大地震にそなえ、公的助成を活用して家の耐震補強工事をおこないます。1981年よりも前に建てた木造住宅では絶対に必要なことです。

1981年よりも前に着工された木造住宅(旧耐震基準で建てられた木造住宅)は、市町村の助成で耐震診断を無料でうけられます。

そして補強が必要な箇所がわかったら耐震補強工事をおこないます。一戸建ての場合、だいたい200万円ぐらいかかります。旧耐震基準でたてられた木造住宅には公的助成制度があります。自治体によって差はありますが50万〜90万円の助成金がでます。 

耐震補強工事にはつぎのような方法があります。自分の家にあった工法を選択します。

  • 壁や天井などをはがして補強します。家具をはこびだしたり、工事中は引っ越したりする必要がある場合もあります。
  • 家の外壁に鉄骨のフレームやワイヤーをつけます。住んでいるままで工事ができます。
  • 必要な部屋だけを補強します。そのひとつは「耐震シェルター」です。かたい木でできた頑丈な小部屋(木の箱)を部屋の中に設置します。
  • 部屋の内部を鉄骨で補強します。
  • 鉄骨のフレームでまもられた「耐震ベッド」を寝室におきます。

家全体を補強すると費用がかかりすぎる場合は特定の部屋だけを補強する方法があります。地震がおこったらすぐにその部屋ににげこむようにします。寝室を補強しておくというのがひとつの方法です。

また家のまわりにブロック塀がある場合は点検のうえ、危険な場合は補強工事をしなければなりません。

いずれにしても公的な助成がえられるケースが多いので市町村役場にはやめに相談するのがよいです。


▼ 引用文献
1981年よりも前に建てられた建物に注意する - 池上彰著『南海トラフ巨大地震から命を守れ!』(3)-

▼ まとめ記事
南海トラフ巨大地震から命をまもれ(まとめ)