発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

タグ:仮説法

しっかり睡眠をとると情報処理がすすみ、発想や直観がえられやすくなります。今日のような時代の大転換期では発想や直観が必要です。
続きを読む

帰納法・演繹法・実験といった方法により法則があきらかになります。法則は、現象や物事の根本にあるものです。根本を知ることは大事なことです。
続きを読む

祭りの背景を想像するとおもしろいです。鎮魂をキーにして神社仏閣をみなおします。
続きを読む

天才が生まれた環境や背景・時代・場所をとらえると、創造性とは何かという問題をかんがえるときのヒントがえられるかもしれません。
続きを読む

どのような課題においても、複雑な現象をみたら、それを単純化し、その本質にせまる努力をすべきです。
続きを読む

18〜19世紀、地球(世界)の探検・調査によって膨大な標本や資料があつまってきました。その結果、自然史博物館が成立し、一方で進化論が発表されました。思い込みにおちいらず、事実と仮説を区別し、種の進化と絶滅について理解することが、地球の未来のために重要です。
続きを読む

日本の基層文化である縄文文化に注目することによって、自然と人間が共生するためのヒントがえられます。
続きを読む

IMG_8698_7
ピルトダウン人の頭骨復元(中央)と頭骨片(周囲)
(交差法で立体視ができます)

思い込みで何事も判断しないようにすることが大事です。
続きを読む

法則についてまなぶことは現象や物質の根本を知ることになります。これは、人間の叡智をまなぶことであり、効率のよい勉強法でもあります。
続きを読む

存在しないことを証明することは不可能です。言葉だけの論理にだまされないことが大事です。
続きを読む

IMG_8565_6
コガラパゴスフィンチ(左)とチリマネシツグミ(右)
(平行法で立体視ができます)
ダーウィンは、ビーグル号の世界一周航海ののち、20年をかけて研究をかさね進化論を発表しました。大英自然史博物館では、視覚的・体験的・直観的にダーウィンの業績をとらえることができます。
続きを読む

IMG_8423_4
始祖鳥」の化石(Archaeopteryx)ジュラ紀後期(1億4700万年前)
(平行法で立体視ができます) 

始祖鳥の化石は恐竜が鳥類に進化した証拠です。常識にとらわれないで、スケールの大きな生命進化の流れをつかむことが大切です。
続きを読む

仮説に注目することによって物事の見通しがよくなり、認識がすすみます。
続きを読む

大気も大地も複雑系であることに気がつくことが大事です。天気や地震の 100% 正確な予測(予知)はできません。
続きを読む

大きな組織で昇進をつづければ、いつかかならず「無能レベル」に到達します。無能レベルの人間にならない工夫が必要です。
続きを読む

創造性を発揮して、イノベーションのジレンマにおちいらないことが組織にも個人にももとめられます。成功体験をくりかえさない、過去に執着しないことが大切です。
続きを読む

法則や原理を知識として記憶してもあまり意味はありません。思考しつかってみることに意義があります。
続きを読む

170228b 抽象化と貫徹

図1 法則は物事を貫徹する
定理や法則を知ることは人間の叡智をまなぶことになります。物事を抽象化することによって定理や法則はつくられます。他方で定理や法則は具体的な物事を貫徹します。
続きを読む

科学の営みとは、〈疑問→データ→仮説→検証〉という方法をもちいて、すこしでも真理にちかづこうという過程です。この思考方法は科学以外の課題でもつかえます。
続きを読む

釈迦の時代の仏教とそのご発展した大乗仏教のちがいをふまえます。この世は、奥底にある超越的な法則によってうごいています。「空」とは超越的な法則のことです。

続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ