発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

ドイツ・台湾・韓国の例が参考になります。高齢者の命をかろんじる国、大混乱におちいっている国があります。両極端をしると対策がたてやすくなります。
本文をよむ

IMG_2143_2
国立科学博物館 地球館
「人類の進化」展示室入口
(交差法で立体視ができます)
人類の祖先は、約700万年前のアフリカで、チンパンジーとの共通祖先からわかれました。最初の人類である猿人は二本足で直立してあるきました。手の機能が向上しました。
本文をよむ

3段階モデル(仮説法→演繹法→帰納法)を情報処理の観点からとらえなおします。事実をインプットし、仮説をたて、検証します。眼力・直観・理性が大事です。
本文をよむ

IMG_3616_7
神代植物公園 大温室・ラン室
(平行法で立体視ができます)
ラン科は、植物分類学上もっともおおきな科のひとつです。南極をのぞくすべての大陸の熱帯・亜寒帯にひろく自生します。花がうつくしく、色と形がシンクロナイズします。
本文をよむ

事例をとおして確率がわかります。統計と確率がむすびつきます。未来を予測します。
本文をよむ

ワクチンには、生ワクチン・不活化ワクチン・核酸ワクチンがあり、核酸ワクチンには、DNAワクチン・RNAワクチン・組換えウイルスワクチンがあり、核酸ワクチンに期待がかかりますが、実用化には時間がかかります。
本文をよむ

IMG_1277_8
パタン博物館・建築ギャラリー
(平行法で立体視ができます)
ネワール人の伝統建築や木彫がみられます。ネワールの世界がひろがります。空間に心をくばります。
本文をよむ

DNA 解析技術の進歩により系統学が発展しました。もとはひとつのものから分化・生成・発展しました。相似と相異に着眼して類縁関係をあきらかにします。
本文をよむ

DSCF0655ba
神代植物公園入口 
(交差法で立体視ができます)
さまざまな熱帯・亜熱帯植物がみられます。観察力(インプット力)がつよまります。熱帯の雰囲気が味わえます。
本文をよむ

類似した情報をあつめます。情報のひとまとまりを段落にします。並列的な編集から直列的な表現へすすみます。
本文をよむ

何語であっても重要なことを先にのべることができます。メッセージを明確にします。アウトプット能力をきたえます。
本文をよむ

英文法入門として最適です。はじめて話題にするときに there 文をつかいます。英語にも法則があります。
本文をよむ

テーマ、論点、話の順序だて・転換、まとめ・結論が大事です。ひとまとまりの内容をはなします。ファイルをつくり活用します。
本文をよむ

ヒマラヤ高所での観測がはじまりました。地球温暖化の影響があらわれています。全体をみて、部分をみると、本質がわかります。
本文をよむ

幻の動物・ユキヒョウの生態がわかってきました。生息域がうしなわれつつあります。ユキヒョウと住民が「家畜保険」で共存します。
本文をよむ

氷河が縮小・後退しています。「氷の仏塔」をつくり水不足にそなえます。地球温暖化に警鐘をならしています。
本文をよむ

地球温暖化により氷河が縮小し水不足になります。土木事業と国際紛争が問題を複雑にします。水利体系のみなおしが必要です。
本文をよむ

ヒラリーとテンジンがエベレストに登頂する前にマロリーとアービンが初登頂していたかもしれません。パイオニアワークは歴史をきざみます。真実をもとめて調査がつづきます。
本文をよむ

↑このページのトップヘ