発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

タグ:心象法

DSCF0451ba
ティラノサウルス(交差法で立体視ができます)

国立科学博物館で開催中の「恐竜博 2016」にいくと、恐竜の進化に関する展示・解説をみながら、想像や推理がどのようにすすめられているかを知ることができます。

続きを読む

テキスト(言語)をつかって記述している本を見るときにもイメージ訓練ができます。


情報処理能力とくにプロセシング能力を高めるためにはイメージ訓練が有効です。イメージ訓練をするためには写真集がとても役立ちます。

しかしテキスト(言語)をつかって記述している書籍でもイメージ訓練ができます。本のページを "写真" とみなして、風景写真を見るときとおなじようにページを見ていけばよいのです。

本の見開き2ページを見るときに、デジタルカメラでうつしとるようにイメージ(画像)として意識(心)のなかにページをインプットし記銘するようにします。

フレームに注目したり、見出しやキーワードの空間的な位置や色をしっかり見るとよいでしょう。


48のコピー
例1


例1のページでは、左側に大きなフレームがあり、右側の上下に小さなフレームがあります。見出しは3ヶ所に配置されています。キーワードは赤色と黒色があります。

キーワード・地図・写真などの位置をおぼえるようにします。この本はカラーですのでこうしたことがやりやすいです。イメージ訓練がやりやすい本をさがすことも重要です。




そして今度は、いったん目を閉じてそのページをイメージとしておもいだします。見出しやキーワードもそれらの位置や色とともにイメージとしておもいだすようにします。

つぎにイメージをおもいうかべて(本は見ないで)キーワードを書き出してみます。書きだす(アウトプットする)ときには言葉にします。

インプットとプロセシングではイメージをつかい、アウトプットでは言語をつかうというのが基本的なやり方です。

このような訓練をした上で、自分にとって重要な本についてはじっくり読んでいけばよいでしょう。


▼ 引用文献
 


世界遺産の鳥瞰写真をつかってイメージ訓練をすると情報処理がすすむようになります。


『感動の絶景! 空から見た世界遺産』(コスミック出版)は、都市・歴史地区の文化遺産を中心に自然遺産・複合遺産を含めた58の世界遺産を空からのうつしい写真 約 100点で紹介しています。巻末には、日本からのアクセス手段や現地での観光ツアーも掲載していて参考になります。


IMG_4128


本書は、次よのうなイメージ訓練のために最適です。

  1. あまり時間をかけないで本書の鳥瞰写真を最後まで一気に見ます。
  2. いったん目を閉じていま見た写真をおもいだおもいだしてみます。どこまでおもいだせるでしょうか。
  3. おもいだせた写真については気がついたことを言葉にして書きだしてみます。

この一連の流れが、イメージをつかった情報処理の訓練になっています。世界遺産の鳥瞰写真はイメージ訓練のために最適です。

鳥瞰写真を見ることは情報をインプットすることです。おもいだすことはプロセシング、言葉にして書きだすことはアウトプットです。インプットとプロセシングはイメージをつかってすすめ、アウトプットは言葉をつかうというのが基本に推奨できます。イメージをおもいうかべて言葉を書きだすというところがポイントです。そのためにはインプットがそもそもよくできていなければなりません。

世界遺産関連書には、たとえば『世界遺産検定公式テキスト』のような言語をつかった解説書もあります。しかし言語よりも前にイメージをつかった訓練をやった方がよいです。まずイメージでとらえて、その上に言語的解説をのせていく、あるいはイメージに言語をむすびつけて理解し記憶する方が情報処理はすすみます。世界遺産検定を受検するような人は特にこの点に留意しなければなりません。




ここでひとつのアナロジーをだしましょう。たとえばデジタルカメラで写真を撮影して、ストレージにデータをファイルします。デバイスをつかえばいつでもそれらの写真(イメージ)を見ることができます。

ここで問題になるのは、イメージファイルは非常に大きなメモリーを必要とし、そのためデバイスの性能も高くなければならないということです。大きな容量と高性能なCPUが必要だというわけです。

イメージではなくテキスト(言語)だけをとりあつかうのであればそのような必要はありません。




このことと似ていて、人間がおこなう情報処理でもイメージをつかう場合は、大きな意識(心)と高性能な情報処理能力が必要です。イメージは言語にくらべて情報量が圧倒的に多いのです。ここに、イメージ訓練(心象法)やイメージをつかった記憶法にとりくむ大きな意義があります。イメージ・トレーニングを軽視することはできません。

イメージをつかった訓練をくりかえしおこない、イメージをつかった情報処理が自在にできるようになると情報処理は一気にすすみます。大容量のストレージと高性能なCPUを手にいれたようなものです。

以上のことをふまえ、世界遺産の鳥瞰写真をつかったイメージ訓練はとても有効だとかんがえられます。


▼ 引用文献
『感動の絶景! 空から見た世界遺産』コスミック出版、2015年12月10日
感動の絶景! 空から見た世界遺産 (COSMIC MOOK)


ステレオ写真を立体視することにより、視覚的・空間的な情報処理能力をたかめることができます。


ステレオ写真をつかって立体視をしたら、一旦 目を閉じて、今みた立体画像をイメージしてみます。上下左右のひろがりだけでなく、奥行きもしっかりイメージするようにします。イメージ訓練は、視覚的・空間的に対象をインプットし処理する訓練になります。

下の写真はいずれも交差法で立体視ができます。東京・池袋にあるサンシャイン水族館(注)で撮影しました。

立体視のやり方 - ステレオグラムとステレオ写真 - >>



DSCF0198ba
大きい魚はエイ(上)とトラフザメ(下)



DSCF0208ba
クラゲ



DSCF0223ba
シノノメサカタザメ
( 「-ザメ」とつくことからサメの仲間と間違われやすですがエイの一種です)



DSCF0228ba
アオリイカ



DSCF0230ba
コウイカ


サンシャイン水族館1階「大海の旅」ではめずらしい海の生き物の数々に出会うことができます。この水族館は、「ココロ動かす、発見がある。知性を刺激され、心を癒やされる場」をコンセプトにしています。水族館に行って非日常の場にひたるのもたまはいいものです。


▼ 注:サンシャイン水族館
公式サイト

サンシャイン水族館は、サンシャインシティのワールドインポートマートビルの屋上にあります。
サンシャインシティへのアクセス
サンシャインシティ 館内の案内




▼ 関連記事
構造的情報と点的情報の両方をみる - サンシャイン水族館(まとめ)-


ビルディングの階層構造をイメージしてファイリング・システムをとらえなおすとファイルの整理がすすみます。


情報処理(インプット→プロセシング→アウトプット)をする存在として人間をとらえた場合、現代においては、アウトプット(文章の書きだしなど)はパソコンなどのデバイスをつかっておこないます。デバイスをつかってアウトプットをしているとファイルが形成され、ストレージの中にそれらが次々に蓄積されてきます。

このようなファイリング・システムを構築するためには当然のことながらフォルダをつかいます。大項目のフォルダの中には中項目のフォルダがあり、それらの中には小項目のフォルダがあり、それらの中に個々のファイルが入っているというファイリングの仕組みがここにはあります。つまり階層構造が基本になっています


しかしこのようなファイリング・システムがあっても、ファイルの数が膨大になってくるとわけがわからなくなってきます。

そこで今回は、ビルディングをイメージして多数のファイルをとらえなおす方法を実践してみたいとおもいます。

  1. まず、ビルディングをイメージします。このビルディングの中にすべてのファイルが入っています。
  2. 大項目フォルダーは、ビルディングのフロアーなっています。大項目の数だけフロアが存在します。
  3. 各フロアには、中項目フォルダーの部屋がいくつもあります。
  4. それらの部屋の中には、小項目フォルダーのキャビネット(戸棚)がたくさんおいてあります。
  5. それらのキャビネットのなかに個々のファイルが保存さています。
  6. このようなビルディング(階層構造)をしっかりイメージします(心の中に構造物をつくりあげます)。
  7.  個々のファイルにアクセスするときには目的のフロアーにまず行き、そして部屋に入って行ってキャビネットをあけて、必要なファイルをとりだす自分をイメージします(想像します)。
160114 ビル icon_1r_192


わたしのビルは10階建てになりました。このようなイメージ訓練をすると、これまで自分がアウトプットしてきた膨大なファイルを比較的短時間でとらえなおすことができます。自分のファイリングの問題点もあきらかになってきます。言語をつかって大局をとらえ整理しようとするのではなくて、イメージをつかって大局と構造をとらえるというのがポイントです。

ビルディングがイメージできると、どのあたりにどのファイルがしまってあったかが空間的にわかるようになり、イメージによるファイル検索も可能になります。キーワード検索とあわせてイメージ検索も実践してみるとおもしろいでしょう。


▼ 関連記事
情報を圧縮・統合してファイル名をつける

建物の階層構造との類比により世界史をとらえなおす - 大英博物館展 ─ 100のモノが語る世界の歴史(4)-
ニュース情報の構造物として新聞紙をとらえる
情報の構造物として紙の書籍をとらえる
書店の中で記憶する -空間記憶法-


DSCF0058ba
東京国立博物館 平成館 考古展示室入口(交差法で立体視ができます)


縄文土器を見ると、縄文人の当時の暮らしぶりを想像することができます。

東京国立博物館・平成館の考古展示室がリニューアルされました。展示も一新され、また展示ケースのガラスの反射・写り込みがほとんどなくなり展示品がとても見やすくなりました。下の写真は展示品の一部です。交差法(注1)で立体視ができます。
 


IMG_4471_70
片口付深鉢形土器(埼玉県ふじみ野市 上福岡貝塚遺跡出土、重要文化財)
縄文時代(前期)・前4000〜前3000年



IMG_4473_74
鉢形土器(神奈川県横浜市港北区下田町出土)
縄文時代(前期)・前4000〜前3000年



IMG_4498_97
壺形土器(秋田県鹿角市 大湯環状列石出土)
縄文時代(後期)・前2000〜前1000年



IMG_4529_28
異形片口土器(青森県七戸町長久保出土)
縄文時代(後期)・前2000〜前1000年



IMG_4560_59
鉢形土器(茨城県稲敷市 福田貝塚出土)
縄文時代(晩期)・前1000〜前400年



IMG_4576_75
注口土器(茨城県利根町 立木貝塚出土)
縄文時代(晩期)・前1000〜前400年



IMG_4580_79
香炉形土器(千葉県銚子市余山町 余山貝塚出土)
縄文時代(晩期)・前1000〜前400年



IMG_4586_85
異形台付土器(千葉県印西市天神台出土)
縄文時代(晩期)・前1000〜前400年



今回は、ギャラリートーク「縄文土器の見方 大きさ・形・文様」に参加しました。講師は特別展室主任研究員の品川欣也さんでした。

次のような話をしてくれました。

大学で以前おしえていたときに、自宅にある鍋や釜・食器などを学生にすべてスケッチしてもらい、それらを見せあうという実習をしていました。するとその学生がどのような生活をしているのか想像できます。一人暮らしなのか、実家で暮らしているのか、自炊しているのか・・・。


これとおなじで、わたしたちも土器を見て縄文人の生活をまずは想像するところからはじめた方がおもしろいです。最初から知識をえようとしたり理屈でとらえるのではなくみずからまずは想像してみるのです。

たとえば深鉢には水を入れていた。浅鉢で煮炊きをしていた。浅鉢に料理をもっていた。土器についたススの跡から調理をかなりやっていた。台付き鉢はお供え用? お酒も飲んでいた?・・・

「自分の方にひきよせて想像してみる」というアドバイスもありました。それぞれの土器を見ながら、自分だったら何につかうかを自由に想像してみるのです。これは、博物館のたのしい利用法のひとつでもあります。

たとえばこの土器では石焼ビビンバがつくれる。うどんをゆでる。ステーキを焼いてみる。野菜をもりつけたらおいしそうだ・・・




ウエブサイトなどでしらべると縄文人の暮らしぶりのイメージなどがすぐに検索できますが、そのような既存のイメージを見る前に自分自身でいろいろ想像してみることはおもしろいですし、その方が想像力をつよめる訓練になります。

想像することは情報処理でいうとプロセシングをすすめることであり、プロセシンのなかでもこれはかなり重要な過程です(下図)。みずからまず想像してみて、それから専門家がえがいたイメージを参照してみるという順序をとるとよいでしょう。

151217 想像する
図 想像することはプロセシングの重要な過程
 

▼ 東京国立博物館
平成館




いのちがもえる - 特別展「縄文 ― 1万年の美の鼓動」(東京国立博物館)(1)-
時代のピークと土器のモデル - 特別展「縄文 ― 1万年の美の鼓動」(東京国立博物館)(2)-
国宝土偶と精神文化 - 特別展「縄文 ― 1万年の美の鼓動」(東京国立博物館)(3)-
作品とともに展示空間もみる - 特別展「縄文 ― 1万年の美の鼓動」(東京国立博物館)(4)-
土器をみくらべる - 特別展「縄文 ― 1万年の美の鼓動」(東京国立博物館)(5)-
特別展「縄文―1万年の美の鼓動」(東京国立博物館)(まとめ)

▼ 注1:交差法(クロス法)をつかった立体視のやり方は下記サイトをご覧ください。

▼ 追記
わたしがそもそも縄文時代に注目したひとつの理由は、縄文人は、自然環境と調和した生活をしていたため環境保全のためのヒントがそこからえられるにちがいないとかんがえたからです。

IMG_3373
東京都美術館

モネの作品を遠くからみて、近くでみて、離れてみると、色彩のうつくしさや視覚のマジックが堪能できます。

東京・上野の東京都美術館でマルモッタン・モネ美術館所蔵「モネ展」が開催されています(注)。

今回の「モネ展」は、パリのマルモッタン・モネ美術館のモネ・コレクションを中心にして約90点を紹介するものでした。印象派の巨匠モネが生涯にわたり手放さなかった作品と、モネが購入したり おくられたりして収集したほかの芸術家の作品、いわばモネのプライベート・コレクションを紹介しているのが特色でした。

いつものようにわたしはすべての作品を一通り見て、ふたたび入り口にもどり、今度は、とくに印象にのこった作品だけをじっくり見るようにしました。

《オランダのチューリップ畑》(1886年)、《ヨーロッパ橋、サン=ラザール駅》(1877年)、《睡蓮》(1903)年・・・

それぞれの作品を遠くからまずながめ、近づいていってそばて見て、そしてふたたび離れて見ると色彩のうつくしさ、透明感、奥行きがくっきりと感じられて本当に不思議です。視覚のマジック、光の情報処理を心からたのしむことができます。

また全体を一通り見おわったうえで印象的な作品に「再会」すると、会場のコレクション全体がつくりだす空間が背景になって、印象的な作品がそのなかに鮮明にうかびあがるような独特の感覚体験がえられます。

* 

わたしは朝9時すぎに東京都美術館に到着、約100人の方々がすでに行列をつくっていました。9時30分に開門、比較的余裕をもって見ることができました。遠くからみて、近くでみて、離れてみるためにはある程度 会場がすいていなければなりません。

しかし会場をあとにしようとした約2時間後にはものすごい混雑になっていました。美術展は、午前中のはやい時間か金曜日の夜などがおすすめです。


▼ 注
巡回展(福岡、京都、新潟)

▼ 関連記事
旅をしながら内面世界をゆたかにする 〜『モネと画家たちの旅 -フランス風景画紀行-』〜
美術館でイメージトレーニングをする 〜「モネ、風景をみる眼」展 〜
イメージ訓練「拡大縮小法」にとりくむ - オルセー美術館展 -
色がまざって見える - 特別展「新印象派 光と色のドラマ」-
遠くからみて、近くでみて、離れてみる - 「モネ展」-
見る仕組みを知る - 藤田一郎著『「見る」とはどういうことか』-


Sponsored Link


IMG_3183
東京国立博物館・平成館


東京・上野の東京国立博物館で特別展「始皇帝と大兵馬俑」が開催されています(注1)。中国で帝国の時代がはじまった当時の様子を展示品を通して想像することができます。

わたしは今から14年前に中国旅行をしたときに兵馬俑にもいきました。今回は、兵馬俑との再会となり当時の旅行をなつかしくおもいだすことができました。今回の特別展は豪快で迫力があり、中国で帝国の時代がはじまった当時の力強さを感じることができました。

* 

今から約2200年前に「最初の皇帝」を名乗り、中国大陸に統一王朝を最初にうちたてたのが秦の「始皇帝」です。その陵墓のほどちかくにうめられた「兵馬俑」は、20世紀の考古学における最大の発見のひとつとうたわれ、出土以来、あたしい知見とおどろきをもたらしつづけています。会場では、始皇帝と兵馬俑にまつわる貴重な文物を一堂に紹介し、始皇帝が空前の規模できずきあげた「永遠の世界」の実像にせまっています。

わたしは、世界史を極度に単純化してつぎのような模式図(モデル)でかんがえています(下図)。


151128 秦の誕生


中国では、紀元前770年から多くの国々がおたがいにあらそう戦乱の時代にはいりました。いわゆる春秋戦国時代です。上のモデルでは「戦国時代」と記してあります。

そして戦争を勝ちぬき、前221年に天下を統一した国が秦であり、そのときの君主が始皇帝でした。このときから中国は本格的な領土国家の時代、帝国の時代にはいりました。


世界史を大局的にみると、人間は初期は自然のなかでくらしていました。それは「自然社会」の時代です。そのご農耕がはじまり都市が形成され、都市は成長してやがて都市国家となっていきました。「都市国家」の時代です。そして都市国家が大きくなってくると都市国家同士が戦争をはじめました。「戦国時代」です。そして最終的に勝利した国は広大な「領土国家」つまり「帝国」になったわけです。

今回の特別展では、<都市国家→戦国時代→領土国家(帝国)>という歴史のながれを想像することができます。言葉や理屈で理解するのではなく、展示品をみながら想像できるというのが展覧会のもっともたのしいところです(下図)。

151129 想像
図 展示品をみながら想像する
 

「始皇帝と兵馬俑」は中国史の大きな転換点をしめしていて、それはいわゆる前近代文明あるいは本格文明としての中国文明のはじまりも意味するのだとおもいます。



IMG_3188_89
軍団のレプリカ
(平行法で立体視ができます、注2)

約70体の精巧な複製で再現した兵馬俑坑が第2会場の最後にはあり、ここだけは写真撮影ができます。展覧会の思い出にこのような記念撮影コーナーがあるととてもよいです。ほかの展覧会でも撮影コーナーを是非用意してほしいものです。



▼  注1:特別展「始皇帝と大兵馬俑」
東京国立博物館のサイト
特設公式サイト

▼ 巡回予定
九州国立博物館 2016年3月15日(火)~6月12日(日)
大阪・国立国際美術館 2016年7月5日(火)~10月2日(日)

▼ 注2:平行法(パラレル法)をつかった立体視のやり方は下記サイトをご覧ください。


Sponsored Link


IMG_4046


東京国立博物館・平成館1階の考古展示がリニューアルされました。展示品が一新されただけでなく、展示ケースのガラスのうつりこみがなくなり大変みやすくなりました。考古ファンの方は必見でしょう。

ギャラリートーク「縄文土器の見方」に参加しました。

土器をみて縄文人の当時の生活を想像することはとてもたのしいことです。

また文様の割り付けがよくできている土器とそうでない土器があるそうです。仙台湾周辺の縄文土器はいつの時代でもよくできているそうです。よくできた文様は、つくりはじめる前に割り付けをよくかんがえていたということです。

縄文人は自然環境と共生してくらしていたので環境保全という観点からも興味がわいてきます。


▼ 東京国立博物館
平成館




▼ 関連記事
全体像をイメージしてから作業を実施する - 東京国立博物館・考古展示(3)-




目を閉じてイメージし、イメージしながら英単語を言う訓練をくりかえすと英語が見えてきます。

大西泰斗・ポール=クリス=マクベイ著『英単語イメージハンドブック』(青灯社)はイメージをしながら英単語と英文法を学習する教材です。いままでに出版された類書にちらばっていた重要なイメージを一冊にまとめたダイジェスト版です。

目 次
1 名詞関連のイメージ
2 動詞関連のイメージ
3 助動詞関連のイメージ
4 前置詞関連のイメージ
5 接続詞関連のイメージ
6 ときのイメージ
7 重要なその他の表現

IMG_3998


イメージ訓練はつぎのようにおこなうとよいです。

 (1)各単語(あるいは項目)の画像をしっかり見る。
 (2)目を閉じて、いま見た画像をおもいおこす(イメージする)。
 (3)目を閉じたままでその画像をイメージしながら、対応するその単語を声にだして言う。

目を閉じてイメージするというところがポイントです。

この〔(1)(2)(3)〕をすべての単語・項目についておこないます。解説文は、「基本イメージ」の部分だけをまずは読み、「Check Point」の部分はあとまわしにします。イメージ訓練を優先させます。

最後のページまでおわったら最初のページにもどっておなじことをまたくりかえします。3〜5回ぐらい循環的にくりかえしたら、「Check Point」の解説も読みます。

そして〔(1)(2)(3)〕をまたくりかえします。画像がしっかりおもいうかぶようになるとよいです。本書の画像は、アイコンのように非常によく洗練されていて単純明快なのでおぼえやすいです。


この〔(1)(2)(3)〕は、人がおこなう情報処理の観点からとらえなおすとつぎのようになります(図)。これは情報処理の訓練でもあります。

 (1)インプット
 (2)プロセシング
 (3)アウトプット
151021 見るイメージ言う
図 本書をつかった訓練は情報処理の訓練になっている


目を閉じてイメージするところがポイントであり、これは、インプットを遮断しプロセシングに集中するということです。

「おぼえよう、おぼえよう」として画像をじって見つめているだけだとなかなかおぼえられません。いったん目を閉じて、心をおちつかせて画像をおもいだす(想起する)訓練を徹底しておこなったほうがよいでしょう。するとアウトプットにもスムーズにつながります。

本書でのべられいるように、それぞれの単語がもっている中心的な感触やイメージをつかむことが大事です。核となるイメージさえおさえてしまえばすべての用法・用例は自然にながれでてきて、単語と文法をつかいこなすことができるようになります。

英会話の練習をとおして、イメージをいかしイメージをつかうことによって情報処理能力をたかめることができます。

英会話の練習も情報処理(インプット→プロセシング→アウトプット)になっています。

DVDやCDで見たり聞いたりすることはインプットです。それぞれの場面や会話を理解したり記憶したり想起したり想像したりすることはプロセシングです。英語を声に出して言うことはアウトプットです。(図)

150901 英会話の練習
図 英会話の練習も情報処理になっている
 

このような過程では、イメージ(心象)をいかしイメージをつかうことが重要なポイントになります。

このような観点からはDVD教材をやはりつかった方がよいです。CD教材をつかう場合は、音声をきいて自分なりに自由に場面を想像するようにします。DVD教材でも、目を閉じて音声だけを聞くことにより想像あるいは想起の訓練ができます。あるいはDVDの場合は、映像(イメージ)だけを見て、音声を消して、音声を想起して言ってみるという訓練もできます。


このような練習をくりかえしていれば、似たような場面に旅行先で遭遇したときに必要な表現がうかんでくるようになります。相手につたえたいメッセージをそれぞれの場面でどのように表現すればよいのかがおのずとわかります。

旅行先は情報処理の本番です。日本で練習したことをそのまま海外でいかせばよいです。緊張もありますがたのしく充実した時がすごせます。

こうして情報処理の訓練の一環として英会話も練習すれば英会話も上達するし情報処理能力も高まります。この方法はほかの言語の習得やほかの分野へ応用もできます。英語の学習がそのまま情報処理の訓練にもなり、身につけた方法はさまざまな課題へ応用できるようになるのです。



▼ 追記
それにしても、いいDVD教材がたくさん出版されるようになりました。わたしが子供や学生だったころはこのような教材がなかったために受験英語とリーディングを英語教師からおそわっただけで、そのご苦労しました。今ではそのようなこともなく、たのしく英語をおぼえ、そして海外旅行に行って実際にためしてみることが容易になりました。

▼ 関連記事
DVD をつかって英会話を理解し、おぼえる -『おとなの基礎英語 シンガポール・香港・タイ』(1)-
イメージをつかってキーフレーズをおぼえ、言えるようにする -『おとなの基礎英語 シンガポール・香港・タイ』(2)-
イメージをつかってキーフレーズをおぼえ、言えるようにする -『おとなの基礎英語 シンガポール・香港・タイ』(3)-
イメージをつかってキーフレーズをおぼえ、言えるようにする -『おとなの基礎英語 シンガポール・香港・タイ』(4)-

DVDをつかって、イメージとともに英語をおぼえる 〜 DVD『トラベラーズ・イングリッシュ 4 オーストラリア編』〜
英会話の学習から海外旅行体験へ 〜DVD『トラベラーズ・イングリッシュ3 -アメリカ西海岸編-』〜
ニュージーランドを記憶の場にする 〜 DVD『トラベラーズ イングリッシュ5 ニュージーランド南島編』〜
視聴覚体験とキーワードで情報の玉をつくる 〜 DVD『NHK 100語でスタート!英会話 〜アメリカ編』〜
旅行の場面をファイルにする 〜『NHK 100語でスタート!英会話』(オーストラリア編)〜
外国人に英語で日本を紹介する - 松本美江著『改訂版 英語で日本紹介ハンドブック』-
Key Phrase と Situation をひとつの「ファイル」にする - NHK『おとなの基礎英語』-


DVD『おとなの基礎英語』にでてくる映像(イメージ)をおぼえて、それぞれの場面のイメージをベースにしてキーフレーズをおぼえると、フレーズが自然に言えるようになります。今回は「タイ(バンコク)編」にとりくんでみます。

  • まず、DVD をしっかり視聴します。人がおこなう情報処理の観点からはこれはインプットにあたります。
  • そしていったん目を閉じて、いま見たエピソードのキーとなる場面の映像(イメージ)をしっかりおもいうかべ、そして記憶します。そのイメージとともにキーフレーズも記憶します。よくイメージできない場合は DVD で再度確認します。これはプロセシングです。
  • 下記のリストを参照のうえ目を閉じて、各エピソードのキーとなるイメージをおもいうかべながらキーフレーズを声にだして言ってみます。これはアウトプットすることです。

これらの過程を図(モデル)であらわすと下図のようになります。矢印は情報のながれをあらわしています。この「インプット→プロセシング→アウトプット」をすべてのエピソードについてやってみます(注1)。 

150831 英会話
図 英会話の練習における情報処理のながれ



Weak 17
65 手紙を書いている場所を伝える(タイのバンコクからお便りしています。)
66 文房具を借りる(のりをお借りできますか?)
67 手紙を出せる場所を教えてもらう(この手紙はどこで出せますか?)
68 ポストの投入口を確かめる(ここに入れても大丈夫ですか?)

Weak 18
69 どの駅で降りればよいかたずねる(どの駅で降りればいいのかしら?)
70 地図上での場所をたずねる(ここって、この地図でいうとどこですか?)
71 探していた場所に違いないと言う(探しているのはここに違いないわ。)
72 どこに滞在しているかをたずねる(バンコクのどこに泊まってるの?)

Weak 19
73 感想を求める(バックパッカーってどういう感じなの?)
74 迷惑ではないかたずねる(いいかな?)
75 許可されているかたずねる(ここで写真を撮っても大丈夫なのかしら
76 相手に役立つ情報を伝えようとする(あなたにぴったりのものを知っているわ。)

Weak 20
77 電話するように指示する(彼女のこの番号に電話して。)
78 待ち合わせ場所や時間を相談をする(どこで待ち合わせますか?)
79 人違いであったと言う(人違いでした。)
80 職業をたずねる(どんな仕事をしているの?)

Weak 21
81 とても楽しみにしていたことを説明する(興奮しすぎて、ゆうべは眠れなかったの。)
82 待ちきれない気持ちを表現する(象に会うのが待ちきれないんです。)
83 信頼関係の大切さを伝える(彼女を信頼しないと、彼女にも信頼してもらえないのよ。)
84 勉強になったと感想(感謝)を述べる(とても勉強になったわ。)

Weak 22
85 自分が以前にやっていたことを説明する(私、この運動を毎朝やっていたの。)
86 相手が持ち出した話題をもとに話を展開する(高いものといえば、東京にとっても高いタワーがあるのよ。)
87 原材料について説明する(全部、大豆からできているの。)
88 ネガティブな心持ちだったことを表現する(私、仕事が嫌になってきちゃっていたの。)

Weak 23
89 自分が器用ではないと説明する(私、あまり器用じゃないんです。)
90 いつ戻るかを伝える(2分で戻りますね。)
91 開店時間をたずねる(この辺りの店は、だいたい何時からやっているんですか?)
92 お勧めのデザートをたずねる(デザートには、なにがいいかしら?)

Weak 24
93 頼まれていることについて説明する(彼は私に、新しいプロジェクト・チームに加わってほしいの。)
94 アドバイスを求める(どうしたらいいと思う?)
95 適切なアドバイスをくれた相手に感謝する(あなたに相談して正解だったわ!)
96 自分が求めているものを発見したと伝える(私、自分のやりたいことがわかったわ。)

Weak 25
97 荷物を預ける(ここで手荷物を預かってもらえますか?)
98 色違いのものがあるかどうかたずねる(これの色違いはありますか?)
99 旅の感想をたずねる(タイはいかがでしたか?)
100 連絡を取り合うことを約束する(これからも連絡を取り合おうね。)


IMG_2691
Episode 65 手紙を書いている場所を伝える


IMG_2725
Episode 100 連絡を取り合うことを約束する


上の写真のような、各エピソードのキーとなる場面を DVD でよく見ます。そのイメージをそのまま記憶します。英文のフレーズもイメージの一部として記憶します。たとえてみるならば、デジタルカメラでその場面をまるごとうつしとるように自分の意識にインプットし記憶するのです(注2)。そして、目を閉じて、イメージをおもいうかべならが(想起しながら)キーフレーズを声にだして言ってみます。
 


▼ 引用文献
NHKテレビ DVD BOOK『おとなの基礎英語 シンガポール・香港・タイ』2013年3月31日、主婦の友社
NHKテレビ DVD BOOK おとなの基礎英語 シンガポール 香港 タイ (NHKテレビDVD BOOK)

▼ 関連記事
DVD をつかって英会話を理解する -『おとなの基礎英語 シンガポール・香港・タイ』(1)-
イメージをつかってキーフレーズをおぼえ、言えるようにする -『おとなの基礎英語 シンガポール・香港・タイ』(2)-
イメージをつかってキーフレーズをおぼえ、言えるようにする -『おとなの基礎英語 シンガポール・香港・タイ』(3)-
イメージをつかってキーフレーズをおぼえ、言えるようにする -『おとなの基礎英語 シンガポール・香港・タイ』(4)-

▼ 注1
英会話の練習も情報処理の訓練にほかなりません。英会話の練習をくりかえすことによっても情報処理能力を高めることができます。その能力はほかの分野でもいかすことができます。

▼ 注2
ひとつの場面をまるごととらえインプットし記憶するということは、いいかえると、英文のフレーズだけを場面から切りとって取りだして断片化させないようにするということです。英文を音声だけでとらえて理解し記憶しようとしてもうまくいきませんし実践的ではありません。

むしろ、美佳が旅をしているそれぞれの場面をひとつの空間としてまるごととらえ、その空間のなかに音声もある、その空間に音声がひびいているととらえるのがよいでしょう。


DVD『おとなの基礎英語』にでてくる映像(イメージ)をおぼえて、それぞれの場面のイメージをベースにしてキーフレーズをおぼえると、フレーズが自然に言えるようになります。今回は「香港編」にとりくんでみます。


  • キーとなる場面の映像(イメージ)を DVD をつかってしっかり見ます(インプットします)。映像(イメージ)に英文がうめこまれている、英文もイメージの一部だととらえます。音声もしっかり聞きます(インプットします)。

  • 映像(イメージ)にフレーズをうめこんで理解し記憶します。
  • 下記のリストを見て、それぞれのエピソードのキーとなる場面の映像(イメージ)を、目を閉じてしっかりおもいうかべます(想起します)。英文も同時に想起します。

  • 英文を声にだして言ってみます(アウトプットします)。


Week 9
33 居所をたずねる(彼女がどこにいるか知りませんか?)
34 誤解していると思うと伝える(なにかの間違いです。)
35 自分がするはずだったことを伝える(ここで鍵を受け取るはずだったんですが。)
36 緊急の場合に助けを求めていいかたずねる(電話してもいいですか……なにかあったら。)

Week 10
37 重大な問題が起きたことを伝える(大変なんですよ。)
38 丁寧に助けを求める(お忙しいところ申し訳ないんですが、手を貸してもらいたいんです。)
39 どういう問題なのかを説明する(取っ手が取れちゃったの。)
40 修理をしてもらったお礼を言う(蛇口を直してくれてどうもありがとう。)

Week 11
41 仮定の話をする(もし(戻って)こなかったらどうするの?)
42 行った方角をたずねる(どっちへ行きました?)
43 手がかりがないと言う(さっぱりわからないわ。)
44 相手が肝心なことを忘れていると暗示する(なにか忘れていない?)

Week 12
45 自分で確かめると伝える(自分の目で確かめてみます。)
46 ぶらぶらしていたところだと説明する(ただちょっと見て回っていたところです。)
47 フォーマルな挨拶をする(お会いできて光栄です。)
48 体験についてポジティブなコメントをする(コツがつかめてきたようです。)

Week 13
49 ほかの言語でどう言うかたずねる(「気持ちいい」って、中国語でどう言うんですか?)
50 少し強めてもらうように指示する(もう少し強くしてください。)
51 誰がもっともよいのかをたずねる(ここで一番の占い師は誰ですか?)
52 ずっと興味を持っていたことを伝える(一度やってみたかったの。)

Week 14
53 食事をごちそうすると伝える(ごちそうするわ。)
54 料理について質問する(なにが入ってるの?)
55 料理の感想を述べる(今までで一番おいしい飲茶だったわ。)
56 値段についてコメントする(思ってたより、ずっと安かったよ。)

Week 15
57 どこに痛みがあるのかを伝える(お腹が痛いの。)
58 注射が嫌いであることを伝える(注射が大嫌いなの。)
59 気分がよくなったことを伝える(すごく気分がよくなったわ。)
60 薬をのむ回数をたずねる(1日何回のめばいいんですか?)

Week 16
61 デートに行くと説明する(デートなの。)
62 立つ位置を指示する(あなたの左にちょっと動いて。)
63 関連性を説明する(それで長期休暇を取ったってわけ。)
64 返事を保留する(あまりにも大きな決断だわ。)


キーとなる場面のイメージがフレーズとともに確実におもいうかぶようになると、そのような場面に実際に遭遇したときにそのフレーズが自然につかえるようになります。イメージをつかうことが記憶と想起のポイントです



IMG_2689 (1)
Episode 33 居所をたずねる


IMG_2690
Episode 64 返事を保留する

上の写真のような各エピソードのキーとなるイメージ(とそこにむすびついたフレーズ)を、目を閉じておもいうかべる練習します。



▼ 引用文献
NHKテレビ DVD BOOK『おとなの基礎英語 シンガポール・香港・タイ』2013年3月31日、主婦の友社
NHKテレビ DVD BOOK おとなの基礎英語 シンガポール 香港 タイ (NHKテレビDVD BOOK)

▼ 関連記事
DVD をつかって英会話を理解する -『おとなの基礎英語 シンガポール・香港・タイ』(1)-
イメージをつかってキーフレーズをおぼえ、言えるようにする -『おとなの基礎英語 シンガポール・香港・タイ』(2)-
イメージをつかってキーフレーズをおぼえ、言えるようにする -『おとなの基礎英語 シンガポール・香港・タイ』(3)-
イメージをつかってキーフレーズをおぼえ、言えるようにする -『おとなの基礎英語 シンガポール・香港・タイ』(4)-


DVD『おとなの基礎英語』にでてくる映像(イメージ)をおぼえて、それぞれの場面のイメージをベースにして英語のキーフレーズをおぼえると、フレーズが自然に言えるようになります。

今回は、『おとなの基礎英語』の「シンガポール編」の32のキーフレーズを確実に記憶し、声にだして言えるようにしてみたいとおもいます。「シンガポール編」には32のエピソードがあり、それぞれに1文ずつのキーフレーズがしめされています。

以下に、それぞれのエピソードにおけるキーとなる場面とキーフレーズの日本語訳のリストを掲載しました。

  • リストをみて、それぞれの場面の映像(イメージ)を想起します。
  • 目を閉じて、そのイメージをおもいうかべながら、キーフレーズをおもいだして声にだして言ってみます。
  • キーフレーズがうまく言えない場合は、DVD あるいは BOOK(書籍)をもう一度みて確認し記憶します。
  • イメージとともにキーフレーズをおぼえるのがポイントです。
  • 目を閉じて、もう一度イメージをおもいうかべて、キーフレーズを言ってみます。


Week 1
01 タクシーを拾える場所をたずねる(タクシーはどこでつかまえられますか?)
02 所要時間をたずねる(ホテルには、どのくらいで着きますか?)
03 両替をしてもらう(日本円をシンガポールドルに両替したいんですが。)
04 道順をたずねる(このホテルへの行き方を教えていただけますか?)

Week 2
05 食事ができる場所をたずねる(なにか食べたいんですが、どこに行けばいいですかね?)
06 食べ物についてたずねる(とてもおいしそうですね!)
07 食べ物を注文する(どういう意味ですか?)
08 席を確保する(ここ、誰か座ってます?)

Week 3
09 写真を撮ってもらう(私が写ってないんですけど。)
10 相手のことについてたずねる(あなたは?)
11 ローカルフードを食べてみる(お勧めは?)
12 別れの挨拶をする(お話できて楽しかったわ。)

Week 4
13 どこに連れて行ってくれるのかをたずねる(今日はどこへ連れてってくれるの?)
14 決心がついたことを表現する(決めたわ。)
15 冗談だということを伝える(冗談よ。)
16 値引きをお願いする(安くしてもらえませんか?)

Week 5
17 自分が感じていることを表現する(また別の国にいるような感じがするわ。)
18 初めての体験であることを説明する(モスクを見るのは初めてだわ。)
19 申し出をやんわりと断る(いいえ、遠慮しとくわ。)
20 相手を落ち着かせる(落ち着いて、楽しむのよ!)

Week 6
21 相手に指示・助言を求める(靴は脱いだほうがいいの?)
22 相手が作っている料理への期待感を表現する(なんか、すごくいい匂いがするわね。)
23 やり方を教わる(どうやるのか、お手本を見せて。)
24 食べきれなかったことを謝る(残してごめんなさい。)

Week 7
25 何かせざるをえない状況にあることを説明する(姉のために明日、香港に行かなくちゃならないの。)
26 しなくてはならない事柄を説明する(香港行きの明日の朝の便を、予約しないといけないんですが。)
27 電話の用件を説明する(お礼とお別れを言おうと思って、ちょっと電話したの。)
28 誰に何をあげるのかを説明する(お礼の品をあげたいんです。)

Week 8
29 レストランを予約したと伝える(落ち着けて、すてきなレストランを予約してあるの!)
30 会えなくなるのを寂しがる(あなたに会えなくてすごく寂しくなるわ。)
31 乾杯を提案する(さあ、乾杯しましょう。)
32 相手を丁寧に誘う(ご一緒にいかがですか?)


各エピソードのイメージが鮮明におもいだせたでしょうか。日本語を英語におきかえるのではなく、映像を想起しおもいうかべながら英語のフレーズが言えることが重要です。映像(イメージ)をベースにして、そこにうめこまれている、あるいはむすびついているキーフレーズをおもいだすようにします。


IMG_2687
Episode 01 タクシーを拾える場所をたずねる


IMG_2688
Episode 32 相手を丁寧に誘う

  • キーとなる場面の映像(イメージ)をしっかり見て、音声をしっかり聞きます。映像(イメージ)に英文がうめこまれている、英文もイメージの一部だととらえます。
  • 映像(イメージ)にフレーズをうめこんで理解し記憶します。目を閉じて、エピソードのキーとなる場面の映像(イメージ)と英文を想起します。
  • 英文を見ないで、英文を声にだして言ってみます。



▼ 引用文献
NHKテレビ DVD BOOK『おとなの基礎英語 シンガポール・香港・タイ』2013年3月31日、主婦の友社
NHKテレビ DVD BOOK おとなの基礎英語 シンガポール 香港 タイ (NHKテレビDVD BOOK)

▼ 関連記事
DVD をつかって英会話を理解する -『おとなの基礎英語 シンガポール・香港・タイ』(1)-
イメージをつかってキーフレーズをおぼえ、言えるようにする -『おとなの基礎英語 シンガポール・香港・タイ』(2)-
イメージをつかってキーフレーズをおぼえ、言えるようにする -『おとなの基礎英語 シンガポール・香港・タイ』(3)-
イメージをつかってキーフレーズをおぼえ、言えるようにする -『おとなの基礎英語 シンガポール・香港・タイ』(4)-


NHK DVD BOOK『おとなの基礎英語 シンガポール・香港・タイ』をうまくつかって想像・記憶・想起の練習をすれば英会話が自然に理解できます。

学習の効果をあげるためにつぎの手順でDVDを利用します。

 1. 目を閉じて音声だけを聞きながら映像を想像する
 2-1. テキスト(字幕)をオフにして視聴する
 2-2. テキスト(字幕)をオンにして確認する
 3. 目を閉じて音声だけを聞いて、映像を想起しながら英会話を理解する


1. 目を閉じて音声だけを聞きながら映像を想像する
  • 目を閉じて、DVDの音声のみを聞き、どのようなシーン(動画)がながれているか、自由に想像してみます(注1)。
  • まずは “Week 1” の4つエピソードについてトライしてみるとよいでしょう。


2-1. テキスト(字幕)をオフにして視聴する
  • テキスト(字幕)をオフの設定にします。
  • DVD を普通に視聴し、自分の意識のなかに映像と音声をしっかりインプットします。
  • 人物だけでなく、その周辺や背景もしっかり見ます。
  • 自分の想像と実際の映像との相似点・相異点を確認します。
  • 事前に想像の訓練をしておくと、通常よりも鮮明に映像を見ることができます。
  • 音声だけのときよりも、それに映像がくわわった場合の方が段違いによく理解できることがわかります。
  • DVD をただ漠然と視聴する場合よりもはるかによくインプットができ印象にのこります。


2-2. テキスト(字幕)をオンにして確認する
  • 今度は、テキスト(字幕)をオンの設定にします。
  • DVD を視聴し、映像(イメージ)と音声とともに英会話をテキスト(文字)で確認します。
  • テキスト(字幕)をしっかり見るとともに、周辺視野をつかって背景や風景もしっかり見ます。
  • それぞれのテキストを映像のなかにうめこむようにして、それぞれのフレーズをそれぞれのシーンにむすびつけて記憶します(図1&2)。
  • 映像(イメージ)をフレーズを記憶するためのベースとしてつかいます。
  • 単語や文法など不確かなところがあったら BOOK(書籍)で確認します。

IMG_2671
図1 イメージのなかにテキストがうめこまれている
(英文もイメージの一部としてとらえる)

150719 画面と言語
図2 映像(イメージ)とテキスト(フレーズ)をしっかりむすびつけて記憶する


3. 目を閉じて音声だけを聞いて、映像を想起しながら英会話を理解する
  • ふたたび目を閉じて、DVD の音声のみを聞き、映像を想起しながら英会話を理解します。
  • それぞれのシーンと英会話がほとんどすべて理解できるとおもいます。
  • 不確かなところがもしあったら、DVD あるいは BOOK(書籍)をもう一度みて確認します。


上記の過程には、想像と記憶と想起の訓練がふくまれます(注2)。英会話の音声はただ音としてとらえるのではなく、イメージ(心象)を基盤にしてそれに言語をむすびつけて記憶するのがポイントです。そうすれば、その場面のイメージをおもいだすことにより、英会話のフレーズも自然にうかびあがってくるようになります。



▼ 注1
「おとなの基礎英語」をテレビ放送ですでに見たことがある人は、当時の記憶をおもいおこし、想像ではなく想起するようにします。

▼ 注2
人がおこなう情報処理(インプット→プロセシング→アウトプット)のなかで想像や記憶・想起はプロセシングにあたります。

▼ 引用文献
NHKテレビ DVD BOOK『おとなの基礎英語 シンガポール・香港・タイ』2013年3月31日、主婦の友社
NHKテレビ DVD BOOK おとなの基礎英語 シンガポール 香港 タイ (NHKテレビDVD BOOK)

※ この DVD は、シンガポール・香港・タイ(バンコク)の観光ガイドにもなっています。主人公の美佳と一緒に旅をしている気分になって、たのしみながら英会話がおぼえられます。「おとなの」となっていますが、おとなだけでなく中高生でも十分たのしめます。そして将来余裕ができたらこれらの地域を実際に旅行してみるとよいでしょう。治安もよくコンパクトに見所がまとまっているシンガポールはとくにおすすめです。

▼ 関連記事
DVD をつかって英会話を理解する -『おとなの基礎英語 シンガポール・香港・タイ』(1)-
イメージをつかってキーフレーズをおぼえ、言えるようにする -『おとなの基礎英語 シンガポール・香港・タイ』(2)-
イメージをつかってキーフレーズをおぼえ、言えるようにする -『おとなの基礎英語 シンガポール・香港・タイ』(3)-
イメージをつかってキーフレーズをおぼえ、言えるようにする -『おとなの基礎英語 シンガポール・香港・タイ』(4)-


海外旅行をたのしみながら英会話を習得する DVD『トラベラーズ イングリッシュ』のハワイ編です。ハワイのうつくしい風景に英会話のフレーズをむすびつけておぼえることができます。

英会話の訓練では、想像力をつかいイメージをおもいえがくととても効果があがります(注1)。そのためにDVDがつかえます。DVDをつかって想像力をつよめる訓練法としてはつぎのようなやり方があります。

 1.目をとじて音声だけをきき、画面の映像を想像する。
 2.DVDを視聴し、自分のイメージとDVDの映像との相似と相異をチェックする。
 3.画面の周囲やカメラの背後を想像する。


1.目をとじて音声だけをきき、画面の映像を想像する。
最初は、DVDの映像はうつしださずに音声だけをながします。

目をとじてDVDの音声に完全に集中し、ビジュアルなイメージをしっかりおもいうかべるようにします。

よけいな視覚を完全に遮断するためにアイマスク(注2)をつかうとよいです。また雑音を遮断するためにヘッドホン(あるいはイヤホン)をつかうとよいです。


2.DVDを視聴し、自分のイメージとDVDの映像との相似と相異をチェックする。
今度は、音声をきくとともにDVDの映像もみて、自分の想像と実際の映像との相似と相異をチェックします。周辺視野もつかって人物だけでなく背景もしっかりみるようにします。想像と実際とがちがっていて当然です。

この方法をつかうと普通にみるときよりも鮮明に映像をながめることができます。色彩がゆたかで生命力にあふれる世界がハワイにひろがっていることが感じられます。人や物も多く、膨大な情報が映像からよみとれることがわかります。

自分が想像したイメージが貧弱だったこともわかりますが、想像力を高める努力を徐々にしていけばよいでしょう。


3.画面の外側やカメラの背後を想像する。
つぎに、映像の外側やカメラの背後など撮影されていない部分を想像してみます。現地の実際の風景は立体空間として大きくひろがっているのですから、自由に想像をふくらませてみます。

今度は想像するのみで実際の映像でチェックすることはできません(注3)。


このようなことをすると映像と音声がむすびついてそれらが自然に記憶されます。常識的な視聴をただくりかえしているだけのときよりも効果があがります。こうした訓練のなかで英会話のフレーズも自然におぼえられます(注4)。



▼ DVD
『トラベラーズ イングリッシュ 1 ハワイ編』
トラベラーズ・イングリッシュ 1 ハワイ編 [ 英語で旅する TRAVELERS ENGLISH 1 Hawaii ] [DVD](エキスプレス)


▼ 注1
人がおこなう情報処理のプロセスのなかでイメージをおもいえがくことはプロセシングにあたります。


▼ 注2:おすすめアイマスク
Amazon:Dream Essentials 立体型アイマスク Sweet Dreams ブラック
※ とても売れているアイマスクです。わたしもいつもつかっています。旅行にももっていくとよいです。

▼ 注3
実際に現地に行ってみれば自分の想像が現実とどこまで一致するかをたしかめることができます。これは旅行法のおもしろい実践方法のひとつです。


▼ 注4
本ブログの以前の記事で、最初に DVD を視聴して、つぎに映像をみないで音声だけを聞いて映像をおもいだす訓練方法を紹介しました。これは想起訓練になります。今回の方法はそれとは順序が逆で、音声だけを先にきいてその後で DVD を視聴するやり方であり、これは想像力を高める訓練になります。時間に余裕があれば、想像力を高める訓練をまずしてから、そのあとで想起訓練をするとよいでしょう。想起訓練を先にしてしまうと想像力を高める訓練がしにくくなります。既存の映像が先にインプットされてしまうと想像力がおさえられてしまいますので。


▼ 関連記事
DVDをつかって、イメージとともに英語をおぼえる 〜 DVD『トラベラーズ・イングリッシュ 4 オーストラリア編』〜
英会話の学習から海外旅行体験へ 〜DVD『トラベラーズ・イングリッシュ3 -アメリカ西海岸編-』〜
ニュージーランドを記憶の場にする 〜 DVD『トラベラーズ イングリッシュ5 ニュージーランド南島編』〜
視聴覚体験とキーワードで情報の玉をつくる 〜 DVD『NHK 100語でスタート!英会話 〜アメリカ編』〜
旅行の場面をファイルにする 〜『NHK 100語でスタート!英会話』(オーストラリア編)〜
外国人に英語で日本を紹介する - 松本美江著『改訂版 英語で日本紹介ハンドブック』-


Sponsored Link


体験(あるいは情報)のひとまとまりを玉(ボール)のようにイメージして、その要約や要点をツイート(アウトプット)すると情報処理がすすみます。

最近は、情報を投稿したり発信するための手軽な手段として Twitter(ツイッター)を利用している人も多いとおもいます。

Twitter(ツイッター)とは、ツイート(tweet)とよばれる140文字以内の短文を投稿できるウェブサイト上の情報サービスであり、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコに本社をおく Twitter 社が運営しています。

人がおこなう情報処理の観点からこの Twitter をとらえなおすと、ツイートをするということは情報のアウトプットをするということです

わたしたちの心のなかには、見たり聞いたり味わったりすることによってさまざまな情報がたえずインプットされています。感覚器官を通してはいってきたこのような情報は体験の倉庫(記憶の倉庫)に一旦たくわえられます。そしてプロセシングをへて、ツイート(言語)がアウトプットされるわけです。

* 

このような過程において、おもいついたことをやみくもにツイートするのではなく、つぎのような「体験の玉」をイメージしてからツイートすると情報処理がすすみます。

見たり聞いたり味わったりした体験のひとまとまり(情報のひとまとまり)を圧縮してボールのように玉として瞬時にイメージします。体験や情報をどこかでうまく区切ってひとまとまり(ユニット)をつくりだします。ひとつの体験がひとつのイメージの玉となります。そしてその玉のイメージの要約や要点を言語にしてツイートするようにします。これは、手軽にできる<プロセシング→アウトプット>のやり方のひとつです(図1)。

150712 体験の玉をツイートする
 図1 見たり聞いたりしたことのひとまとまりを「体験の玉」
としてイメージし、その要約や要点をツイートする



それぞれのツイートは、体験あるいは情報のひとまとまりの見だしあるいはラベルとしても機能するようになります。つまり各ツイートをあとでみれば、それを書いたときにつくった体験の玉(イメージ)がおもいだせるのです。体験の玉(情報の玉)の構造は図2のようになります。

150712 体験の玉の構造
図2 ツイート後の体験の玉の構造

体験の玉は、情報の本体とツイートからなります。ツイートは玉の表面構造です。体験あるいは情報の本体は自分の記憶倉庫にイメージとして保存されています。ツイート(言語)は、体験あるいは情報のひとまとまりの見だしあるいはラベルであって、体験そのものあるいは情報の本体ではないことに注意してください。
 
このように、イメージをえがいてツイートをすることにより、ひとつの情報の玉が強固に確立し完成します。


このようなことをちょっと意識するだけでツイートを日々することが効果的な情報処理の訓練になります。このような訓練は現実をとらえる感覚を強化し、情報処理につかえる材料を記憶倉庫のなかににふやすことになります。



▼ 参考文献
栗田昌裕著『絶対忘れない!記憶力 超速アップ術』日本文芸社、2010年5月28日
絶対忘れない! 記憶力超速アップ術 (日文新書)

栗田昌裕著『心と体に効く驚異のイメージ訓練法 — 体力・活力・気力・記憶力が一気に全開! 』廣済堂出版、1993年8月1日
心と体に効く驚異のイメージ訓練法―体力・活力・気力・記憶力が一気に全開! (広済堂ブックス)

▼ 関連記事
ラベル法をつかってファイルをつくる
ラベル法により心の中を整理する


スポンサーリンク

↑このページのトップヘ