静止した被写体なら普通のカメラで撮影できます。3Dカメラをつかえば、被写体がうごいていても撮影できます。3D写真は2D写真よりも現地・現場をリアルに記録し再現できます。
ステレオ写真(3D写真)は、被写体とその環境を3次元にリアルに再現できるため情報量が圧倒的におおく、平面写真(2D写真)よりもしばしば有用です。現地・現場・実物などを記録し表現するために、ここぞというところでは、通常の写真撮影にくわえてステレオ写真を積極的に撮影するとよいでしょう。



1.普通のデジタルカメラをつかう
  • 普通のカメラ(スマホのカメラでもよい)を手にもちます。
  • 静止した被写体を選択し、構図をきめます。
  • 左足を軸足にして(地面に対して左足を垂直にして)、右足はややななめにして直立し、撮影します。撮影された写真をAとします。
  • つぎに、右足を軸足にして(地面に対して右足を垂直にして)、左足はややななめにして直立し、撮影します。撮影された写真をBとします。
  • 写真Aと写真Bを撮影するときに、カメラは、5〜15cm 左右にずれます(カメラを、5〜15cm 左右にずらして撮影します)。
  • ディスプレー上で、写真Aを左に、写真Bを右側に配置すれば、平行法で立体視ができます。
  • ディスプレー上で、写真Bを左に、写真Aを右側に配置すれば、交差法で立体視ができます。

AB1

BA1

  • 風景写真など、奥ゆきを強調したいたきには、カメラをずらす左右の間隔を 15cm 以上にしてもよいでが、通常の被写体の場合は、左右の間隔をはなしすぎると奥ゆきが強調されすぎて不自然な写真になりますので注意してください。
  • 普通のカメラをつかう方法では、うごいている被写体のステレオ写真は撮影できません。
  • 動物を撮影する場合は、動物が静止しているときに撮影します。

AB2

BA2

  • 必要に応じてトリミングをしてもよいです。
  • ステレオ写真をブログなどにアップする場合は、たとえば「スクリーンショット」などをつかって、2枚の写真を、ひとつの画像ファイル(画像データ)にします。




2. 3D デジタルカメラをつかう

3D デジタルカメラは何種類かありますが、コストパフォーマンスにすぐれる FUJIFILM 「FinePix REAL 3D W3」がステレオ写真家のあいだではよくしられ、わたしも長年つかっています。




  • 被写体は、静止しているものでも、うごいているものでもかまいません。3D デジタルカメラの利点は、うごいている被写体も撮影できる点にあります。
  • カメラの液晶モニターをみながら構図をきめ、シャッターをおします。
  • カメラの液晶モニターで 3D 画像が確認できます(3D でみえます)。
  • 3D で撮影された画像は、MPファイル(拡張子は .MPO)という特殊なフォーマットで保存されます。
  • わたしは Mac をつかっているので、以下は、Mac での場合を説明します。
  • MPファイル(拡張子は .MPO)の画像ファイルも「写真」アプリで保存できます。
  • 「写真」アプリで目的の写真を選択し、「ファイル」→「書き出す」→「1枚の写真の未編集のオリジナルを書き出す」とすすみます。
  • 書き出された MPファイル(拡張子は .MPO)を「プレビュー」アプリでひらきます。
  • サイドバーには、2つの画像(1と2)が表示されます。
  • サイドバーにおいて、上の画像(1)を選択し、「ファイル」→「書き出す」とすすみます。
  • フォーマットは「JPEG」を選択し、保存します。この写真をAとします。
  • 同様に、サイドバーにおいて、下の画像(2)を選択し、「ファイル」→「書き出す」とすすみ、フォーマットは「JPEG」を選択し、保存します。この写真をBとします。
  • ディスプレー上で、写真Aを左に、写真Bを右側に配置すれば、平行法で立体視ができます。
  • ディスプレー上で、写真Bを左に、写真Aを右側に配置すれば、交差法で立体視ができます。

DSCF0205ab

DSCF0205ba











わたしは、地球科学における地形判読の訓練から 3D 写真をはじめました。地形や風景をよむためには立体視が必須です。いまでは、あらゆる分野で 3D を活用しています。博物館・植物園・動物園・水族館・公園などで、あるいは旅行をしながら撮影します。

3D 写真をつかって立体視をしていると、現地や現場・実物をみなおしながら、そこにいたときの感覚・記憶がありありとよみがえります。しかもしばしば、現場でみていたときよりもはるかによく観察できます。体験がさらにふかまり、記憶にもはっきりのこります。のちのち、いつでもみなおすことができ、3D 撮影をしておいてよかったとおもうことがしばしばあります。


▼ 記事リンク