発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

タグ:仮説法

DNA 解析技術の進歩により系統学が発展しました。もとはひとつのものから分化・生成・発展しました。相似と相異に着眼して類縁関係をあきらかにします。
続きを読む

「足」をつかった取材をおこない、仮説をたてます。定量的データで検証します。処理結果を発表します。
続きを読む

発展途上国と先進国という分類はもはや役立ちません。〈仮説(モデル)→ 事実(データ)→ 一般(前提)〉とすすみます。事実で世界を理解します。
続きを読む

ウイルスのゲノム解析がすすます。 実証的研究をすすめることが治療薬とワクチン実現の近道です。
続きを読む

事実レベルと思考レベルを往復します。仮説法、演繹法、帰納法とすすみます。論理の区切りを自覚します。
続きを読む

〈仮説→事実→一般〉とすすみます。グラフをつくり、方程式をみちびきます。予測ができます。
続きを読む

鬼海カルデラの調査がすすみます。超巨大カルデラの構造と噴火のしくみがわかりました。巨大噴火はこれからもおこります。
続きを読む

仮説法・演繹法・帰納法をつかうと予測ができます。あらたな前提としてカオス(渾沌)があきらかになりました。たえず現状を確認し、災害にそなえます。
続きを読む

新型コロナウイルスの起源がコウモリにあることがわかりました。仮説をたてて検証しました。地球上における すみわけが重要です。
続きを読む

< |2 >
続きを読む

基本再生産数 R0 により感染状況の予測ができます。R0 が1よりちいさければ感染者数は減少していきます。人と人との接触をなくし、感染者を隔離すれば、R0 値はちいさくなります。
続きを読む

仮説をたてて検証します。演繹法がつかえます。問題解決のカギは局所の選択にあります。
続きを読む

事実・前提・仮説に注目します。3段階モデル(仮説法→演繹法→帰納法)が有効です。一般的傾向や規則性・本質があきらかになり、予測ができます。
続きを読む

かなり軽症の人が感染を広げているのではないだろうか。〈仮説法→演繹法→帰納法〉(仮説をたてて検証する)という方法が役立ちます。一般的傾向や原理・法則がわかれば将来にむけて対策がたてられます。
続きを読む

2020/02/05 更新
< |2 >
続きを読む

DSCF0032ba
写真1 東京国立博物館・平成館
(交差法で立体視がでます)
ヤマト王朝以前に、西日本をほぼ統一した出雲王朝がありました。出雲王朝をほろぼし、あらたな統一国家をつくったのがヤマト王朝です。出雲大社は、出雲の王であったオオクニヌシを鎮魂し、オオクニヌシの怨霊を封じこめるために、ヤマト王朝がたてたのではないでしょうか。
続きを読む

< |2 >
続きを読む

地域とは〈主体-文化-自然環境〉系です。ヒンズー文明・重層文化・チベット文明という垂直構造がヒマラヤにはみられます。文明圏の縁辺では重層文化が発達します。
続きを読む

歴史柱状図から重層文化がよみとれます。基層文化に外来文化をかさねて独自文化をつくります。重層文化は、地球時代をいきぬく方法としてつかえます。
続きを読む

大和政権が東北地方を侵略しました。西日本の文化が東北地方にももたらされました。平安時代後期には平泉文化が花ひらきました。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ