発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

目に光がはいってくる段階と立体像が生じる段階があります。インプットとプロセシングをむすびつけます。情報処理を自覚します。
本文をよむ

IMG_3865_6
東京都写真美術館
(平行法で立体視ができます)
集大成となる写真展です。地球を再発見し、人間性を回復します。地球は創造の場です。
本文をよむ

英語の音声変化のルールを習得します。インプットとプロセシングをむすびつけます。アウトプット能力もたかまります。
本文をよむ

IMG_9029_30
岩手県釜石市立鵜住居小学校の「時計」
(平行法で立体視ができます)
歴史的な大災害となりました。自然の物理的観測には限界があります。自然史の長大なスケール感を身につけます。
本文をよむ

DSCF0932ba
会場入口
(交差法で立体視ができます)
化石が発見され、その後、まだ生きていることがわかりました。自然史をしるための手がかりがえられます。環境の変遷がわかります。
本文をよむ

指定ルールに助動詞はしたがいます。語順の練習をします。意識の流れとイメージ連想法はあらゆる分野で役立ちます。
本文をよむ

語順の練習をします。会話の流れが大事です。情報を統合してアウトプットします。
本文をよむ

IMG_3790_1
震災当時に採取した “黒い津波”
(平行法で立体視ができます)
震災発生当時の状況を追体験します。東京電力福島第一原子力発電所の事故が被害を拡大しました。教訓をいかしてあらたな災害にそなえます。
本文をよむ

IMG_5851_2
ネペンテス・エイマエ
(ウツボカズラ科、インドネシア)
(交差法で立体視ができます)
熱帯の花木や果実がみられます。赤道付近の風景が想像できます。植物は環境の指標(目印)でもあります。
本文をよむ

DSCF0800ab
咲くやこの花館
(平行法で立体視ができます)
さまざまな植物を比較することができます。植物の多様性がわかります。地球の気候帯が実感できます。
本文をよむ

情報処理(インプット→プロセシング→アウトプット)の一環として記憶法にとりくみます。記銘→保持→想起とすすみます。よくできたアウトプットにつなげます。
本文をよむ

人間は、情報処理(インプット→プロセシング→アウトプット)をする存在です。プロセシングが睡眠中におこります。睡眠を改善すれば情報処理がすすみます。
本文をよむ

直列処理よりも並列処理のほうが情報処理がすすみます。全体のバランスと調和をかんがえます。複数の課題を設定します。
本文をよむ

前においた修飾語句は後ろを指定します。2つのルールが英語にはあります。ルールがわかるとすすんでいけます。
本文をよむ

情報のインプットがまず必要です。相手とふかくむきあいます。情報処理がすすみます。
本文をよむ

具体的にかんがえ、一般的に表現します。仮説法・演繹法・帰納法が実践できます。ルールがわかると予測ができます。
本文をよむ

森林の伐採などの自然破壊により未知のウイルスが拡散します。常緑広葉樹を中心とした森林を再生します。地道な植林が必要です。
本文をよむ

地球温暖化をふせごうとしています。技術革新、産業・制度の変革、意識改革とすすみます。生活様式を、浪費型から循環型へ転換する必要があります。
本文をよむ

↑このページのトップヘ