発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

タグ:大観法

立体視の訓練をすることにより視力が回復できます。つかれ目にも効果があります。観察力と大観力がきたえられます。
続きを読む

< |2 >
続きを読む

地球にも太陽にも宇宙にも終わりがあります。重力とダークエネルギーが重要です。天体を意識すると時間が、宇宙全体を意識すると空間が認識できます。
続きを読む

立体視をして眼力をつよめます。目から情報をとりいれ、脳が解釈します。風景や物をみるコツがつかめます。
続きを読む

DSCF0158b
風景の科学展 
(平行法で立体視ができます)
風景をみて、対象を選択して、みえないものを想像します。〈大観→局観→達観〉という3段階の方法で認識がふかまります。問題解決にも応用できます。
続きを読む

「主客合一」「絶対矛盾的自己同一」「直観」によって「永遠の世界」にいたります。
続きを読む

認知革命により歴史がはじまりました。農業革命により生活がかわりました。科学革命により世界が機械化されました。
続きを読む

IMG_8381
古地図をとおして、世界(地球)に関する認識が拡大・精密化してきた歴史をみることができます。地図は、各地の情報をたくわえるデータベースとしての機能ももちます。地図をつかえば、空間をつかった情報処理ができます。
続きを読む

適切な解像度は、見る人の視力と見る人と画像までの距離とによってきまります。視覚系の情報処理のしくみを理解することが大事です。
続きを読む

ダークマター(暗黒物質)の研究がすすんでいます。原始ブラックホールがふたたび注目されています。常識はくつがえされるものです。
続きを読む

航空写真
新宿御苑の日本庭園
(Google 航空写真)
日本庭園のうつくしさ、花壇のうつくしさ、花のうつくしさ、3重にたのしめます。うつくしさがシンクロナイズしています。階層構造になっています。
続きを読む

人間の目は、目にはいってきた光しか感知することができません。人間の視覚系の情報処理によって光と陰が生じます。
続きを読む

円形空間は循環を連想させます。展示室内に作品は空間配置されています。展示空間に心をみたすようにします。
続きを読む

現場写真と Google Earth をつかって土砂災害について検証しました。天気予報をみるだけでなく、居住地の地形と地質をあらかじめ確認しておきます。大雨警報が発令されたら安全な場所に避難します。
続きを読む

IMG_5374のコピー
アルマ(ALMA)(日本科学未来館)
アルマ望遠鏡が、微弱な電波を受信して宇宙の謎にせまります。宇宙は本当はどうなっているのか? この課題にいどむために観測装置を発達させる意義があります。
続きを読む

ジオ・コスモスをつかって地球を大観し、グローバルに環境問題をとらえることが大事です。
続きを読む

中心視野でボールをおいながら、周辺視野で全選手のうごきをとらえます。ピッチ全体を見るようにします。ゲームのながれ、局面がよめてきます。
続きを読む

発掘・調査、顔の復元、DNA 分析などによって、旧石器時代に南方の人々が琉球列島にやってきたことがあきらかになりました。大観してから分析するという方法が重要です。
続きを読む

「宇宙のすべてを支配する数式」は「重力」と「素粒子」についての数式です。数学の体系のなかに物理学の体系は包含されます。
続きを読む

3D 写真を立体視していると目がよくなります。眼力がつよまります。中心視野だけでなく周辺視野もつかうようにします。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ