発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

タグ:防災法

大震災時には、防火樹林帯の有無が生死をわけます。植樹活動が必要です。
続きを読む

DSCF9534ab
地球モデル
(平行法で立体視ができます)
複雑系である地球の現象を動的立体モデルで理解できます。どのような状況に自分がおかれているかをしり、危険の種に気づき、対策をたてます。
続きを読む

DSCF9513ab
「100億人でサバイバル」(日本科学未来館)
(平行法で立体視ができます)
安全な場所をまずは確保することがサバイバルのために必要です。自然災害とともに、機械文明がもたらす危険にもそなえなければなりません。いずれまた大事故がおこります。
続きを読む

明治神宮の森も鎮守の森です。人々の命をまもる鎮守の森を未来につたえていきます。
続きを読む

自然現象にはゆらぎがあります。気象予測は完璧ではありません。直観もはたらかせてはやめはやめに判断し避難します。
続きを読む

スマートフォンなどで気象情報サイトをこまめにチェックするようにします。局所情報がとくに役立ちます。
続きを読む

地表付近では、高気圧から低気圧にむかって風がふきます。4つの高気圧が日本の四季を決定づけます。天気は西からかわります。
続きを読む

雲と雨のしくみをしっておくと天気予報がよくわかります。とくに積乱雲に注目します。すぐに避難できるようにそなえます。
続きを読む

通常とはタイプのことなる大地震が発生しました。どこにいても大地震がいつおそってくるかわかりません。そなえておく必要があります。
続きを読む

気象学の基本知識を身につけておくと天気予報がよくわかります。
続きを読む

ハザードマップをあらかじめみておきます。天気予報をみて梅雨前線に注目します。大雨特別警報がでたらただちに避難します。
続きを読む

「重ねるハザードマップ」を国土交通省が公開しています。土石流や斜面崩壊・洪水などの警戒区域をみることができます。迅速な避難につなげてください。
続きを読む

現場写真と Google Earth をつかって土砂災害について検証しました。天気予報をみるだけでなく、居住地の地形と地質をあらかじめ確認しておきます。大雨警報が発令されたら安全な場所に避難します。
続きを読む

「不条理」には、天災のみならず、人間がつくりだす不条理もあります。「ペスト」とは不条理の象徴です。内なる「ペスト」を誰もがもっています。
続きを読む

福島の教訓を後世にいかさなければなりません。住民・国民はだまされてはならず、おなじ失敗を絶対にくりかえしてはなりません。
続きを読む

放射性物質の半減期とその挙動をしり、それられがおよぼす被害について理解することが重要です。
続きを読む

除染作業によって生じた汚染土を資源として再利用しようとする計画があります。汚染土をとおして放射性物質がふたたび拡散するようなことがあってはなりません。
続きを読む

被災地域の、野生のきのこ・山菜、野生鳥獣の肉は食べられません。検査方法と基準値を知り、内部被曝をさけるようにします。
続きを読む

放射線の人体への悪影響を知り、測定・検査をつづけ、公開情報を継続的に監視し、安全な食品を食べるようにします。
続きを読む

放射能汚染について基礎的な知識を身につけ、情報の完全公開をもとめ、まずは事実を知るようにします。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ