発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

タグ:英会話

文型の意味をまず理解します。文型は「設計図」です。「設計図」にポンポンと英単語をいれていきます。
続きを読む

メッセージを相手につたえるとき、例示と比喩をつかいます。類比法の練習になります。対照表現や比較表現にも発展します。
続きを読む

しりたい、つたえたいという気持ちが大事です。情報の流れを重視します。すぐに反応します。
続きを読む

イメージで理解します。中核イメージをまず身につけ、用途をひろげます。あらゆる表現のためにイメージが役だちます。
続きを読む

文法力と単語力をふまえ、会話のながれをつくります。スキットの場面を想像しながら発声練習をします。それぞれ場面を心のなかにファイルします。
続きを読む

英語も、日本語と同様に、相手に配慮し、状況に応じた表現ができます。言葉は思いの表層構造です。言葉のちがいをこえてコミュニケーションができます。
続きを読む

定型表現は「大きな単語」です。すぐにつかえ、役立ちます。コミュニケーションがすすみます。
続きを読む

イメージをつかって直観的に理解します。言葉や理屈だけにたよるのはよい方法ではありません。イメージを言葉にしてアウトプットします。
続きを読む

ひとつのイメージから、さまざまな意味やつかい方がひろがります。単純なイメージは本質をあらわします。英会話を練習しながらイメージ訓練ができます。
続きを読む

形容詞は名詞を修飾する要素であり、印象をあらわす単語です。イメージ(絵)をみたときの印象を大切にします。印象をつかって効果的に学習をすすめます。
続きを読む

スキットを想像します。キーフレーズを見出しにします。情報をひとまとまりにして記憶(ファイル)します。
続きを読む

イメージで単語をとらえます。動詞の意味とつかわれる文の形は密接につながっています。まとめて類語をおぼえます。
続きを読む

繊細な意味をはこぶ「レベル2動詞」もイメージをつかえば容易に習得できます。プログラムにしたがって練習すればおのずと身につきます。イメージと文型をむすびつけます。
続きを読む

段落を要約します。類似性に注目してグループ編成をし、文章化します。本文の内容をふかめます。
続きを読む

似た情報(文)をあつめて段落をつくります。ひとつのグループがひとつの段落になります。断片的情報を体系化できます。
続きを読む

それぞれの単語にイメージがあります。イメージと文型がシンクロナイズします。配置の原理が言語にはあります。
続きを読む

イメージをうごかします。想像します。類推します。
続きを読む

言葉をきいてイメージします。イメージして発音します。必要なのは決断だけです。
続きを読む

日本語訳ではなくイメージをつかって英語をまなびます。at, in, among, between, by, until, during, over, on, into をイメージします。しっくりくるまで練習します。
続きを読む

語順の習得訓練を優先させます。「指定ルール」「説明ルール」を理解し、英語のリズムを体得します。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ