発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

カテゴリ: インプット

立体視をすると、見えなかったものが見えてきます。対象とともに環境もわかります。空間のなかで対象が位置づけられます。
続きを読む

IMG_6052_1
咲くやこの花館「高山植物室」
(交差法で立体視ができます)
標高が気温をきめます。森林限界をこえます。高地への適応がみられます。
続きを読む

IMG_0468_9
十一面観音菩薩立像
(東京芸術大学による模刻、平成館休憩室に展示)
(平行法で立体視ができます)
自然信仰がありました。仏教と融合しました。東洋の文化は重層文化です。
続きを読む

DSCF0999ba
東京国立近代美術館
(交差法で立体視ができます)
インプットから情報処理がはじまります。インプットから独創がうまれます。環境と調和します。
続きを読む

地球と生命の進化の全容がわかります。これまでの定説をくつがえすあたらしい仮説が提案されます。最終段階に人類ははいりました。
続きを読む

DSCF0963ab
ショクダイオオコンニャク
(平行法で立体視ができます)
世界で一番おおきな花です。スマトラ島に自生する絶滅危惧種です。記憶の目印になります。

続きを読む

IMG_9537_6
「太陽系」展示コーナー
国立科学博物館・地球館(地下3階)
(交差法で立体視ができます)
分化しつつ体系化します。法則がはたらき個性がうまれます。普遍性と多様性があります。
続きを読む

IMG_6042_3_edited-1
咲くやこの花館「乾燥地植物室」
(平行法で立体視ができます)
乾燥地への適応がみられます。自然の造形美におどろかされます。極限の環境をしり、地球の理解がふかまります。
続きを読む

DSCF0943ba
デイノスクス(生体模型)
(交差法で立体視ができます)
生き物たちはつながっていきています。生態系は均衡をたもとうとします。生態系からヒトははずれました。
続きを読む

IMG_9105_6
國學院大學博物館(入口)
(平行法で立体視ができます)
縄文時代早期、約8300年前の埋葬人骨が多数出土しました。定住化への途上にありました。マメの利用がはじまっていました。
続きを読む

IMG_2428_7
原人、旧人、旧人/新人の頭骨(左から)
(140万年前・タンザニア、約60万年前・ザンビア、約20万年前・モロッコ)
(交差法で立体視ができます)
新人(ホモ・サピエンス、ヒト)の進化と拡散を追体験します。技術革新をくりかえしました。 文化を発展させることによって地球上のほとんどの環境に適応しました。
続きを読む

主体性をのばす教育が重視されるようになりました。主体と環境がつくる場がいきる場です。〈インプット→プロセシング→アウトプット〉を実践します。
続きを読む

目に光がはいってくる段階と立体像が生じる段階があります。インプットとプロセシングをむすびつけます。情報処理を自覚します。
続きを読む

IMG_3865_6
東京都写真美術館
(平行法で立体視ができます)
集大成となる写真展です。地球を再発見し、人間性を回復します。地球は創造の場です。
続きを読む

英語の音声変化のルールを習得します。インプットとプロセシングをむすびつけます。アウトプット能力もたかまります。
続きを読む

DSCF0932ba
会場入口
(交差法で立体視ができます)
化石が発見され、その後、まだ生きていることがわかりました。自然史をしるための手がかりがえられます。環境の変遷がわかります。
続きを読む

IMG_5851_2
ネペンテス・エイマエ
(ウツボカズラ科、インドネシア)
(交差法で立体視ができます)
熱帯の花木や果実がみられます。赤道付近の風景が想像できます。植物は環境の指標(目印)でもあります。
続きを読む

DSCF0800ab
咲くやこの花館
(平行法で立体視ができます)
さまざまな植物を比較することができます。植物の多様性がわかります。地球の気候帯が実感できます。
続きを読む

情報のインプットがまず必要です。相手とふかくむきあいます。情報処理がすすみます。
続きを読む

DSCF0607ba
ネパール国立博物館(仏教美術ギャラリー)
(交差法で立体視ができます)
初期仏教(シャカの教え)が部派仏教をへて大乗仏教へ発展しました。中心部(インド)では衰退し、周辺(ネパール・チベット・その他)にのこり発展しました。ドーナツ化モデルにより歴史と地理がむすびつきます。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ