発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

タグ:心象法

自分に適した手引書にめぐりあって、一生の思い出をつくるようにするとよいです。
続きを読む

170823 ニックネーム
図1 体験ファイルのモデル
「(1)引いて見よ!  (2)寄って見よ!  (3)名を付けよ!」という三段階方式で体験ファイルをつくるようにします。想起するときにはイメージを鮮明にえがくようにします。
続きを読む

DSCF5824ba
ゴールデンターキン(交差法で立体視ができます)
亜寒帯の森はどのような自然環境なのか? まずは想像してみます。
続きを読む

IMG_9983_4
(平行法で立体視ができます)
ユーモラスな地獄をみて、誰もがほっとしてかえっていきます。
続きを読む

DSCF5919ab
写真1 アンチンボルド展(国立西洋美術館)
(平行法で立体視ができます)
自然の要素、擬人化、生命の全体的ないとなみといった階層構造をみることができます。
続きを読む

印象にのこったことをメモし、そのときの体験を想起することによって体験ファイルをつくるようにします。すると心のなかが整理され情報処理がすすみます。アウトプットもしやすくなります。
続きを読む

上空の視点から物語を想像すると歴史の大きな流れがみえてきます。
続きを読む

祭りの背景を想像するとおもしろいです。鎮魂をキーにして神社仏閣をみなおします。
続きを読む

DSCF1751ba
天王寺動物園 入り口(交差法で立体視ができます)
動物園の階層構造をモデルにして、情報の階層ネットワークを心のなかにつくれば情報処理がすすみます。
続きを読む

IMG_8885_4
写真1 宇宙の階層構造をしめすパネル
(交差法で立体視ができます) 
宇宙は階層構造になっています。階層構造はもっとも基本的で重要な構造です。階層構造のイメージは、情報を整理したり記憶したり活用したりするときにつかえます。
続きを読む

美術館にいって作品を見て、想像して、言葉にするレッスンをくりかえしていると情報処理能力がたかまります。
続きを読む

人間が世界認識を拡大してきた歴史が『世界古地図コレクション』をみるとわかります。世界像が変わると世界観や価値観も変わることに気がつくことも大切です。
続きを読む

宇宙最古の光である宇宙背景放射を分析することにより、宇宙創生の謎にせまることができます。
続きを読む

IMG_0977_6
ランタナ・カマラ(クマツヅラ科シチヘンゲ属)(Lantana camera
(交差法で立体視ができます)
植物を見ながら、それが生きる環境を想像してみます。その場の三次元空間をとらえることが環境の認識に発展していきます。
続きを読む

IMG_7850_1
ソシンロウバイ(素心蝋梅)(ロウバイ科)
(平行法で立体視ができます)

公園や植物園などにいって写真撮影をしたら、そこまでの道順や撮影場所を上空から見たらどうなるか、イメージしてみるとよいです。プロセシングがアウトプットにつながります。

続きを読む

学習や認識をすすめるときに、全体像をまずイメージしてから、細部を言語で確認するという順序をとるとよいです。視覚の回路をつかった情報処理をメインにすえるようにします。

続きを読む

鳥瞰図をつかえば、歴史的(時系列的)な出来事を並列的にとらえなおすことができます。

続きを読む

鳥瞰図をつかえば、視覚的・直観的にその地域をとらえることができます。鳥瞰のセンスをみがくことが大切です。

続きを読む

DSCF4499ba
左:イエローテールエンゼルフィッシュ(Blueface angelfish)
右:スクリブルドエンゼルフィッシュ(Scribbled angelfish)
(交差法立体視ができます)

多様な生き物たちを立体視することによって、心のなかのイメージ空間をひろげることができます。インプットされたイメージは、別の課題のもとであたらしいイメージをえがくときの素材としもつかえます。

続きを読む

3ヵ月カレンダーを毎日みながら,来月を想像し、先月を想起し、今日を生きるようにします。

続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ