発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

タグ:Mac

映画『スティーブ・ジョブズ』を見て、ビジョンをえがき、全体をデザインし、自分らしいライフスタイルを生みだすことが大切だとおもいました。


2016年2月12日、映画『スティーブ・ジョブズ』(注1)が公開されたので見にいきました。スティーブは、米国アップル社の共同設立者のひとりであり、現代の高度情報化社会をきりひらくうえでもっとも重要な役割をはたした人物のひとりです。没後5年、非常に多くがかたられて歴史的な人物になりつつあります。

今回の映画は、「人間スティーブ」の内面にユニークな手法でスポットライトをあてたヒューマンドラマになっていて、ドキュメンタリーではなくひとつの「作品」としてたのしむことができました。




映画のなかでは、スティーブのつぎの言葉が印象にのこりました。


オーケストラの指揮者・小澤征爾の表現力はすばらしい。彼に、指揮者とメトロノーム(注2)とのちがいは何かと聞いてみたよ。そうしたら征爾は、「わたしはオーケストラを演奏する」とこたえたんだ。


「わたしはオーケストラを演奏する」。どういうことでしょうか。

オーケストラ(管弦楽団)は通常は、数十人から100人程度のさまざまな楽器の演奏者によって構成されています。指揮者は、そのオーケストラ全体を統率して各楽器の音をまとめあげ、たとえば壮大な交響曲をひとつの芸術作品に仕上げる仕事をします。それぞれの楽器の演奏はそれぞれの奏者にまかせて、全体的なことをするのが指揮者であって、たとえば大太鼓のところに行ってみずから大太鼓をたたたりはしません。

スティーブは征爾の言葉をなぜもちだしたのか。それは、自分のやるべきことは「指揮者」の仕事であって、大太鼓をいかにうまくたたくかではないということをつたえたかったからではないでしょうか。




スティーブの仕事はビジョンをえがいて全体をデザインすることです。オーケストラでいえば指揮者のような仕事です。オーケストラにおいて個々の楽器の演奏者がいかに優秀であっても、指揮者が、完結した一本の作品に全体をまとめあげられなければ交響曲にはなりません。オーケストラは個々の楽器の単なる機械的な集合ではないのです。

これとおなじでコンピューターも、個々の部品がいかによくできていても、ビジョンをえがき、全体をデザインし、システムとして完結・完成させる人がいなければうまくいきません。個々の部品をつくっている人々は往々にして、ビジョンがなかったり全体が見えていないものです。




スティーブはひとつの完結した作品、ひとつの芸術作品の製作を目指しました。機械化・自動化ではなくアート化を目指しました。そこにはうつくしさが必要でした。コンピューターを、データ処理の単なる機械とは位置づけていなかったのです。

したがって互換性やオプションの豊富さをもとめた常識的なエンジニアとはちがいました。効率化をもとめるのともちがいました。

今日、機械的にデータを処理すればよいという時代はおわりつつあり、自分らしい情報処理を追求する方向に時代は転換しつつあります。スティーブのやり方からは多くのことがまなべるとおもいます。
 



そしてその先には、あたらしいライフスタイルがあります。スティーブは人間社会の未来をどのように予想したか。スティーブとアップルのたどった道のりを見ながらわたしたちも想像することができます。

人間社会の未来を想像しながら、自分自身のライフスタイルを主体的に生みだすことは重要なことです。自分の人生のビジョンをえがき、自分らしい生き方を見いだしていく。そのためには自分の心に素直になる必要があります。




わたしは1990年代からアップルを首尾一貫してつかいつづけてきました。わたしはアップルがいいとおもってつかってきましたが、日本においては一流とされる組織の日本人コンピューター技術者と教授から、「アップルなんかつかってたらダメだよ。いつつぶれるかわからないんだから」と注意をうけていました。実際、ある組織においてシステムを開発しようとしたときにはウインドウズを無理やりつかわされました。しかしわたし個人とわたしの研究所はアップルをつかいつづけ、これでよかったとおもっています。

アップルをつかってきて効果や成果があがったということもありますが、それよりもおもしろい、たのしめたということがあります。いま映画を見てこれまでをふりかえってみても一番 感じることです。たのしみや よろこびやワクワク感。これがビジョンにつながります。スティーブに感謝です。

日本人の技術者や専門家は、真面目ではあるのですが心がとてもかたくなっているとおもいます。ここに、日本の専門家からは発想がでてこなかった大きな理由があったのだとおもいます。やわらかい心をもつことが大切でしょう。




映画をみればわかるように、スティーブは天才であり同時に変人でした。わたしたち一般の者はスティーブのようにはなかなかなれません。

一般の人は論理的にかんがえて目標を達成しようとしますが、天才は、理屈や論理ではなく直観で先を見ています。見ているというよりも見えてしまうのです。

今回の映画では、このようなスティーブの姿が、スティーブのプレゼンテーションの舞台裏をえがくという異色の手法で表現されていました。これはドラマですから、映画を見る人それぞれにうけとめ方や感じ方があっていいとおもいます。自分自身が何を感じ、何をかんがえるかが大事でしょう。


▼ 注1:映画『スティーブ・ジョブズ』
原題:Steve Jobs
監督:ダニー=ボイル
脚本:アーロン=ソーキン
出演:マイケル=ファスベンダー、ケイト=ウィンスレット、セス=ローゲン、ジェフ=ダニエルズ 他

▼ 公式サイト

▼ 注2
メトロノームとは、音楽のテンポを客観的に示す機械。

▼ 関連記事
発明の流れを言葉でとらえる 〜『スティーブ・ジョブズ名語録』〜
顧客の暮らしを豊かにする -アップルのビジョン-
Mac と iOS 􏰀􏰀端末との連携機能を体験する - アップルストア表参道 -
クラウド時代のビジョンをえがく -「新しいMacBook」が登場 -
モノをみて、背後にあるシステムを想像する -『アップルのデザイン戦略』-

日本の過去の優良企業はイノベーションのジレンマにおちいっている
ソニーからグーグルへ - 情報産業のステージへ転換 - 〜辻野晃一郎著『グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた』〜



Mac では、Control キーと組み合わせたショートカットをつかうと日本語で文章を書くときに便利です。

Mac OS X El Capitan になってライブ変換機能が追加され、日本語で文章を書くのがはやくなりました。日本語をさらに快適に打つために、Control キーとの組み合わせショートカットをつかうと便利です。

US English キーボードをつかっている人は、caps lock キーを control キーに設定します。

「システム環境設定」→「キーボード」→「修飾キー」

151222 キーボード

「Caps Lock キー」を「Control」に変更します。
151222 Capslock


便利なショートカット

Control + a 行頭に移動(a: アルファベットの最初の文字)
Control + e 行末に移動(e: end)

Control + f 1文字すすむ(f: forward)
Control + b 1文字もどる(b: backward)

Control + n 次の行(n: next)
Control + p 前の行(p: previous)

Control + k カーソル位置から行末までを削除(kill)
Control + y その削除したものを貼り付ける(yank)

Control + h カーソルから1文字もどって削除
Control + d カーソルから1文字先を削除


ホームポジションからの移動がほとんど必要なくなるので便利です。





Mac OS では「3本指のドラッグ」もつかうと便利です。

最新の Mac OS X El Capitan では「3本指のドラッグ」が初期設定されていないようです。「3本指のドラッグ」の設定は以下のようにします。


1.システム環境設定」から「アクセシビリティ」をクリックします。

42
図1 「システム環境設定」の「アクセシビリティ」をクリック 



2.マウス/トラックパッド」を選択し、「トラックパッドオプション」をクリックします(図2)。

29
 図2 「マウス/トラックパッド」の「トラックパッドオプション」をクリック



3.ドラッグを有効にする」にチェックを入れ、「3本指のドラッグ」を選択します(図3)。「ドラッグあり」を選択すると通常のドラッグになります。

02
図3 「3本指のドラッグ」を選択



4.3本指のドラッグ」を選択すると、「Mission Control」の操作は「4本指で上にスワイプ」に、「アプリケーション Expose」の操作は「4本指で下にスワイプ」にそれぞれ自動的に変更になります。「システム環境設定」から「トラックパッド」で確認してください。

41


ウインドウ移動するとき(注)や Google マップ を閲覧するときや「編集」で「選択」するときなどに「3本指のドラッグ」が便利だとおもいわたしはつかっています。Google マップの閲覧時に場所を自在に移動できるのは特によいです。興味のある方はためしてみてください。

アクセシビリティ」の設定はその他もいろいろできるので、自分にとってもっともつかいやすいように試行錯誤のうえ設定すればよいでしょう。



▼ 注
ウインドウを移動するときはウインドウ・バーを3本指でドラッグします。

▼ 関連記事
Mac OS X を最新版「El Capitan」にアップグレードする
ワーキングスペースのなかで情報を並列処理する - Mac OS X El Capitan -
机の上から解放される - Mac OS X El Capitan -
情報を並列処理する - ミッションコントロール -
Mac OS X El Capitan のライブ変換機能をつかって日本語を書く
Mac のメンテナンスをする - Mac OS X El Capitan -

アップル「Magic Trackpad 2」をつかって作業スペースを拡大する
ノートブックスタンドをつかって作業スペースをひろげる - Twelve South HiRise for MacBook -





Mac OS X の最新バージョン「El Capitan」の日本語「ライブ変換」機能をつかうと日本語がスムーズに書けます。

Mac OS X El Capitan をインストールしてから約4週間がたちました。 El Capitan のあたらしい機能のなかには日本語の「ライブ変換」という機能があり、今回の OS のアップグレードのなかではこれがもっとも大きな進歩だったと感じています。

これまでの日本語システムは、平仮名を打つ →「スペース」で漢字に変換 →「return」で確定でしたが、「ライブ変換」ではキーを打ちつづけるだけで自動的に漢字に変換されます。平仮名がづっとつづいて最後に漢字になるということでもありません。そして文章がある程度ながくなってくると自動的に確定されます。ただし適切に変換されなかった箇所があった場合には矢印キーをつかってアンダーバーを移動させてスペースキーで再変換できます。

スペースキーをおさずに漢字に変換されていくということは、スペースキーをおしながら変換候補のなかから言葉を選択する必要がないということであり、これによって思考が中断することなくスムーズに書けるといった感じです。


このようなことができるようになったのは変換精度が非常に高くなりそして学習機能が強力にはたらくからであって、Mac OS の機能がそれだけ進歩したということです。iPhone ユーザーの文字変換傾向などを読みとって、それをとりいれたからではないかとも言われています。

アルファベットとはちがい、コンピューターではとりあつかいにくい仮名漢字まじりの日本語という複雑な言語にとりくむうえで「ライブ変換」は大きな進歩の一つになったのではないでしょうか。

ただし「なんだかつかいにくい」という人は、メニューから「ライブ変換」のチェクをはずして従来通りにすることもできます。とくに自宅では Mac、職場では Windows という場合は、Windows にはライブ変換がないのでこんがらがってしまうということがあるかもしれません。そのようのときにはオフにできます。

01

 
▼ 関連記事
Mac OS X を最新版「El Capitan」にアップグレードする
ワーキングスペースのなかで情報を並列処理する - Mac OS X El Capitan -
机の上から解放される - Mac OS X El Capitan -
情報を並列処理する - ミッションコントロール -
Mac OS X El Capitan のライブ変換機能をつかって日本語を書く
Mac のメンテナンスをする - Mac OS X El Capitan -

アップル「Magic Trackpad 2」をつかって作業スペースを拡大する
ノートブックスタンドをつかって作業スペースをひろげる - Twelve South HiRise for MacBook -

本多勝一著『日本語の作文技術』をつかいこなす - まとめ -


▼ 追記
日本語で書くという行為は、人間の情報処理でいうと情報をアウトプットするということです(下図)。

151202 日本語
図 日本語で書くことは情報をアウトプットすること





Mac は、再起動、セーフモード、First Aid などをつかって定期的にチェック、メンテナンスをするとつねに快適につかえます。

Mac は毎日つかいつづけていると調子がわるくなることがあります。わたしは以下のメンテナンスを定期的におこなうようにしています。あたらしい OS をインストールする前にもおこなった方がよいです。

1.再起動する
現在のマックは、つかっていないときでも電源をおとさないでスリープモードにしておき、いつでもすぐにつかえる状態にしておきます。しかしスリープモードを長期間つかっていると徐々に反応がわるくなってきます。

反応がわるいなと感じたら Mac を再起動します。特別に反応がわるくなくても1週間に1回は再起動をするように習慣づけておくとよいです。



2.セーフモード:Mac を起動して「Shift」キーを押すだけ!
Mac が起動できないなどのトラブルの際に使用する特殊な起動モードとして「セーフモード」がありますが、これは、Mac のメンテナンスのためにもつかえます。セーフモードはセーフブートとよばれることもあります。

  • Mac を起動または再起動し、起動音がきこえたらすぐに「shift」キーをおしてそのままにします。
  • Apple ロゴが画面に表示されたら「shift」キーをはなします。
  • しばらくするとログイン画面右上に「セーフブート」と赤字で表示されます(下の写真)。
  • これで終了です。
  • あとは普通に再起動します。

2週間に1回ぐらいは実行したほうがよいです。


IMG_3284


アップルによると、セーフモードで起動するとつぎの処理がおこなわれます。
  • 起動ディスクを検証して、必要に応じてディレクトリの問題の修復を試みる。
  • 必要なカーネル機能拡張のみを読み込む。
  • 起動項目とログイン項目が自動的に開かないようにする。
  • ユーザがインストールしたフォントを無効にする。
  • フォントキャッシュ、カーネルキャッシュ、およびその他のシステムキャッシュファイルを削除する。



3.ディスクユーティリティをつかう
  • 「アプリケーション」から「ディスクユーティリティ」を起動します。
  • 画面左上にある「First Aid」ボタンをクリックすると「First Aid」が実行されます。
  • 問題なければそのまま完了をクリックしておわりです。問題があれば自動的に修復をこころみます。

151115



4.それでも不具合が解消されない場合
  • マックを再起動し、すぐに「command + R」キーを押したままにします。
  • Apple ロゴが表示さされるまでこれらのキーを押し続けます。
  • これで、コンピュータを復元から起動できます。
  • 「OS X ユーティリティ」ウインドウが表示されます(下の写真)。
  • (ユーティリティウインドウではなく、ログイン・ウインドウやデスクトップが表示された場合は、「command + R」をおすのがおそすぎたとかんがえられます。コンピュータを再起動してもう一度やりなおしてください。)
  • ディスクユーティリティを選択して First Aid を実行します。

IMG_3283

復元から起動して OS が動いていない状態で First Aid を実行すると OS が動いている際には処理できない範囲を修復できます。



5.アップルストアに連絡する
それでももしエラーがでるようでしたら、Apple Store の Genius Bar を予約してMac をみてもらいます。

Genius Bar:Apple製品のサポートを受けるなら、ここが最高の場所です >>



▼ 関連記事
Mac OS X を最新版「El Capitan」にアップグレードする
ワーキングスペースのなかで情報を並列処理する - Mac OS X El Capitan -
机の上から解放される - Mac OS X El Capitan -

情報を並列処理する - ミッションコントロール -

アップル「Magic Trackpad 2」をつかって作業スペースを拡大する
ノートブックスタンドをつかって作業スペースをひろげる - Twelve South HiRise for MacBook -


Sponsored Link


ノートブックスタンド「Twelve South HiRise for MacBook」をつかうと作業スペースがひろがり、最新のアップル「Magic Trackpad 2」 もつかいやすくなります。

MacBook Pro で、Magic Trackpad 2 とMagic Keyboard をつかうため(特に、Magic Trackpad 2 をつかうため)にノートブックスタンドを購入しました。Magic Trackpad 2 は、MacBook Pro のトラックパッドよりも面積が大きく、性能もよいのでつかう価値があります。
 

IMG_4022
Twelve South HiRise for MacBook


MacBook Pro を机の上に直においていたときよりもスペースがひろがりいろいろな作業がやりやすくなりました。

このスタンドの特徴は、自分のこのみの高さに高さを調節できるところにあります。約 9cm〜14cm のあいだで自由に高さが変えられます。


IMG_4025b
高さの調整ができる 
 

MacBook 用となっていますが普通の PC でもつかえます。独特のV字形状の設置面にはソフトシリコンがついていて上にのせた MacBook などがずれにくくなっています。

パソコンスタンドをつかうのでしたらこれがおすすめできます。


▼ 関連記事
アップル「Magic Trackpad 2」をつかって作業スペースを拡大する

Mac OS X を最新版「El Capitan」にアップグレードする
ワーキングスペースのなかで情報を並列処理する - Mac OS X El Capitan -
机の上から解放される - Mac OS X El Capitan -


Sponsored Link


151112
Mission Control で複数のウインドウを操作する


Mac OS X「El Capitan」でメニューバーと Dock を「隠す」設定にして「Mission Control」をつかえば、大きなワーキングスペースのなかにいくつものウインドウを空間配置して情報の並列処理をおこなうことができます。

最新の Mac OS X「El Capitan」では「メニューバーを自動的に隠す/表示」に設定することができます。「システム環境設定」→「一般」から「メニューバーを自動的に隠す/表示」にチェックをいれます。「Dock を自動的に隠す/表示」とおなじ挙動をするようになります(注)。

Mac OS X を最新版「El Capitan」にアップグレードする >>

メニューバーと Dock の両方を「自動的に隠す/表示」の設定にしておくとデスクトップのスペースをフルにつかうことができます。これで、アプリのウインドウの全画面表示のボタンをクリックしなくても全画面表示ができます。あるいは画面分割(Split View)もでき、2分割だけでなく3分割などもできます。

仮想デスクトップをたくさんならべて Mission Control でコントロールするということは従来の OS でもできましたが、メニューバーをかくす設定がくわわったことにより操作が一層やりやすくなりました。
 
メニューバーと Dock をかくしたりアプリのウインドウの全画面表示を採用すると、仮想デスクトップがいくつもならんでいるというよりも、ことなる複数のアプリのウインドウが配列しているということになります。たくさんのウインドウが空間配置されているというイメージです。これは、デスクトップの上で作業をすすめるという従来の仕事のやり方からは大きく進歩することを意味します。

このあたらしい仕組みは、いくつものプランを並列的にうごかしたり、複数の仕事を同時並行的に処理していくためにとても役立ちます。つまり情報の並列処理(並列的なプロセシング)が容易になるのです。

並列ということは直列ではないということです。多くの人々は、一つの仕事が完全におわってから次の仕事にうつるという直列的なやり方はしていないでしょう。いくつかの仕事を同時にかかえているというのが普通の人です。生徒や学生もいくつもの科目を同時並行的に勉強しなければなりません。今週は国語、来週は数学、来月は社会・・・というわけにはいきません。

あたらしい OS を利用すれば、大きなワーキングスペースのなかにいくつものウインドウが空間配置されているとイメージすることができ、並列的に情報を処理していくことが可能になります。プロセシングの基本は並列処理にあることをあらためて意識するとよいでしょう。


▼ 注
Dock の挙動も「システム環境設定」で設定できます。

▼ 関連記事
情報を並列処理する - ミッションコントロール -

Mac OS X を最新版「El Capitan」にアップグレードする
ワーキングスペースのなかで情報を並列処理する - Mac OS X El Capitan -
机の上から解放される - Mac OS X El Capitan -


Sponsored Link


Sponsored Link

↑このページのトップヘ