発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

タグ:文明

城郭と城下町の痕跡がみられます。 小田原は城下町の原点・モデルでした。 原点・起源をしることはトータルにすばやく物事を理解するために役だちます。
続きを読む

IMG_1722_3
パタン博物館
(平行法で立体視ができます)
インド密教(後期大乗仏教)がネパールに伝来しました。仏教の伝統がパタンには息づいています。仏教とヒンドゥー教が共存し、独自のネワール文化が花ひらきました。
続きを読む

DSCF0595ba
「時」展覧会2020の会場
(交差法で立体視ができます)
時間のながれをはかります。文明の発展のために暦が必要でした。未来が現在にながれこんできます。
続きを読む

< |2 >
続きを読む

日本列島の多様な自然環境が多彩な食材をもたらします。魚と米が和食の基盤であり、縄文文化と弥生文化がそこに反映しています。文化には、自然環境も人間もしみこんでいます。
続きを読む

< |2 >
続きを読む

DSCF0531bab
パタン・ゲート
(交差法で立体視ができます)
カトマンドゥ盆地にかつてあった都市国家のひとつです。「ラリトプル」(美の都)ともよばれます。広場が文化をはぐくみます。
続きを読む

地球上での人間の往来拡大とともに感染も拡大しました。自然環境からの作用と人間の側の要因があいまって歴史的な変化がおこります。未知のウイルス・細菌と人間とはすみわけたほうがよいです。
続きを読む

IMG_1575_6
バクタプル国立美術館 
(平行法で立体視ができます)
立体的にとらえます。ヒンドゥー教と仏教の彫像がみられます。おおくの神々や仏が日本にもやってきています。
続きを読む

< |2 >
続きを読む

知の体系(フィロソフィー)が分化して科学(サイエンス)がうまれました。機械論的世界観と生命論的世界観があります。近年は、諸学の統合・再体系化がすすみます。
続きを読む

DSCF0382ba
パシュパティナートの参道 
(交差法で立体視ができます)
インド亜大陸の4大シヴァ寺院のひとつであり、ネパール最大のヒンドゥー教の聖地です。ヒンドゥー教徒たちは荼毘にふされ、輪廻転生します。ヒンドゥー教の神々は日本にも渡来しています。
続きを読む

< |2 >
続きを読む

DSCF0251ab
バクタプル・ゲート
(平行法で立体視ができます)
都市の周辺に耕地があり、その外側に自然環境がひろがります。人間的なやりとり、自然環境とのやりとりによって都市文明が発達しました。環境保全のモデルとして有効です。
続きを読む

< |2 >
続きを読む

インプットとアウトプットのアンバランスが環境問題をひきおこします。機械文明は、自然環境と人間の双方を「侵食」します。環境調和型の文明への転換が必要です。
続きを読む

< |2 >
続きを読む

IMG_1475_6
東京国立博物館・東洋館 11室「クメールの彫刻」
(平行法で立体視ができます)
アンコール期(9-13世紀)のクメール彫刻がみられます。カンボジアでは、1〜7世紀にかけて、クメール人の最初期の王朝がさかえました。7世紀中頃以降には、ヒンドゥー教と仏教が信仰されます。アンコール王朝が9世紀初期にはじまると、クメール文化は最盛期をむかえます。
続きを読む

2020/02/05 更新
< |2 >
続きを読む

DSCF0032ba
写真1 東京国立博物館・平成館
(交差法で立体視がでます)
ヤマト王朝以前に、西日本をほぼ統一した出雲王朝がありました。出雲王朝をほろぼし、あらたな統一国家をつくったのがヤマト王朝です。出雲大社は、出雲の王であったオオクニヌシを鎮魂し、オオクニヌシの怨霊を封じこめるために、ヤマト王朝がたてたのではないでしょうか。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ