発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

タグ:仮説法

条件によって確率は変化していきます。統計学の手法は帰納法であり、仮説法や演繹法とくみあわさってただしい認識をもたらします。
続きを読む

波と粒子の二重性がミクロな粒子にはあります。見ていないときは波としてふるまい、見ると粒子としての姿をあらわします。常識がくつがえります。
続きを読む

すべてが心の中にあります。心は、深層心と表層心からなりたっています。環境にまでひろがっている心の場と仕組みをとらえることが大事です。
続きを読む

運動の現象の奥底には運動の法則がひそんでいます。現象を記載するだけでなく、本質を追究します。〈仮説→検証→予測〉という方法が有用です。
続きを読む

生態学にもとづいて、文明の生態史観を提示し、旧世界の生態史モデルを提案しました。類比法をつかって数々の並行現象を発見しました。生態系から文明系への移行が現在おこっています。
続きを読む

熊野は、近畿地方にあって縄文文化の面影がもっとものこるところです。日本文化は、縄文文化が基層になってできています。日本の原郷を旅すればもっと自然な生き方がみつかります。
続きを読む

日本の基層文化である縄文文化が色濃くのこっている東北地方を調査しました。現代の日本にも縄文文化はおおきく作用しています。共生と循環の原理がこれからの時代には必要です。
続きを読む

DSCF9303ba
会場入口
(交差法で立体視ができます)
日本列島各地から出土した人骨の比較研究がすすんでいます。西日本を中心に、在来の縄文系の人々と渡来系弥生人との混血がすすみました。一方、弥生時代になっても縄文人の遺伝子が東北地方ではうけつがれていました。
続きを読む

自然選択説、進化の総合説、分子進化の中立説、断続平衡説などの仮説が提唱されています。観察をしてデータを蓄積し、仮説をたてて検証することが大事です。
続きを読む

調査旅行が容易になり、自然に関するデータが蓄積されてきました。サイエンスが宗教から独立しました。進化論は、社会的・歴史的にも重大な影響をもたらしました。
続きを読む

空白をうめるように進化がおこります。ヒトとサルは共通の祖先をもつことがあきらかになりました。類比法あるいは類推という方法が役立ちます。
続きを読む

直立二足歩行をはじめたのが人類のはじまりです。目と手の進化にも注目します。情報処理を高度化するように人類は進化しています。
続きを読む

ダークマター(暗黒物質)の研究がすすんでいます。原始ブラックホールがふたたび注目されています。常識はくつがえされるものです。
続きを読む

渡りをする蝶、アサギマダラについて科学的に研究しています。福島から台湾まで飛びます。アサギマダラの集団をくるむ「雲」の移動に注目します。
続きを読む

DSCF8622ba
昆虫の巨大模型
(交差法で立体視ができます)
記載・分類からはじまり、構造と機能の分析的研究をへて、生態学的研究、昆虫の進化論へと昆虫研究は発展してきました。標本観察とフィールドワークをふまえて、さまざまな昆虫たちの相似と相異に着目すれば、類縁関係と系統を類推することができます。
続きを読む

IMG_6739
メガネウラの復元模型
(古生代石炭紀〜古生代ペルム紀)
(交差法で立体視ができます)
昆虫は、古生代の後期に大繁栄し、その後は、身体を小さくしながら進化してきました。大きな動物と共存しながら生態系をつくりだしました。分化しつつシステム化することに気がつくことが大事です。
続きを読む

ウィリアムとアドソが謎にいどみます。暗号をよみときます。背後には何があるのか?
続きを読む

IMG_7205_6_edited-1
チャールズ=ダーウィン(1809-1882)
『種の起源』
ロンドン, 1859年,(初版)

(平行法で立体視ができます)
ダーウィンは進化を、メンデルは遺伝をあきらかにし、その後の生物学の発展の道をきりひらきました。
続きを読む

IMG_6428_7_edited-1
チューブの「あ」
(交差法で立体視ができます)
NHK・Eテレの人気番組「デザインあ」が企画展になりました。さまざまなデザインを身体をつかって体験できます。イメージやアイデアがうかび情報処理がすすみます。
続きを読む

「もし」と条件(前提)を仮定して、前提をかえながら思考をすすめています。思考実験により地球がさらにふかく理解できます。地球は「幸運」にめぐまれた「奇跡の惑星」です。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ