発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

タグ:水族館

IMG_3105_6
イガグリガニ(平行法で立体視ができます)
深海は過酷な環境ですがそこに適応して生きている生物がいます。生物をみたらその環境を想像することが大事です。深海のような極端な環境をしることは地球環境を理解するために役立ちます。
続きを読む

DSCF4661ba
サンシャイン水族館「ラグーン」(大水槽)
(交差法立体視ができます)
 
水族館の全体構造のイメージのなかに、それぞれの魚のファイルを配置すれば記憶は定着し、ファイルの想起も容易になります。構造のイメージと要素のイメージをつかうことが大事です。

続きを読む

DSCF4666ba
キイロハギ(Yellow tang)(交差法立体視ができます)
 
水族館などの構造物とその中身をあらかじめおぼえておいて、その構造をイメージしながら、その各部分にあたらしい情報を結合していくと記憶がすすみ、知識が容易にふやせます。

続きを読む

DSCF4499ba
左:イエローテールエンゼルフィッシュ(Blueface angelfish)
右:スクリブルドエンゼルフィッシュ(Scribbled angelfish)
(交差法立体視ができます)

多様な生き物たちを立体視することによって、心のなかのイメージ空間をひろげることができます。インプットされたイメージは、別の課題のもとであたらしいイメージをえがくときの素材としもつかえます。

続きを読む

DSCF2831ba
海の中にもぐった気分になれる(交差法で立体視ができます)
立体視のやり方 - ステレオグラムとステレオ写真 - >> )

海遊館は太平洋・環太平洋のモデルです。海遊館の「太平洋・環太平洋をめぐる旅」をすることによって、太平洋の世界を心の中につくりだし、心をゆたかにすることができます。

続きを読む
Sponsored Link

↑このページのトップヘ