発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

タグ:環境保全

日本の基層文化である縄文文化が色濃くのこっている東北地方を調査しました。現代の日本にも縄文文化はおおきく作用しています。共生と循環の原理がこれからの時代には必要です。
続きを読む

牧場とピューマが共存するためにはどうすればよいか、模索がつづきます。地域全体のバランスが必要です。
続きを読む

保護か開発か、米国西部で対立がつづいています。しかし時代の潮流は保護にながれています。
続きを読む

鳥を撮影してみると鳥との距離がちぢまります。
続きを読む

パーム油の需要が、東南アジアの生態系を崩壊させています。一方、中部アフリカのガボンでは、森林をまもりながら農業をそだてるプロジェクトがはじまっています。東南アジアにも長期的な視点が必要です。
続きを読む

地層は、古環境をしる手がかりです。地層から、昔の環境が想像できます。
続きを読む

地球温暖化により南極の生態系がこわれはじめました。
続きを読む

森林破壊と密猟によりオナガサイチョウに危機がせまっています。保護プログラムに参加することにより住民に報酬が支払われるシステムが必要です。
続きを読む

植物の世界は不思議で多様です。おどろくべき植物がいます。うつくしい写真をみながら植物について理解がふかめられます。
続きを読む

IMG_5258_7
ハイイロウーリーモンキー
(交差法で立体視ができます)
生物多様性の宝庫が破壊されています。浪費型社会から循環型社会への転換が必要です。
続きを読む

IMG_5145_6
ニシムラサキエボシドリ
(平行法で立体視ができます)
ズーラシアの「アフリカの熱帯雨林」ゾーンではめずらしい動物たちがみられます。熱帯雨林の危機的状況についてもまなべます。
続きを読む

IMG_5003_4
チンパンジー
(平行法で立体視ができます)
ズーラシアの「アフリカの熱帯雨林」ではチンパンジーの家族がくらしています。チンパンジーはヒトによく似ています。チンパンジーも絶滅の危機にあります。
続きを読む

伝統文化をいかし、イベントをおこないながら、ハヤブサの人工繁殖をしている人々がいます。
続きを読む

IMG_4643_2
リカオン
(交差法で立体視ができます)
よこはま動物園 ズーラシアの「アフリカのサバンナ」ゾーンでみられる動物たちです。
続きを読む

スマトラサイがまさに絶滅しようとしています。
続きを読む

アマゾン川流域の森林破壊がすすんでいます。先住民たちは孤立しています。人類が本来もっていた貴重な文化が地球上からきえようとしています。
続きを読む

プラスチックは人間にとっては有用ですが、環境にとっては有害です。プラスチックの使用をへらすとともに、リサイクルにとりくまなければなりません。
続きを読む

DSCF8622ba
昆虫の巨大模型
(交差法で立体視ができます)
記載・分類からはじまり、構造と機能の分析的研究をへて、生態学的研究、昆虫の進化論へと昆虫研究は発展してきました。標本観察とフィールドワークをふまえて、さまざまな昆虫たちの相似と相異に着目すれば、類縁関係と系統を類推することができます。
続きを読む

IMG_6739
メガネウラの復元模型
(古生代石炭紀〜古生代ペルム紀)
(交差法で立体視ができます)
昆虫は、古生代の後期に大繁栄し、その後は、身体を小さくしながら進化してきました。大きな動物と共存しながら生態系をつくりだしました。分化しつつシステム化することに気がつくことが大事です。
続きを読む

縄文人はクリ林をそだてていました。縄文時代にすでに里山がありました。自然環境と調和した持続的なシステムでした。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ