発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

タグ:睡眠法

夢をみて、アイデアをえます。常識から開放されます。登場人物はみずからの分身です。
続きを読む

夢は、人間主体の情報処理に役だっているようです。プロセシングが睡眠中にすすみます。インプットをしたらさっさと寝ます。
続きを読む

よい睡眠は認知症を予防します。やる気がたかまると眠気がふきとびます。テーマ設定が必要です。
続きを読む

睡眠の科学的研究がすすんでいます。睡眠は記憶を強化します。よくねむって情報処理をすすめます。
続きを読む

生命科学の立場から睡眠について解説しています。睡眠は、心身の健康を維持するだけでなく、情報処理をすすめます。睡眠障害は、さまざまな疾患をもたらします。
続きを読む

「心の時計」と「体の時計」について生物学・医学的に検討しています。これらは、健康と老化の尺度としてつかえます。みだれていたらただちに修正します。
続きを読む

オレキシンは、睡眠と覚醒のきりかえをつかさどる物質です。オレキシンが分泌されていないときは睡眠状態になり、オレキシンが分泌されると覚醒状態になります。
続きを読む

睡眠によって記憶が定着し整理されます。情報をインプットしたら十分な睡眠をとることが大事です。
続きを読む

問題解決のためには睡眠とリラックスが重要です。インプットをしたらさっさと寝るようにします。
続きを読む

しっかり睡眠をとると情報処理がすすみ、発想や直観がえられやすくなります。今日のような時代の大転換期では発想や直観が必要です。
続きを読む

161012 ひらめき
図1 記憶・判断・直観・ひらめきはプロセシング
 
記憶・判断・直観・ひらめきは、人がおこなう情報処理のなかのプロセシングに位置づけられます。情報をとりいれたら(インプット)したら睡眠をとるのがよいです。

続きを読む

快眠によって、仕事のパフォーマンスをあげることできます。

続きを読む

質の高い睡眠をとると記憶が整理され、ひらめきがえられます。そのためには、起床から4時間以内に光を見て、6時間後に目を閉じ、11時間後に姿勢をよくするようにします。

続きを読む

快眠は、記憶や学習、技能の習得、ストレス解消をもたらします。

続きを読む

160706 睡眠
図1 インプット→睡眠→アウトプット
 
プロセシングは睡眠中にすすみます。睡眠の前にはインプットが、後にはアウトプットが必要です。〈インプット→睡眠→アウトプット〉の流れが大事です。

続きを読む

睡眠によってプロセシングがすすみます。しっかりと睡眠をとることが技能の習得やあたらしい発見につながります。

続きを読む

よく眠れるとプロセシングがすすみます。睡眠中のプロセシングを重視することはよくできた情報処理をすすめる近道になります。

続きを読む

睡眠は、個人の健康を増進するだけでなく、情報処理をすすめるためのもっとも基本的な方法です。情報のインプットをしたらさっさと寝るのが一番です。

続きを読む

日々の生活のなかに仮眠をとりいれると、脳をリフレッシュできるだけでなく、発想力をきたえることができます。

続きを読む

朝おきたら太陽の光をまずはあびるようにします。そうすれば規則正しい睡眠習慣をつくることができて質の高い睡眠をえることができ、仕事もはかどります。

続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ