IMG_3812_11
小笠原植物室
(交差法で立体視ができます)
世界遺産・小笠原諸島の植物がみられます。小笠原諸島では、長期間隔絶した環境で進化がすすみました。きわめてたかい固有種率をしめします。
ステレオ写真はいずれも交差法で立体視ができます。
立体視のやり方 - ステレオグラムとステレオ写真 -



IMG_3833_2
タコノキ(タコノキ科)



IMG_3842_1
タイヨウユウトウカズラ(コショウ科)



IMG_3848_7
クサトベラ(クサトベラ科)



IMG_3881_0
オガサワラリュウビンタイ
(リュウビンタイ科)



IMG_3940_39
オガサワラビロウ(ヤシ科)



IMG_3954_3
オガサワラビロウの果実



IMG_3920_19
オオバシマムラサキ



IMG_4133_2
ムニンネズミモチ(モクセイ科)



IMG_3876_5
ムニンノボタン(ノボタン科)






小笠原諸島は、日本列島からおよそ1000kmはなれた海上に位置します。




神代植物公園・大温室の小笠原植物室は、小笠原諸島のもっとも特徴的な植生といわれる乾性低木林の構成樹種を中心として、希少種・固有種だけでなく、広域分布種も植栽しています。

小笠原諸島は、大陸と一度も陸つづきになったことがない海洋島であり、海流にながされてきたり、鳥などに付着したりしてたどりついた植物がながい年月をかけて独自の進化をとげました。

人間の活動によってもたらされた外来種をのぞくと、小笠原に生育する植物は441種あり、そのうち161種(36.5%)が小笠原だけにある固有種とされます。琉球諸島とくらべると、面積がちいさいことや年間降水量がすくないことなどにより、そのたかい固有種率に対し、総種数は琉球諸島の4分の1程度です。

小笠原諸島のもっとも特徴的な植生は乾性低木林であり、これは乾燥した気候に適応した5〜8m程度の林で、兄島・父島や、母島南端部・向島・姪島・姉島・妹島などの緩斜面をひろくおおっています。とくに、父島中央部と兄島全域の緩斜面にひろがる乾性低木林は人の影響をほとんどうけておらず、固有種率は67%とたかいことが確認されています。

2011年、小笠原諸島は、「動植物の進化や発展の過程、独自の生態系を示す遺産」(登録基準 iX)により世界自然遺産に登録されました。聟島(むこじま)列島・父島列島・母島列島の3列島からなる小笠原群島を中心に、火山列島である北硫黄島・南硫黄島、さらに小笠原群島の西に位置する西之島などをふくむ30あまりの島々の陸域と、父島属島の南島周辺の一部海域をふくむ総面積79.39k㎡が登録されています。また世界遺産を保全するために、小笠原から東京湾までつづく「世界遺産管理エリア」が設定されています。

小笠原諸島は、長期間隔絶した環境で進化や適応放散などがすすんだため、きわめてたかい固有種率をしめし、また化石種と現生種の比較により、進化系列や種の多様性が生じる歴史をおうことができます。とくに、陸産貝類や維管束植物は、日本本土や琉球諸島などのほかの地域と比較しても例外的にたかい固有種率をしめし、注目されています。




▼ 関連記事
3D 神代植物公園 大温室 - 熱帯花木室 -
3D 神代植物公園 大温室 - ラン室 -
3D 神代植物公園 大温室 - ベゴニア室 -
3D 神代植物公園 大温室 - 熱帯スイレン室 -
3D 神代植物公園 大温室 - 小笠原植物室 -
3D 神代植物公園 大温室 - 乾燥地植物室 -
3D 神代植物公園 大温室 - 食虫植物 -
立体視をして、左右の視野をバランスよくつかう - 神代植物公園 -

小笠原の自然をまもる - 企画展「小笠原国立公園」(国立科学博物館)-


▼ 神代植物公園
東京都公園協会・神代植物公園
クローズアップ
都立神代植物公園 Twitter




▼ 参考文献
世界遺産検定事務局編著『すべてがわかる世界遺産大事典<上>』<第2版> 2020年、マイナビ出版
2020-08-20 19.44.12


▼ 関連サイト
小笠原(Amazon)
2020-08-20 19.47.46