発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

タグ:防災法

地球温暖化が “異常気象” をもたらします。 “異常気象” は普通の気象になりました。水害が毎年おそってくるという前提のもとで対策をたてます。
続きを読む

地球温暖化にともない海の温暖化もすすみます。毎年、豪雨がおそってきます。これまでの常識は通用しません。
続きを読む

梅雨前線が停滞しています。積乱雲の群れ(線状降水帯)が豪雨をもたらします。地球温暖化も影響しています。
続きを読む

DSCF0071ab
地質標本館 
(平行法で立体視ができます)
長期間にわたる安定のあとに急激な変動がおこります。変わるべきときがきたら一気に変わります。自然には飛躍があります。
続きを読む

鬼海カルデラの調査がすすみます。超巨大カルデラの構造と噴火のしくみがわかりました。巨大噴火はこれからもおこります。
続きを読む

仮説法・演繹法・帰納法をつかうと予測ができます。あらたな前提としてカオス(渾沌)があきらかになりました。たえず現状を確認し、災害にそなえます。
続きを読む

ヒマラヤの氷河がとけて氷河湖がふえています。氷河湖の水位が上昇すると氷河湖決壊洪水がおこります。防災のためには予測が必要です。
続きを読む

廃炉のためには、核燃料のとりだし、燃料デブリの回収、トリチウム水の処理が必要です。当初の予定よりも作業がおくれています。安全はかえても、安心はかえません。
続きを読む

大震災時には、防火樹林帯の有無が生死をわけます。植樹活動が必要です。
続きを読む

DSCF9534ab
地球モデル
(平行法で立体視ができます)
複雑系である地球の現象を動的立体モデルで理解できます。どのような状況に自分がおかれているかをしり、危険の種に気づき、対策をたてます。
続きを読む

DSCF9513ab
「100億人でサバイバル」(日本科学未来館)
(平行法で立体視ができます)
安全な場所をまずは確保することがサバイバルのために必要です。自然災害とともに、機械文明がもたらす危険にもそなえなければなりません。いずれまた大事故がおこります。
続きを読む

明治神宮の森も鎮守の森です。人々の命をまもる鎮守の森を未来につたえていきます。
続きを読む

自然現象にはゆらぎがあります。気象予測は完璧ではありません。直観もはたらかせてはやめはやめに判断し避難します。
続きを読む

スマートフォンなどで気象情報サイトをこまめにチェックするようにします。局所情報がとくに役立ちます。
続きを読む

地表付近では、高気圧から低気圧にむかって風がふきます。4つの高気圧が日本の四季を決定づけます。天気は西からかわります。
続きを読む

雲と雨のしくみをしっておくと天気予報がよくわかります。とくに積乱雲に注目します。すぐに避難できるようにそなえます。
続きを読む

通常とはタイプのことなる大地震が発生しました。どこにいても大地震がいつおそってくるかわかりません。そなえておく必要があります。
続きを読む

気象学の基本知識を身につけておくと天気予報がよくわかります。
続きを読む

ハザードマップをあらかじめみておきます。天気予報をみて梅雨前線に注目します。大雨特別警報がでたらただちに避難します。
続きを読む

「重ねるハザードマップ」を国土交通省が公開しています。土石流や斜面崩壊・洪水などの警戒区域をみることができます。迅速な避難につなげてください。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ