発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

情報のインプットがまず必要です。相手とふかくむきあいます。情報処理がすすみます。
本文をよむ

具体的にかんがえ、一般的に表現します。仮説法・演繹法・帰納法が実践できます。ルールがわかると予測ができます。
本文をよむ

森林の伐採などの自然破壊により未知のウイルスが拡散します。常緑広葉樹を中心とした森林を再生します。地道な植林が必要です。
本文をよむ

地球温暖化をふせごうとしています。技術革新、産業・制度の変革、意識改革とすすみます。生活様式を、浪費型から循環型へ転換する必要があります。
本文をよむ

新型コロナウイルスの変異種があらわれました。短期的と長期的の2つの視点が必要です。ウイルスと宿主のしくみを理解して対策をたてます。
本文をよむ

DSCF0607ba
ネパール国立博物館(仏教美術ギャラリー)
(交差法で立体視ができます)
初期仏教(シャカの教え)が部派仏教をへて大乗仏教へ発展しました。中心部(インド)では衰退し、周辺(ネパール・チベット・その他)にのこり発展しました。ドーナツ化モデルにより歴史と地理がむすびつきます。
本文をよむ

少数の原則で日本語も運用できます。原則をつかうとリズムがうまれます。意図があり感情をこめるときには語順を逆にします。
本文をよむ

英語にも法則があります。説明ルールがリズムをうみだします。すべておなじリズムの文です。
本文をよむ

受け答えします。インプットとプロセシングを記憶がつなぎます。人間主体の情報処理がすすみます。
本文をよむ

難攻不落の城郭を地形を利用してつくりました。豊臣の大坂城は地下にねむっています。江戸幕府は豊臣を完全にほうむりさろうとしました。
本文をよむ

交通の要衝でした。地形を利用しました。天下の台所になりました。
本文をよむ

米は、歴史をかえました。稲作文化圏が形成されました。文化が成長します。
本文をよむ

「ワクチン接種群」と「プラセボ群」の2つのグループにわけて臨床試験がおこなわれます。安全性の検証が必要です。みずから主体的に判断します。
本文をよむ

IMG_7549_50
変異の例:ノコリギクワガタ属のオスの大あご
変異・選択・遺伝などの現象があります。それぞれの地域に生態系が形成されます。もと一つのものから分化しつつ、階層構造化するという仮説が検証できます。
本文をよむ

IMG_7456_7
ホロファグス・ペニキラトゥス
(シーラカンス目、中生代ジュラ紀後期、
1.57億〜1.45億年前、ドイツ)
(平行法で立体視ができます)
〈生物-環境〉系を歴史的に検証できます。生物は、海から水辺へ、陸へ、空へと生活の場をひろげました。分化しつつ階層構造化します。
本文をよむ

DSCF0842ab
生命の星・地球博物館入口
(平行法で立体視ができます)
酸素は生物がつくりだしました。地球は〈生物-環境〉系です。物質・エネルギー・情報の循環・変化により「生命の星」が進化します。
本文をよむ

原則がわかれば簡単です。アウトプットのためにインプットします。技術よりも中身のほうが重要になります。
本文をよむ

まずいいきります。そのあとで説明をつけくわえます。情報がながれます。
本文をよむ

↑このページのトップヘ