発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

IMG_9537_6
「太陽系」展示コーナー
国立科学博物館・地球館(地下3階)
(交差法で立体視ができます)
分化しつつ体系化します。法則がはたらき個性がうまれます。普遍性と多様性があります。
本文をよむ

帰納法をつかって法則性をあきらかにします。演繹法をつかって予測します。第5波がやってきます。
本文をよむ

きまった場所にほうりこみます。原理・原則をしって学習を加速します。英語観がかわります。
本文をよむ

IMG_6042_3_edited-1
乾燥地植物室
(平行法で立体視ができます)
乾燥地への適応がみられます。自然の造形美におどろかされます。極限の環境をしり、地球の理解がふかまります。
本文をよむ

並列的な編集から直列的な表現へすすみます。類似した情報をひとまとまりにして段落にします。情報を統合します。
本文をよむ

係助詞「は」は題目をあらわします。格助詞「が」は主格をしめします。 係助詞「は」は、格助詞「が」「の」「に」「を」を兼務します。
本文をよむ

密集してくらす人々に感染症がひろがります。交易の発展と人々の移動が感染を拡大します。格差社会は脆弱です。
本文をよむ

基本文型を習得します。配置をイメージしポンといれます。応用がききます。
本文をよむ

氷河は気候変動のバロメーターであり、水源です。氷河が縮小し、長期的には水不足になります。
本文をよむ

DSCF0943ba
デイノスクス(生体模型)
(交差法で立体視ができます)
生き物たちはつながっていきています。生態系は均衡をたもとうとします。生態系からヒトははずれました。
本文をよむ

IMG_9105_6
國學院大學博物館(入口)
(平行法で立体視ができます)
縄文時代早期、約8300年前の埋葬人骨が多数出土しました。定住化への途上にありました。マメの利用がはじまっていました。
本文をよむ

説明は後ろにおきます(説明ルール)。指定は前におきます(指定ルール)。語順ルールが学習を加速します。
本文をよむ

IMG_2428_7
原人、旧人、旧人/新人の頭骨(左から)
(140万年前・タンザニア、約60万年前・ザンビア、約20万年前・モロッコ)
(交差法で立体視ができます)
新人(ホモ・サピエンス、ヒト)の進化と拡散を追体験します。技術革新をくりかえしました。 文化を発展させることによって地球上のほとんどの環境に適応しました。
本文をよむ

主体性をのばす教育が重視されるようになりました。主体と環境がつくる場がいきる場です。〈インプット→プロセシング→アウトプット〉を実践します。
本文をよむ

インプット、プロセシングときたらアウトプットです。情報処理を完結させます。あらたなインプットがはじまります。
本文をよむ

目に光がはいってくる段階と立体像が生じる段階があります。インプットとプロセシングをむすびつけます。情報処理を自覚します。
本文をよむ

IMG_3865_6
東京都写真美術館
(平行法で立体視ができます)
集大成となる写真展です。地球を再発見し、人間性を回復します。地球は創造の場です。
本文をよむ

英語の音声変化のルールを習得します。インプットとプロセシングをむすびつけます。アウトプット能力もたかまります。
本文をよむ

↑このページのトップヘ