発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

タグ:環境保全

IMG_8688_9
ドードーの模型(Dodo model)
(平行法で立体視ができます)

絶滅種を知ることによって、生物多様性と種の保全の重要性に気づかされます。
続きを読む

日本の基層文化である縄文文化に注目することによって、自然と人間が共生するためのヒントがえられます。
続きを読む

鎮守の森のプロジェクトがすすんでいます。その土地にあった樹種の苗木をまぜあわせて植えていきます。
続きを読む

IMG_8737

福島原発事故によってふりそそいだ放射性物質は、森林地帯では生態系のなかを循環しています。
続きを読む

南シナ海の生態系が破壊され、水産資源が枯渇しつつあります。海洋国家である日本も無関心ではいられません。
続きを読む

170320 情報処理の場
図1 情報処理の場
 
みずからの環境をひろげて心の場を大きくすることが情報処理をすすめるために大事です。
続きを読む

IMG_0977_6
ランタナ・カマラ(クマツヅラ科シチヘンゲ属)(Lantana camera
(交差法で立体視ができます)
植物を見ながら、それが生きる環境を想像してみます。その場の三次元空間をとらえることが環境の認識に発展していきます。
続きを読む

法則・物質・生命・環境をキーワードにすると現代のサイエンスがわかりやすくなります。
続きを読む

図をつかって、民族・文化・自然・環境・歴史をとらえれば、地域や地球の理解がいっそうすすみます。

続きを読む


小型の野生ネコの多くが絶滅の危機にあります。保護活動が必要です。

続きを読む

海洋の環境破壊がすすんでいます。海の環境保全についてもっと関心をはらわなければなりません。

続きを読む

IMG_7416_&
花粉の模型
上:ミョウガ(ショウガ科)、左下:アカマツ(マツ科)、右下:ヒメガマ(ガマ科)
(平行法で立体視ができます)
 
花粉症は、スギ・ヒノキの多量の植林が原因です。治療とともに、環境の改善をおこなわないと抜本的な解決にはなりません。

続きを読む

DSCF4750ab
ザトウクジラの頭骨(平行法で立体視ができます)

小笠原諸島は生物多様性にとても富んでいます。小笠原の自然をまもっていくことは日本国にとっての国家的な課題です。

続きを読む

赤ちゃんは学習をすすめながら環境に適応していきます。それは同時に、情報処理能力を高めていく過程でもあります。

続きを読む

赤ちゃんは、出生とともに母親の体から独立し、環境に適応して生きていかなければなりません。

続きを読む

水族館にいったら魚たちだけでなく、魚がはいっている水槽全体に心をくばり、その空間全体をイメージするようにすると生態系の理解がはやまります。

続きを読む

DSCF0161ba
サンシャイン水族館「サンゴ礁の海」
(交差法立体視ができます) 

海の生物多様性の宝庫であるサンゴ礁をまもっていくことは、地球環境を保全するために重要なことです。

続きを読む

DSCF4748ab
ハナビラクマノミとシライトイソギンチャク(平行法で立体視ができます)

クマノミとイソギンチャクは共生しています。自然界には意外にも共生が多いことに気がつくことが大切です。

続きを読む

開発反対の運動をするよりも環境保護運動をした方がよいです。何事も、粗さがしと反対ではなく、もっと創造的にとりくむようにします。

続きを読む

鎮守の森プロジェクトがすすんでいます。全国各地で植樹をすすめることは、人と自然が共生するための第一歩です。

続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ