発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

推理の方法がわかります。〈仮説→推論→検証〉とすすみます。何度みてもたのしめます。
本文をよむ

IMG_1420_19
東洋文庫ミュージアム・第1展示室
(交差法で立体視ができます)
それぞれの古地図は歴史の断面をあらわします。古地図を多数ならべると都市の変遷がわかります。空間と時間がむすびつきます。
本文をよむ

IMG_1330_1
実験「光・重力と植物」
(平行法で立体視ができます)
植物も〈インプット→プロセシング→アウトプット〉系です。さまざまな環境に適応します。しくみがわかれば身近に感じられます。
本文をよむ

生物と環境に原始地球は分化しました。生物-環境系に地球はなりました。遺伝的変異と環境変動が同時化して大進化がおこります。
本文をよむ

DSCF1027ab
会場入口
(平行法で立体視ができます)
植物の世界を堪能します。酸素と有機物をうみだします。動物の命をささえます。
本文をよむ

はげしい運動はしない。入浴は適度に。トイレでは力まない。過労・飲酒・喫煙をさけ、規則ただしいストレスのない生活をする。
本文をよむ

関係代名詞も関係副詞も「説明ルール」でのりきれます。例外はありません。ますます学習が加速します。
本文をよむ

DSCF1025ba
東京国立博物館・平成館
(交差法で立体視ができます)
法隆寺は607年に創建され、670年に焼失、8世紀初頭に再建されました。再建法隆寺は、聖徳太子一族のための鎮魂寺ではないでしょうか。検証します。
本文をよむ

DSCF1041ab
食虫植物展の会場
(平行法で立体視ができます)
虫のつかまえ方には、ねばりつけ式、閉じ込み式、吸い込み式、落とし穴式があります。
本文をよむ

イメージを言葉に、言葉をイメージに変換します。構造的情報のなかに点的情報をうめこみます。ストーリー化します。
本文をよむ

立体視をすると、見えなかったものが見えてきます。対象とともに環境もわかります。空間のなかで対象が位置づけられます。
本文をよむ

IMG_6052_1
咲くやこの花館「高山植物室」
(交差法で立体視ができます)
標高が気温をきめます。森林限界をこえます。高地への適応がみられます。
本文をよむ

IMG_0468_9
十一面観音菩薩立像
(東京芸術大学による模刻、平成館休憩室に展示)
(平行法で立体視ができます)
自然信仰がありました。仏教と融合しました。東洋の文化は重層文化です。
本文をよむ

単純さに気がつけばわかりやすい文がすぐに書けます。基本的には、語順、テン、「〜は」、「〜が」だけです。心の整理がすすみます。
本文をよむ

日本語訳を頭からおいだします。英語の意識の流れに集中します。単純さに気がつくと学習が加速します。
本文をよむ

DSCF0999ba
東京国立近代美術館
(交差法で立体視ができます)
インプットから情報処理がはじまります。インプットから独創がうまれます。環境と調和します。
本文をよむ

▼ 移転しました
https://tanokura.net/earth/whole-history-atlas/



DSCF0963ab
ショクダイオオコンニャク
(平行法で立体視ができます)
世界で一番おおきな花です。スマトラ島に自生する絶滅危惧種です。記憶の目印になります。

本文をよむ

↑このページのトップヘ