発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

タグ:旅行法

DSCF0251ab
バクタプル・ゲート
(平行法で立体視ができます)
都市の周辺に耕地があり、その外側に自然環境がひろがっています。モデル化により、世界各地の都市国家が理解できます。自然環境保全のモデルとして有効です。
続きを読む

< |3 >
続きを読む

< |2| >
続きを読む

DSCF0041ba
成田国際空港 
(交差法で立体視がでます)
3次元空間を旅します。対象とともに環境もとらえます。物事の背景をよみとります。
続きを読む

立体視をして眼力をつよめます。目から情報をとりいれ、脳が解釈します。風景や物をみるコツがつかめます。
続きを読む

DSCF0158b
風景の科学展 
(平行法で立体視ができます)
風景をみて、対象を選択して、みえないものを想像します。〈大観→局観→達観〉という3段階の方法で認識がふかまります。問題解決にも応用できます。
続きを読む

南大門からはいるとよいです。鎮護国家の官寺と真言密教の総本山としての二面性があります。春と秋に特別公開があります。
続きを読む

散歩をしたら、体験を書きだしてみます。圧縮表現をします。はやく書くことで情報処理能力をたかめます。
続きを読む

脳が、旨味をうみだします。肉のおいしさは、旨味・香り・食感・舌触りなどがあわさってうまれます。総合的に感覚をつかって情報処理をすすめるようにします。
続きを読む

IMG_8381
古地図をとおして、世界(地球)に関する認識が拡大・精密化してきた歴史をみることができます。地図は、各地の情報をたくわえるデータベースとしての機能ももちます。地図をつかえば、空間をつかった情報処理ができます。
続きを読む

「1.問題意識 → 2.フィールドワーク → 3.まとめ」という3つの段階が重要です。
続きを読む

明治維新から 150 年が経過しました。この 150 年は日本の近代化の歴史そのものでした。その光と影をかんがえます。
続きを読む

東京スカイツリーを利用してあらかじめ大観しておけば、江戸・東京のどこをどうほっつきあるけばよいかわかり、迷路にはまることもありません。
続きを読む

英会話の練習のために DVD がとても役立ちます。それぞれのキーフレーズを、その場面をイメージしながら言うようにします。
続きを読む

ネットワークとヒット商品によってシルクロードは歴史にその名をふかくきざみました。地図をみながら追体験ができます。
続きを読む

旅行にいくまえに調査項目をたて、問題意識をふかめておくと、現地にいってからの見え方がまったくちがってきます。
続きを読む

書籍をよんだら旅行にでかけます。現地・現場をみることが重要です。
続きを読む

DSCF7407ab
(平行法で立体視ができます)
大きなもの、複雑なもの、めんどうなものは縮小・圧縮してイメージし、処理し記憶していくとよいです。鉄道模型はそのための “モデル” です。
続きを読む

表現することによって、情報処理を完結させ、ファイルを完成させることができます。
続きを読む

DSCF3401ba
西の丸から天守をのぞむ
(交差法で立体視ができます)
構造的・空間的に城をイメージできたら、今度は、歴史的・時間的にとらえなおしてみます。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ