発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

こちらの状況をはなします。相手にたずねます。説明ルールをつかいます。
本文をよむ

DSCF0821ba
大阪城天守閣
(交差法で立体視ができます)
豊臣秀吉の大阪城の痕跡がみつかります。現在しられる大阪城は徳川幕府がつくったものです。豊臣の影響を完全にほうむりさることはできませんでした。
本文をよむ

PCR検査・抗原検査・抗体検査があります。偽陽性・偽陰性の可能性があります。定期的な検査が必要です。
本文をよむ

細胞への侵入をふせぐ薬、RNA の複製をふせぐ薬、免疫暴走をふせぐ薬があります。アビガンは継続審議になりました。
本文をよむ

新型コロナワクチンには5種類あります。米国ファイザー社のワクチンは RNA ワクチンです。ワクチンを接種するかどうか、みずから判断します。
本文をよむ

南アメリカ大陸とアフリカ大陸の海岸線の形が一致する事実から大陸移動説を発想しました。〈仮説法→演繹法→帰納法〉とすすみます。3段階循環モデルにより現象の本質にアプローチします。
本文をよむ

静止した被写体なら普通のカメラで撮影できます。3Dカメラをつかえば、被写体がうごいていても撮影できます。3D写真は2D写真よりも現地・現場をリアルに記録し再現できます。
本文をよむ

IMG_5413_4
神代植物公園 大温室・乾燥地植物室
(平行法で立体視ができます)
目から情報をインプットします。観察力がきたえられます。極限の世界が垣間みられます。
本文をよむ

何をつたえたいのか、メッセージをはっきりさせます。「は」と「が」をつかいわけます。アウトプットをすればするほど問題意識がふかまります。
本文をよむ

DSCF0767ba
トーテムポール(国立民族学博物館前庭)
(交差法で立体視ができます)
かつては人間も、自然の体系のなかでくらしていました。文明が発展・拡大すると、素朴な人々は辺境でいきのこります。本当の宝は、おいもとめるものではなく、日々の生活のなかにあります。
本文をよむ

DSCF0764ba
国立民族学博物館の前庭をのぞむ
(交差法で立体視ができます)
山地ヒンドゥー教徒が先住民を支配しました。先住民族運動が活発になってきています。大文明の縁辺では重層文化が発達します。
本文をよむ

DSCF0765ba
会場入口
(交差法で立体視ができます)
アイヌは日本の先住民族です。日本の基層文化にアプローチします。機械文明を、共生と循環の文明へ転換するためのヒントがえられます。
本文をよむ

to は矢印のイメージです。動詞-ing形はリアルな状況をあらわします。イメージして、言葉で表現します。
本文をよむ

未来をイメージします。流れのなかに身をおきます。やる気がでます。
本文をよむ

自然環境と調和したすぐれた文化がありました。同時発生的に世界各地で文明がうまれました。常識がくつがえされ、歴史がかきかえられます。
本文をよむ

< |3 >
本文をよむ

< |2| >
本文をよむ

DSCF0914ab山内丸山遺跡 入口
三内丸山遺跡入口
(平行法で立体視ができます)
大規模な集落が縄文時代にすでにありました。狩猟・漁労・採集にくわえて栽培がおこなわれていました。日本の深層文化にアプローチできます。
本文をよむ

↑このページのトップヘ