災害時に避難場所に避難したときには、エコノミークラス症候群を発症しないように十分に注意してください。

茨城県南部を震源とする地震が相次いでいます。気象庁は、地震活動にしばらく注意するようによびかけています。

もし自然災害におそわれたりあるいは避難勧告がでたりしたときには避難場所に避難しなければなりません。池上彰著『南海トラフ巨大地震から命を守れ!』(KADOKAWA) では避難場所での注意点についても解説しています。エコノミークラス症候群にならないための対策も必要です。

おなじ姿勢をながいあいだつづけた際に発症するのがエコノミークラス症候群です。避難場所での生活が長引くような場合は十分に注意しなければなりません。

体育館の床などにずっとすわりつづているのはよくありません。血流がとどこおると血のかたまりができやすくなります。足首をまわしたり定期的にあるくなどして、かるい運動をこころがけます。またこまめな水分補給をおこないます。着圧ソックスをはくのも効果的です。着圧ソックスは長期旅行などでも最近はよくつかわれています。それほど高価なものではないので何足かもっているとよいでしょう。
amazonでみる >> 楽天でみる >>


▼ 引用文献
1981年よりも前に建てられた建物に注意する - 池上彰著『南海トラフ巨大地震から命を守れ!』(3)-
公的助成をえて家の耐震補強工事をする - 池上彰著『南海トラフ巨大地震から命を守れ!』(4)-
家具の転倒防止:突っ張り棒は壁際に - 池上彰著『南海トラフ巨大地震から命を守れ!』(5)-
野菜飲料をローリングストックしておく - 池上彰著『南海トラフ巨大地震から命を守れ!』(6)-
津波対策:揺れたら逃げろ! - 池上彰著『南海トラフ巨大地震から命を守れ!』(7)-
災害時、家族との連絡のとりかた - 池上彰著『南海トラフ巨大地震から命を守れ!』(8)-
避難する前にブレーカーをオフにする - 池上彰著『南海トラフ巨大地震から命を守れ!』(9)-
火山に登るときには十分に注意する - 池上彰著『南海トラフ巨大地震から命を守れ!』(10)-

▼ まとめ記事
南海トラフ巨大地震から命をまもれ(まとめ)