発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

カテゴリ: アウトプット

前においた修飾語句は後ろを指定します。2つのルールが英語にはあります。ルールがわかるとすすんでいけます。
続きを読む

情報のインプットがまず必要です。相手とふかくむきあいます。情報処理がすすみます。
続きを読む

少数の原則で日本語も運用できます。原則をつかうとリズムがうまれます。意図があり感情をこめるときには語順を逆にします。
続きを読む

英語にも法則があります。説明ルールがリズムをうみだします。すべておなじリズムの文です。
続きを読む

原則がわかれば簡単です。アウトプットのためにインプットします。技術よりも中身のほうが重要になります。
続きを読む

まずいいきります。そのあとで説明をつけくわえます。情報がながれます。
続きを読む

こちらの状況をはなします。相手にたずねます。説明ルールをつかいます。
続きを読む

静止した被写体なら普通のカメラで撮影できます。3Dカメラをつかえば、被写体がうごいていても撮影できます。3D写真は2D写真よりも現地・現場をリアルに記録し再現できます。
続きを読む

何をつたえたいのか、メッセージをはっきりさせます。「は」と「が」をつかいわけます。アウトプットをすればするほど問題意識がふかまります。
続きを読む

to は矢印のイメージです。動詞-ing形はリアルな状況をあらわします。イメージして、言葉で表現します。
続きを読む

未来をイメージします。流れのなかに身をおきます。やる気がでます。
続きを読む

自然環境と調和したすぐれた文化がありました。同時発生的に世界各地で文明がうまれました。常識がくつがえされ、歴史がかきかえられます。
続きを読む

イメージをつかって区別します。相似と相異をとらえます。認識と記憶・類推がすすみます。
続きを読む

不完全さにたえます。英語をはなすのが楽になります。勉強がたのしくなります。
続きを読む

ながい修飾語ほど先に書きます。語順が、原則の逆になったときにテンをうちます。「は」と「が」をつかいわけます。
続きを読む

躍動感あふれる状況を描写します。いきいきと行為をあらわします。イメージがきわめて容易です。
続きを読む

会話の流れ(フロー)と言い回しを練習します。状況に応じて台本をつかいわけます。日常的につかえる表現が満載です。
続きを読む

過去形は、「遠くに眺める」距離感をともないます。遠回しな丁寧な言葉づかいになります。ひかえめな表現ができます。
続きを読む

会話には自然な流れがあります。情報の流れをよくする練習をします。できるようになってからやろうというのはいけません。
続きを読む

類似した情報をあつめます。情報のひとまとまりを段落にします。並列的な編集から直列的な表現へすすみます。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ