発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

タグ:環境保全

プラスチックによる海洋汚染がすすんでいます。マイクロプラスチックを魚介類がたべ、それを人間がたべます。環境汚染は人間にはねかえってきます。
続きを読む

環境汚染を軽減するために化学の知識と方法が必要です。
続きを読む

総合的な生物相調査がおこなわれました。皇居には貴重な自然がのこされています。自然観察会をもっとふやすべきです。
続きを読む

DSCF9367ab
(平行法で立体視ができます)
新生代は哺乳類と鳥類の時代です。類縁関係から進化が類推できます。大量絶滅により地球の生態系をヒトは崩壊させています。
続きを読む

DSCF9535ba
(交差法で立体視ができます)
地球には、壮大な進化の歴史があります。環境は変動し、生物は環境に適応します。ヒト(ホモ・サピエンス)は地球を支配しようとしています。
続きを読む

淡水の約86%は氷河として存在しています。氷河は、涵養域と消耗域からなりたっています。地球温暖化の指標として重要です。
続きを読む

害獣なのか、経済資源なのか、保護すべき固有種なのか? オーストラリアでカンガルー問題が発生しています。生態系調査をするだけでなく、先住民からまなばなければなりません。
続きを読む

ウユニ塩原の地下にはリチウム資源がねむっています。電池の材料になるリチウムの需要がたかまっています。ボリビア政府は、ウユニ塩原の開発をはじめました。
続きを読む

生物多様性が地球の生態系をささえ、人間の生存もささえています。絶滅危惧種とともに生態系も保全しなければなりません。自然史系博物館のなかをあるけば時間的思考が身につきます。
続きを読む

IMG_9072_3
マッコウクジラ
(平行法で立体視ができます)
生物たちの生きる工夫がみられます。生物は、環境に適応するように身体の構造と機能を進化させてきました。進化・共生・寄生によって地球上に生態系が成立しました。
続きを読む

自然教育園は、都市緑地における生物相のモニタリングサイトです。遷移により、陰樹林(極相林)に森林はなりつつあります。園内をあるいてみずから発見するおもしろさがあります。
続きを読む

空白領域にふみこみます。主体と環境の相互作用をしらべ、主体-環境系の運動をとらえることが肝要です。フィールドワークは、分析的な研究をへて、フィールドサイエンスへ発展します。
続きを読む

DSCF9333ab
地球館・地球史ナビゲーター
(平行法で立体視ができます)
国立科学博物館・地球館は、地球史・生命史、自然の法則、科学技術史についておもに展示・解説しています。館内をぶらぶらするだけで、地球と生命について、自然について、科学技術について認識をふかめることができます。
続きを読む

明治神宮の森も鎮守の森です。人々の命をまもる鎮守の森を未来につたえていきます。
続きを読む

日本の基層文化である縄文文化が色濃くのこっている東北地方を調査しました。現代の日本にも縄文文化はおおきく作用しています。共生と循環の原理がこれからの時代には必要です。
続きを読む

牧場とピューマが共存するためにはどうすればよいか、模索がつづきます。地域全体のバランスが必要です。
続きを読む

保護か開発か、米国西部で対立がつづいています。しかし時代の潮流は保護にながれています。
続きを読む

鳥を撮影してみると鳥との距離がちぢまります。
続きを読む

パーム油の需要が、東南アジアの生態系を崩壊させています。一方、中部アフリカのガボンでは、森林をまもりながら農業をそだてるプロジェクトがはじまっています。東南アジアにも長期的な視点が必要です。
続きを読む

地層は、古環境をしる手がかりです。地層から、昔の環境が想像できます。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ