発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

タグ:作文法

語順の原則とテンの原則をまずは習得し、つぎに助詞の原則を習得します。文を構造化するとわかりやすくなります。
続きを読む

「○○は」とのべて題目をしめします。「は」の本務と兼務を理解します。「○○は」と「○○が」をつかいわけます。
続きを読む

日本語の大黒柱は述部にあります。「題目-述部」という構造が基本です。知的生産がすすみます。
続きを読む

IMG_0988_9
(平行法で立体視ができます)
漢字 4000 年の歴史がわかります。漢字は簡略化されてきました。誰にとってもわかりやすい表記・表現がもとめられます。
続きを読む

段落を要約します。類似性に注目してグループ編成をし、文章化します。本文の内容をふかめます。
続きを読む

似た情報(文)をあつめて段落をつくります。ひとつのグループがひとつの段落になります。断片的情報を体系化できます。
続きを読む

語順とテンの原則にしたがて日本語を書けばわかりやすい日本語になります。
続きを読む

アイデアがうまれます。企画書が書けます。チームワークがすすみます。
続きを読む

似た情報(文)をあつめて段落にします。知的生産とはよくできたアウトプットをすることです。アウトプットの中核技術として作文技法が重要です。
続きを読む

〜についていえばという心持ちで題目を提示します。単語と文法、記号とルールを駆使して、心のなかに生じたことをアウトプットします。
続きを読む

「・・・は」は題目を提示します。「は」と「が」のつかいわけが達意の文章をかくために必要です。
続きを読む

散歩をしたら、体験を書きだしてみます。圧縮表現をします。はやく書くことで情報処理能力をたかめます。
続きを読む

係助詞ハは題目を提示し、格助詞ガノニヲを兼務します。題目をしめし、補足語をのべて述語でむすびます。係助詞と格助詞をつかいわけます。
続きを読む

「Xハ」とのべて題目を提示します。「Xハ」の「ハ」は、「ガ」「ノ」「ニ」「ヲ」を兼務します。日本語には “主語” はありません。
続きを読む

文章を書くまえにかんがえをまとめるための技術として「こざね法」があります。並列的な編集から直列的な表現へすすみます。
続きを読む

視覚化とともに文章化もおこない、イメージと言語をむすびつけると情報処理がすすみます。
続きを読む

プレゼンテーションではアイデアを1つにしぼり、たとえをつかってはなすとよいです。
続きを読む

キーボードをうって日本語や英語を書くことは、人間主体の情報処理における「出力」(アウトプット)です。出力しやすいようにキーを再設定するとよいです。
続きを読む

アウトプットは、インプットとプロセシングを点検・確認するための絶好のチャンスです。
続きを読む

日本語の作文技術の初歩は4〜5日練習すれば誰でも習得できます。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ