発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

タグ:健康法

記憶力や注意力・処理速度などが老化がすすむとおとろえます。認知症になると日常生活に支障がでます。情報処理訓練により予防します。
続きを読む

目の筋肉がほぐれます。気分をリセットし、リフレッシュできます。眼力は、人間主体の情報処理における基礎的な能力です。
続きを読む

感染しても症状がでない人々がいます。ウイルスを他者に感染させないための注意・努力がいります。状況を把握できれば解決策が立案できます。
続きを読む

ウイルスのゲノム解析がすすます。 実証的研究をすすめることが治療薬とワクチン実現の近道です。
続きを読む

感染症が今後とも断続的におそってきます。野生動物と人間のあいだに緩衝帯をつくります。地球上でうまくすみわけます。
続きを読む

PCR 検査と抗体検査の相違を理解します。データを蓄積して一般的傾向をつかみます。定量的に予測します。
続きを読む

ねむっているときに脳の老廃物があらいながされます。プロセシングがすすみます。健康維持のために情報処理をおこないます。
続きを読む

科学的に死を追究します。死がわかると生がわかります。死があるのが生命です。
続きを読む

ウイルスと感染症を論理的にとらえなおします。治療薬とワクチンの開発・実用化が流行をおわらせます。定量的な予測と対策が必要です。
続きを読む

人間は情報処理をする存在です。感覚器はインプット、脳はプロセシング、声帯や手足はアウトプットの機能をもちます。総合的な処理が、体の健康と心の安定をもたらします。
続きを読む

「ソーシャル・ディスタンス」の確保がさけばれます。最終決着には、治療薬とワクチンの実用化が必要です。長期的視野がいります。
続きを読む

地球上での人間の往来拡大とともに感染も拡大しました。自然環境からの作用と人間の側の要因があいまって歴史的な変化がおこります。未知のウイルス・細菌と人間とはすみわけたほうがよいです。
続きを読む

新型コロナウイルスの起源がコウモリにあることがわかりました。仮説をたてて検証しました。地球上における すみわけが重要です。
続きを読む

基本再生産数 R0 により感染状況の予測ができます。R0 が1よりちいさければ感染者数は減少していきます。人と人との接触をなくし、感染者を隔離すれば、R0 値はちいさくなります。
続きを読む

皮膚は、人体と環境を分かちます。皮膚は、体をまもるバリアであるとともに、環境の変化をしる感覚器官です。皮膚は体と環境の「鏡」です。
続きを読む

事実・前提・仮説に注目します。3段階モデル(仮説法→演繹法→帰納法)が有効です。一般的傾向や規則性・本質があきらかになり、予測ができます。
続きを読む

ウイルスは、他生物の細胞に侵入して増殖します。新型コロナウイルスは何らかの野生動物に由来するとかんがえられます。自然環境を開発・破壊してはなりません。すみわけが重要です。
続きを読む

行動遺伝学者が双生児を研究しました。遺伝と環境には相互作用があります。遺伝の影響は不変ではなく、環境が、遺伝のはたらきをひきだします。
続きを読む

人体には、インプット器官・プロセシング器官・アウトプット器官があり、これらは連動しています。人体のしくみをしり、健康法にとりくみます。心の健康のためには知的情報処理が重要です。
続きを読む

かなり軽症の人が感染を広げているのではないだろうか。〈仮説法→演繹法→帰納法〉(仮説をたてて検証する)という方法が役立ちます。一般的傾向や原理・法則がわかれば将来にむけて対策がたてられます。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ