英会話を身につけるためには、それぞれの Episode のイメージをおもいおこしながら英文のキーフレーズが言えるように練習します。それぞれの状況を理解してフレーズをアウトプットすることが重要です。

『おとなの基礎英語 Season 4』(注1)をつかって練習すれば、イメージをベースにして英語のフレーズを理解し記憶していくことができます。

イメージをベースにして英語のフレーズを理解する -『おとなの基礎英語 Season 4』(1)- >>

DVDの各 Episode がひととおり理解できたら、それぞれの Episode のキーフレーズを声にだして言ってみる練習をします。今回は Singapore 編にとりくんでみたいとおもいます。

まず、下記のリストをみます。番号は Episode 番号です。各 Episode にはキーフレーズがそれぞれ一文ずつ設定されていて、リストは日本語によるそれらの説明文です。

各項目をよみ、つぎに、その場面のイメージをおもいだします(想起します)。そしてそのイメージをおもいうかべながら英語のキーフレーズを声にだして言ってみます。日本語を英語に直訳しない(日本語を英語にじかにおきかえない)ように注意します。


  • (1)日本語の説明文をよむ。
  • (2)その Episode のその場面(イメージ)をおもいだす。
  • (3)そのイメージの英語のキーフレーズを声にだして言う。


Singapore 編

Week 18「シンガポールに到着」
  • 69 待ち合わせの場所を決めたい(どこでお会いしましょうか?)
  • 70 相手の最優先事項を知りたい(あなたが最も優先することは何ですか?)
  • 71 相手に位置を指示する(木の隣に立ってください)
  • 72 相手の家族についてたずねたい(ご両親と住んでいるのですか?)

Week 19「動物園を取材!」
  • 73 他の種類があるか知りたい(他にどんな種類のチケットがありますか?)
  • 74 前方の席に移動したい(前のほうの席に移ってもいいですか?)
  • 75 動物の年齢を知りたい(人間にたとえると何歳ですか?)
  • 76 写真が撮れたかどうかたずねる(写真は撮れましたか?)

Week 20「シンガポールで "お宅訪問"」
  • 77 人口を知りたい(この町の人口は何人ですか?)
  • 78 一般的なことかたずねる(シンガポールでは一般的ですか?)
  • 79 食材をたずねる(このソースには何が入っていますか?)
  • 80 どこへ行ったことがあるかをたずねる(日本ではどこへ行ったことがありますか?)

Week 21「シンガポールの流行を取材」
  • 81 流行について話す(今年の流行です)
  • 82 ドリンク付きか聞く(ドリンク付きですか?)
  • 83 相手の意志を確かめる(本当に全部買うんですか?)
  • 84 暮らしぶりをたずねる(シンガポールの暮らしはどうですか?)

Week 22「植物園を取材」
  • 85 探しに行こうと提案する(見つけに行きましょう!)
  • 86 忘れてきたかもしれないと伝える(もしかしたら、どこかに置いてきたかもしれません)
  • 87 国花について説明する(シンガポールの国花はランです)
  • 88 Wi-Fi につながらないと伝える(Wi-Fi につながらないんです)

Week 23「セントーサ島へ行く!」
  • 89 写真に入る背景について確認する(マーライオン、全身入りますか?)
  • 90 どれが最も人気があるか意見を聞く(いちばん人気があるのはどれですか?)
  • 91 開始時間を知りたい(何時に始まるかのかご存じですか)
  • 92 故障しているようだと伝える(電気ポットの調子が悪いんです)

Week 24「シンガポールの食を堪能!」
  • 93 どれがほしいか指示したい(奥から2列目のオレンジ色のものをください)
  • 94 相手の分も食べてあげると言いたい(食べきれなかったら、食べてあげます)
  • 95 似たようなものがあるかをたずねる(日本にマーライオンのようなものはありますか?)
  • 96 帰ることを伝える(そろそろ戻らないといけないんです)

Week 25「シンガポールとお別れ!」
  • 97 プレゼント用に包んでもらう(プレゼント用に包装してもらえますか?)
  • 98 相手の気配りに恐縮する(えー、恐縮です)
  • 99 相手が気に入ったことを喜ぶ(気に入ってもらえてうれしいです)
  • 100 連絡を取り合いたいと伝える(連絡を取り合いましょう)




たとえば Episode 70 でしたら、

(1)「70 相手の最優先事項を知りたい(あなたが最も優先することは何ですか?)」

(2)この場面(イメージ)をおもいだします。

IMG_4660

(3)イメージをおもいうかべながら「What"s your top priority?」と言ってみます。




たとえば Episode 98 でしたら、

(1)「98 相手の気配りに恐縮する(えー、恐縮です)」

(2)この場面(イメージ)をおもいだします。

IMG_4661

(3)イメージをおもいうかべながら「Oh, you shouldn't have.」と言ってみます。




心のなかでしっかり場面をイメージし、その状況を理解して、英語のフレーズをアウトプットすることが重要です。日本語を英語におきかえるのではなく、イメージから言葉がでてくるといったプロセスに意義があります。


▼ 注1:引用文献
松本茂監修『NHKテレビ おとなの基礎英語 Season 4」(DVD BOOK)、主婦の友社発行、2016年3月31日
NHKテレビ DVD BOOK おとなの基礎英語 Season4 ―ミニドラマ100話完全収録 (NHKテレビ DVD BOOK) 


▼ 関連記事
イメージをベースにして英語のフレーズを理解する -『おとなの基礎英語 Season 4』(1)-
イメージを想起してキーフレーズを言う -『おとなの基礎英語 Season 4』(2)-
イメージを想起してキーフレーズを言う -『おとなの基礎英語 Season 4』(3)-

DVD をつかって英会話を理解する -『おとなの基礎英語 シンガポール・香港・タイ』(1)-
イメージをつかってキーフレーズをおぼえ、言えるようにする -『おとなの基礎英語 シンガポール・香港・タイ』(2)-
イメージをつかってキーフレーズをおぼえ、言えるようにする -『おとなの基礎英語 シンガポール・香港・タイ』(3)-
イメージをつかってキーフレーズをおぼえ、言えるようにする -『おとなの基礎英語 シンガポール・香港・タイ』(4)- 
Key Phrase と Situation をひとつの「ファイル」にする - NHK『おとなの基礎英語』-
英会話の練習をとおして情報処理能力をたかめる



Sponsored Link
【終了】Kindle 日替わりセール
西口 敦 『普通のダンナがなぜ見つからない?』