発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

タグ:心象法

IMG_6872_3
クロマニョン人の頭骨(平行法で立体視ができます)

クロマニョン人は、観察力、記憶力・心象力・想像力、描画力といった高度な情報処理能力をもっていました。

続きを読む

DSCF4256ab
再現されたラスコー洞窟(平行法で立体視ができます)

約2万年前の洞窟壁画がみられます。イメージをえがくことは、人間(ホモ・サピエンス)の基本的・本源的な能力として重要です。

続きを読む

漢字は、イメージをシンボル化することによってつくりだされました。イメージしてシンボル化するやり方は、〈プロセシング→アウトプット〉の方法としてつかえます。

続きを読む

161116 イメージ訓練
図1 イメージ訓練(心象法)の位置づけ

イメージ訓練(心象法)はプロセシングの基本的な方法です。イメージ能力を高めるとプロセシング能力が高まります。

続きを読む

IMG_6344_5
世界初公開「文字の刻まれた兵馬俑」(平行法で立体視ができます)

漢字は、イメージをシンボル化することによってつくりだされました。一方で、漢字を見る(読む)ことによってイメージをおもいうかべることができます。

続きを読む

特別展「禅 心をかたちに」をみるときには、個々の作品だけでなく、それらが配置されている展示室(場あるいは空間)にもしっかり心をくばるようにすると心がゆたかになります。

続きを読む

IMG_6083_4
写真1 第3展示室「新しい生命観 - 宇宙人はいるのか?」
パトリシア=ピッチニーニ《ザ・ルーキー》2015年
(平行法で立体視ができます)
「宇宙と芸術」展は宇宙をイメージするよい機会です。時間・空間・暦・フラクタルをキーにしてイメージするとおもしろいです。

続きを読む

英語をつかって情報処理(インプット→プロセシング→アウトプット)をすすめ、またアイコンをつかって英語ファイルを活用すれば、英語が自由につかえるようになります。

続きを読む

161001 アイコン
図1 ファイルの構造

よくできたアイコンをつかって情報を想起したり操作する練習をすれば、アウトプットが容易にできるようになります。

続きを読む

日本人にとってむずかしい限定詞も、イメージをつかえば容易に理解でき、つかいこなせるようになります。

続きを読む

見開き2ページを1枚の絵として記憶し、構造のなかで、個々のイラストをとらえて記憶するようにします。

続きを読む

英語を、日本語におきかえて日本語訳で理解し記憶するのではなく、イメージをつかって理解し記憶するようにします。ネイティブのもつイメージをつかむことが大事です。

続きを読む

160921 イメージと言葉
図1 プロセシングはイメージで、アウトプットは言葉で

イメージをつかうと英語が理解しやすく記憶しやすいです。イメージでプロセシングをすすめ、言葉でアウトプットするようにします。
続きを読む

160922 並列処理
図1 プロセシングの基本は並列処理をすること

プロセシングの基本原理は並列原理であり、プロセシングでは並列処理をすすめるようにします。そのためには空間を活用します。

続きを読む

特別展「古代ギリシャ」では演劇に関する展示・解説もあります。当時の市民社会に、またその後の西洋文明に古代ギリシャの演劇は大きな影響をあたえました。

続きを読む

160726 ビジョン
図1 ビジョンをえがいてプロセシングをすすめる
 
何かをつくるときあるいは行動をするときには、ビジョンを事前にしっかりえがいておくことが大切です。

続きを読む

イメージして文字を書きだしたら(アウトプットしたら)、今度は逆に、文字を見てイメージしてみます。
続きを読む

DSCF2987ab
ポンペイの壁画展・撮影スポット(平行法で立体視ができます)
 
想像力をはたらかせて壁画と建物から立体空間をイメージすれば、約2000年前の古代ローマ都市ポンペイにタイムスリップしたような気分になれます。
続きを読む

P1030541
東京都薬用植物園の温室
ステレオ写真をつかって立体視が成立したら、今度は目を閉じてその立体映像をイメージしてみます。自分の内的空間も立体的になるように訓練します。
続きを読む

海外旅行にでかけてびっくりすることがあったら、その背後にある世界を想像してみると旅のたのしみが倍増します。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ