット、脳はプロセシング、声帯や手足はアウトプットの機能をもちます。総合的な処理が、体の健康と心の安定をもたらします。
続きを読む

事実・前提・仮説に注目します。3段階モデル(仮説法→演繹法→帰納法)が有効です。一般的傾向や規則性・本質があきらかになり、予測ができます。
続きを読む

行動遺伝学者が双生児を研究しました。遺伝と環境には相互作用があります。遺伝の影響は不変ではなく、環境が、遺伝のはたらきをひきだします。
続きを読む

人体には、インプット器官・プロセシング器官・アウトプット器官があり、これらは連動しています。人体のしくみをしり、健康法にとりくみます。心の健康のためには知的情報処理が重要です。
続きを読む

かなり軽症の人が感染を広げているのではないだろうか。〈仮説法→演繹法→帰納法〉(仮説をたてて検証する)という方法が役立ちます。一般的傾向や原理・法則がわかれば将来にむけて対策がたてられます。
続きを読む

< |2 >
続きを読む

歴史柱状図から重層文化がよみとれます。基層文化に外来文化をかさねて独自文化をつくります。重層文化は、地球時代をいきぬく方法としてつかえます。
続きを読む

発達障害には、自閉症スペクトラム障害、注意欠如多動性障害、学習障害があります。発達障害は、情報処理能力のかたよりとしてとらえることもできます。発達障害について正確に理解するるともに、発達障害の人が活躍できる場をみつけることが大事です。
続きを読む

イメージで単語をとらえます。動詞の意味とつかわれる文の形は密接につながっています。まとめて類語をおぼえます。
続きを読む

繊細な意味をはこぶ「レベル2動詞」もイメージをつかえば容易に習得できます。プログラムにしたがって練習すればおのずと身につきます。イメージと文型をむすびつけます。
続きを読む

レオナルドは博物学者であり科学者であり芸術家であり技術者でした。レオナルドの創造性は500年たった今でもいきています。自然を詳細に観察することがまず必要です。
続きを読む

言葉をきいてイメージします。イメージして発音します。必要なのは決断だけです。
続きを読む

アイデアがうまれます。企画書が書けます。チームワークがすすみます。
続きを読む

DSCF9563ba
帝釈天
(交差法で立体視ができます)
立体曼荼羅を体験できます。東洋の精神文化が投影されています。空間配置に意味があり、部分と全体の見取図が役立ちます。
続きを読む

認知症予防のために図書館が利用できます。空間情報処理・空間記憶法を実践します。体をうごかすことが大事です。
続きを読む

すべてが心の中にあります。心は、深層心と表層心からなりたっています。環境にまでひろがっている心の場と仕組みをとらえることが大事です。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ