発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

カテゴリ: アウトプット

イメージを英語に、英語をイメージに変換します。構造的情報のなかに点的情報をうめこみます。ストーリー化します。
続きを読む

単純さに気がつけばわかりやすい文がすぐに書けます。基本的には、語順、テン、「〜は」、「〜が」だけです。心の整理がすすみます。
続きを読む

日本語訳を頭からおいだします。英語の意識の流れに集中します。単純さに気がつくと学習が加速します。
続きを読む

きまった場所にほうりこみます。原理・原則をしって学習を加速します。英語観がかわります。
続きを読む

並列的な編集から直列的な表現へすすみます。類似した情報をひとまとまりにして段落にします。情報を統合します。
続きを読む

係助詞「は」は題目をあらわします。格助詞「が」は主格をしめします。 係助詞「は」は、格助詞「が」「の」「に」「を」を兼務します。
続きを読む

基本文型を習得します。配置をイメージしポンといれます。応用がききます。
続きを読む

説明は後ろにおきます(説明ルール)。指定は前におきます(指定ルール)。語順ルールが学習を加速します。
続きを読む

主体性をのばす教育が重視されるようになりました。主体と環境がつくる場がいきる場です。〈インプット→プロセシング→アウトプット〉を実践します。
続きを読む

インプット、プロセシングときたらアウトプットです。情報処理を完結させます。あらたなインプットがはじまります。
続きを読む

指定ルールに助動詞はしたがいます。語順の練習をします。意識の流れとイメージ連想法はあらゆる分野で役立ちます。
続きを読む

語順の練習をします。会話の流れが大事です。情報を統合してアウトプットします。
続きを読む

前においた修飾語句は後ろを指定します。2つのルールが英語にはあります。ルールがわかるとすすんでいけます。
続きを読む

情報のインプットがまず必要です。相手とふかくむきあいます。情報処理がすすみます。
続きを読む

少数の原則で日本語も運用できます。原則をつかうとリズムがうまれます。意図があり感情をこめるときには語順を逆にします。
続きを読む

英語にも法則があります。説明ルールがリズムをうみだします。すべておなじリズムの文です。
続きを読む

原則がわかれば簡単です。アウトプットのためにインプットします。技術よりも中身のほうが重要になります。
続きを読む

まずいいきります。そのあとで説明をつけくわえます。情報がながれます。
続きを読む

こちらの状況をはなします。相手にたずねます。説明ルールをつかいます。
続きを読む

静止した被写体なら普通のカメラで撮影できます。3Dカメラをつかえば、被写体がうごいていても撮影できます。3D写真は2D写真よりも現地・現場をリアルに記録し再現できます。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ