大地震の被害に金銭的にそなえるために地震保険に加入しておくとよいです。地震保険は火災保険とセットで入らなければなりません。

大地震に対する備えのひとつとして地震保険に加入しておくという方法があります。地震保険は、建物や家財が被害をうけたときに金銭的にそなえるための保険です。

地震保険は、火災保険とセットで入らなくてはいけません。地震保険だけの加入はできません。火災保険だけでは、地震・噴火・津波の被害は補償されないので、地震の被害に対応するために地震保険にも加入しておいたほうがよいでしょう。

地震保険の保険金額は火災保険の30〜50%で、建物は5000万円、家財は1000万円までの加入になります。

地震保険はいつでも加入できます。火災保険の更新時期をまつ必要はありません。ただし警戒宣言発表後や地震発生後では新規契約や保険金額の増額はできません。

住めなくなってしまった家のローンをはらわなければならない二重ローン問題や、暮らしを再建するための当座の資金として支払われた保険金を活用することができます。

地震保険は国が主導してつくった保険であり、国と保険会社とが共同でリスクを負担する仕組みになっており、甚大な被害がでても保険金が支払われなくなる心配はありません。ただし今後の大地震発生の可能性が高まったため、国と保険会社は保険料の値上げの検討をはじめています。加入するならはやいほうがよいです。

また損保会社の地震保険のほか、共済(JA共済、全労済など)による地震保険もあります。検討してみるとよいでしょう。

地震保険の保険料は地震保険料控除の対象となり、住民税や所得税の税負担もかるくなります。


まとめ
  • 地震の被害に対応できるのは地震保険だけである。
  • 地震保険は火災保険とセットで入る。
  • 保険金は、二重ローンの支払いや当座の資金として活用できる。




池上彰著『南海トラフ巨大地震から命を守れ!』(KADOKAWA)は南海トラフ巨大地震にそなえるためのガイドブックですが、東南海地方以外に住んでいる人にもとても参考になります。防災・減災のために是非とも読んでおきたい一冊です。


▼ 引用文献
池上彰著『南海トラフ巨大地震から命を守れ! 池上彰とメ~テレが真剣に考える』KADOKAWA、2015年7月10日
池上彰とメ~テレが真剣に考える 南海トラフ巨大地震から命を守れ!

▼ まとめ記事
南海トラフ巨大地震から命をまもれ(まとめ)