発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

カテゴリ: プロセシング

イメージを英語に、英語をイメージに変換します。構造的情報のなかに点的情報をうめこみます。ストーリー化します。
続きを読む

IMG_0468_9
十一面観音菩薩立像
(東京芸術大学による模刻、平成館休憩室に展示)
(平行法で立体視ができます)
自然信仰がありました。仏教と融合しました。東洋の文化は重層文化です。
続きを読む

地球と生命の進化の全容がわかります。これまでの定説をくつがえすあたらしい仮説が提案されます。最終段階に人類ははいりました。
続きを読む

DSCF0963ab
ショクダイオオコンニャク
(平行法で立体視ができます)
世界で一番おおきな花です。スマトラ島に自生する絶滅危惧種です。記憶の目印になります。

続きを読む

IMG_9537_6
「太陽系」展示コーナー
国立科学博物館・地球館(地下3階)
(交差法で立体視ができます)
分化しつつ体系化します。法則がはたらき個性がうまれます。普遍性と多様性があります。
続きを読む

帰納法をつかって法則性をあきらかにします。演繹法をつかって予測します。第5波がやってきます。
続きを読む

DSCF0943ba
デイノスクス(生体模型)
(交差法で立体視ができます)
生き物たちはつながっていきています。生態系は均衡をたもとうとします。生態系からヒトははずれました。
続きを読む

目に光がはいってくる段階と立体像が生じる段階があります。インプットとプロセシングをむすびつけます。情報処理を自覚します。
続きを読む

英語の音声変化のルールを習得します。インプットとプロセシングをむすびつけます。アウトプット能力もたかまります。
続きを読む

情報処理(インプット→プロセシング→アウトプット)の一環として記憶法にとりくみます。記銘→保持→想起とすすみます。よくできたアウトプットにつなげます。
続きを読む

人間は、情報処理(インプット→プロセシング→アウトプット)をする存在です。プロセシングが睡眠中におこります。睡眠を改善すれば情報処理がすすみます。
続きを読む

直列処理よりも並列処理のほうが情報処理がすすみます。全体のバランスと調和をかんがえます。複数の課題を設定します。
続きを読む

受け答えします。インプットとプロセシングを記憶がつなぎます。人間主体の情報処理がすすみます。
続きを読む

難攻不落の城郭を地形を利用してつくりました。豊臣の大坂城は地下にねむっています。江戸幕府は豊臣を完全にほうむりさろうとしました。
続きを読む

交通の要衝でした。地形を利用しました。天下の台所になりました。
続きを読む

米は、歴史をかえました。稲作文化圏が形成されました。文化が成長します。
続きを読む

DSCF0765ba
会場入口
(交差法で立体視ができます)
アイヌは日本の先住民族です。日本の基層文化にアプローチします。機械文明を、共生と循環の文明へ転換するためのヒントがえられます。
続きを読む

to は矢印のイメージです。動詞-ing形はリアルな状況をあらわします。イメージして、言葉で表現します。
続きを読む

IMG_3064_5
東洋文庫ミュージアム「大宇宙展」
(平行法で立体視ができます)
観測をし、法則をみいだし、未来を予測します。イメージをふくらませて宇宙観をつくります。心の世界が宇宙に投影されます。
続きを読む

事例をとおして確率がわかります。統計と確率がむすびつきます。未来を予測します。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ