発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

カテゴリ: インプット

情報のインプットがまず必要です。相手とふかくむきあいます。情報処理がすすみます。
続きを読む

DSCF0607ba
ネパール国立博物館(仏教美術ギャラリー)
(交差法で立体視ができます)
初期仏教(シャカの教え)が部派仏教をへて大乗仏教へ発展しました。中心部(インド)では衰退し、周辺(ネパール・チベット・その他)にのこり発展しました。ドーナツ化モデルにより歴史と地理がむすびつきます。
続きを読む

受け答えします。インプットとプロセシングを記憶がつなぎます。人間主体の情報処理がすすみます。
続きを読む

難攻不落の城郭を地形を利用してつくりました。豊臣の大坂城は地下にねむっています。江戸幕府は豊臣を完全にほうむりさろうとしました。
続きを読む

IMG_7549_50
変異の例:ノコリギクワガタ属のオスの大あご
変異・選択・遺伝などの現象があります。それぞれの地域に生態系が形成されます。もと一つのものから分化しつつ、階層構造化するという仮説が検証できます。
続きを読む

DSCF0821ba
大阪城天守閣
(交差法で立体視ができます)
豊臣秀吉の大阪城の痕跡がみつかります。現在しられる大阪城は徳川幕府がつくったものです。豊臣の影響を完全にほうむりさることはできませんでした。
続きを読む

静止した被写体なら普通のカメラで撮影できます。3Dカメラをつかえば、被写体がうごいていても撮影できます。3D写真は2D写真よりも現地・現場をリアルに記録し再現できます。
続きを読む

IMG_5413_4
神代植物公園 大温室・乾燥地植物室
(平行法で立体視ができます)
目から情報をインプットします。観察力がきたえられます。極限の世界が垣間みられます。
続きを読む

< |3 >
続きを読む

< |2| >
続きを読む

DSCF0914ab山内丸山遺跡 入口
三内丸山遺跡入口
(平行法で立体視ができます)
大規模な集落が縄文時代にすでにありました。狩猟・漁労・採集にくわえて栽培がおこなわれていました。日本の深層文化にアプローチできます。
続きを読む

光がインプットされ、脳が認識します。情報処理の結果として世界がみえます。それぞれの動物にそれぞれの世界があります。
続きを読む

インプットとプロセシングによって認識がなりたちます。あらたな刺激をもとめます。散歩や旅行にでかけます。
続きを読む

DSCF0855ba
会場入口
(交差法で立体視ができます)
大陸の海岸線の形が一致することから、ひとつの大陸が分裂し、移動したという仮説がたてられます(大陸移動説)。化石・岩石などの分布によって仮説を検証します。壮大な自然史がわかります。
続きを読む

DSCF0872ab
会場入口
(平行法で立体視ができます)
菌類について理解できます。たくさんの食用きのこがみられます。自然環境と人間のやりとりにより食文化がうまれます。
続きを読む

IMG_5532_1
太陽の塔
(交差法で立体視ができます)
現代の縄文土偶です。生物の歴史を体験し、深層の世界にアプローチします。生命力がよみがえります。
続きを読む

DSCF0729ba
神代植物公園 大温室・ベゴニア室 
(交差法で立体視ができます)
さまざまな球根ベゴニアとともに、それらのもととなった代表的な原種を展示しています。たくさんの花々にかこまれて元気になれます。園内有数の人気スポットです。
続きを読む

オオハナインコは、可視光線にくわえて紫外線もみることができます。光(電磁波)には色はついていません。脳の情報処理によって色彩が生じます。
続きを読む

視野には、中心視野と周辺視野があります。周辺視野もつかえば視野がひろがります。風景をみて視覚系をきたえます。
続きを読む

< |3 >
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ