発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

イメージで理解します。中核イメージをまず身につけ、用途をひろげます。あらゆる表現のためにイメージが役だちます。
本文をよむ

国際的な地質年代として「チバニアン」が認定されました。年表づくりは歴史の基礎です。模式地(基準地)と対比により全球的な理解がすすみます。
本文をよむ

新型コロナウイルスの起源がコウモリにあることがわかりました。仮説をたてて検証しました。地球上における すみわけが重要です。
本文をよむ

心のなかから情報をアウトプットします。 箇条書きは1次元、放射状メモは2次元、島どりと見だしをいれると3次元になります。 次元がたかいほど情報処理は容易になります。
本文をよむ

IMG_1575_6
バクタプル国立美術館 
(平行法で立体視ができます)
立体的にとらえます。ヒンドゥー教と仏教の彫像がみられます。おおくの神々や仏が日本にもやってきています。
本文をよむ

ヒマラヤの氷河がとけて氷河湖がふえています。氷河湖の水位が上昇すると氷河湖決壊洪水がおこります。防災のためには予測が必要です。
本文をよむ

< |2 >
本文をよむ

知の体系(フィロソフィー)が分化して科学(サイエンス)がうまれました。機械論的世界観と生命論的世界観があります。近年は、諸学の統合・再体系化がすすみます。
本文をよむ

廃炉のためには、核燃料のとりだし、燃料デブリの回収、トリチウム水の処理が必要です。当初の予定よりも作業がおくれています。安全はかえても、安心はかえません。
本文をよむ

文法力と単語力をふまえ、会話のながれをつくります。スキットの場面を想像しながら発声練習をします。それぞれ場面を心のなかにファイルします。
本文をよむ

基本再生産数 R0 により感染状況の予測ができます。R0 が1よりちいさければ感染者数は減少していきます。人と人との接触をなくし、感染者を隔離すれば、R0 値はちいさくなります。
本文をよむ

皮膚は、人体と環境を分かちます。皮膚は、体をまもるバリアであるとともに、環境の変化をしる感覚器官です。皮膚は体と環境の「鏡」です。
本文をよむ

3D ビューがたのしめます。地球の誕生から人類の進化まで、壮大な歴史がわかります。空間記憶法(建築法)にもとりくめます。
本文をよむ

IMG_1440_42
東北大学 自然史標本館
(平行法で立体視ができます)
標本をみながら、自然史あるいは地質学の基礎がまなべます。教科書的な展示です。地層の研究が、自然史から人間史までを同一の方法で連続的に理解する道をひらきます。
本文をよむ

仮説をたてて検証します。演繹法がつかえます。問題解決のカギは局所の選択にあります。
本文をよむ

作文には、情報の統合作用があります。情報の統合はアウトプットの本質です。書けば書くほど心がととのいます。
本文をよむ

日本語の作文は、人間主体の情報処理におけるアウトプットの手段として重要です。アウトプットをすればするほど、おのずと、インプットとプロセシングがすすみます。情報がながれます。
本文をよむ

ながい修飾語ほど先に配置します。語順が、原則の逆順になったときにテンをうちます。技術は、練習すれば誰でも習得できます。
本文をよむ

↑このページのトップヘ