発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

カテゴリ: プロセシング

IMG_3064_5
東洋文庫ミュージアム「大宇宙展」
(平行法で立体視ができます)
観測をし、法則をみいだし、未来を予測します。イメージをふくらませて宇宙観をつくります。心の世界が宇宙に投影されます。
続きを読む

事例をとおして確率がわかります。統計と確率がむすびつきます。未来を予測します。
続きを読む

ヒラリーとテンジンがエベレストに登頂する前にマロリーとアービンが初登頂していたかもしれません。パイオニアワークは歴史をきざみます。真実をもとめて調査がつづきます。
続きを読む

記憶力や注意力・処理速度などが老化がすすむとおとろえます。認知症になると日常生活に支障がでます。情報処理訓練により予防します。
続きを読む

東北有数の稲作地帯です。扇状地を活用しました。縁から、アイデアがうまれます。
続きを読む

目の筋肉がほぐれます。気分をリセットし、リフレッシュできます。眼力は、人間主体の情報処理における基礎的な能力です。
続きを読む

「足」をつかった取材をおこない、仮説をたてます。定量的データで検証します。処理結果を発表します。
続きを読む

発展途上国と先進国という分類はもはや役立ちません。〈仮説(モデル)→ 事実(データ)→ 一般(前提)〉とすすみます。事実で世界を理解します。
続きを読む

〈仮説→事実→一般〉とすすみます。グラフをつくり、方程式をみちびきます。予測ができます。
続きを読む

ねむっているときに脳の老廃物があらいながされます。プロセシングがすすみます。健康維持のために情報処理をおこないます。
続きを読む

イメージで理解します。中核イメージをまず身につけ、用途をひろげます。あらゆる表現のためにイメージが役だちます。
続きを読む

新型コロナウイルスの起源がコウモリにあることがわかりました。仮説をたてて検証しました。地球上における すみわけが重要です。
続きを読む

< |2 >
続きを読む

知の体系(フィロソフィー)が分化して科学(サイエンス)がうまれました。機械論的世界観と生命論的世界観があります。近年は、諸学の統合・再体系化がすすみます。
続きを読む

文法力と単語力をふまえ、会話のながれをつくります。スキットの場面を想像しながら発声練習をします。それぞれ場面を心のなかにファイルします。
続きを読む

基本再生産数 R0 により感染状況の予測ができます。R0 が1よりちいさければ感染者数は減少していきます。人と人との接触をなくし、感染者を隔離すれば、R0 値はちいさくなります。
続きを読む

3D ビューがたのしめます。地球の誕生から人類の進化まで、壮大な歴史がわかります。空間記憶法(建築法)にもとりくめます。
続きを読む

鳥類は恐竜類の一種です。おおくの恐竜類は絶滅しましたが、鳥類はいきのこり、進化しました。生物と環境の相互作用により絶滅も進化もおこります。
続きを読む

2020/02/05 更新
< |2 >
続きを読む

DSCF0032ba
写真1 東京国立博物館・平成館
(交差法で立体視がでます)
ヤマト王朝以前に、西日本をほぼ統一した出雲王朝がありました。出雲王朝をほろぼし、あらたな統一国家をつくったのがヤマト王朝です。出雲大社は、出雲の王であったオオクニヌシを鎮魂し、オオクニヌシの怨霊を封じこめるために、ヤマト王朝がたてたのではないでしょうか。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ