発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

タグ:仮説法

かなり軽症の人が感染を広げているのではないだろうか。〈仮説法→演繹法→帰納法〉(仮説をたてて検証する)という方法が役立ちます。一般的傾向や原理・法則がわかれば将来にむけて対策がたてられます。
続きを読む

2020/02/05 更新
< |2 >
続きを読む

DSCF0032ba
写真1 東京国立博物館・平成館
(交差法で立体視がでます)
ヤマト王朝以前に、西日本をほぼ統一した出雲王朝がありました。出雲王朝をほろぼし、あらたな統一国家をつくったのがヤマト王朝です。出雲大社は、出雲の王であったオオクニヌシを鎮魂し、オオクニヌシの怨霊を封じこめるために、ヤマト王朝がたてたのではないでしょうか。
続きを読む

< |2 >
続きを読む

地域とは〈主体-文化-自然環境〉系です。ヒンズー文明・重層文化・チベット文明という垂直構造がヒマラヤにはみられます。文明圏の縁辺では重層文化が発達します。
続きを読む

歴史柱状図から重層文化がよみとれます。基層文化に外来文化をかさねて独自文化をつくります。重層文化は、地球時代をいきぬく方法としてつかえます。
続きを読む

大和政権が東北地方を侵略しました。西日本の文化が東北地方にももたらされました。平安時代後期には平泉文化が花ひらきました。
続きを読む

弥生時代になると、稲作農耕民族が大陸から移住してきました。稲作文化は、東海地方までは一気にひろまり、その後、東北地方にも徐々に浸透しました。おおきくなったムラには豪族があらわれました。
続きを読む

DSCF9793ba
(交差法で立体視がでます)
東北の歴史を概観できます。重層文化がみられます。縄文文化は日本の深層文化です。
続きを読む

統計の手法は帰納法です。仮説法・演繹法・帰納法をくみあわせて問題を解決します。
続きを読む

DSCF0158b
風景の科学展 
(平行法で立体視ができます)
風景をみて、対象を選択して、みえないものを想像します。〈大観→局観→達観〉という3段階の方法で認識がふかまります。問題解決にも応用できます。
続きを読む

進化の過程でヒトは毛をうしないました。衣服をきて、さまざまな自然環境に適応しました。文化そして文明を発展させました。
続きを読む

アイデアがうまれます。企画書が書けます。チームワークがすすみます。
続きを読む

フォッサマグナが東日本と西日本を分断します。大規模な地殻変動がありました。データと仮説を区別して理解します。
続きを読む

原子、宇宙空間、宇宙のはじまりという観点から無を探究しました。簡単なモデルからはじめて、複雑なシステムへアプローチします。わたしたち人間が認識している宇宙は幻であるという仮説がたてられます。
続きを読む

条件によって確率は変化していきます。統計学の手法は帰納法であり、仮説法や演繹法とくみあわさってただしい認識をもたらします。
続きを読む

波と粒子の二重性がミクロな粒子にはあります。見ていないときは波としてふるまい、見ると粒子としての姿をあらわします。常識がくつがえります。
続きを読む

すべてが心の中にあります。心は、深層心と表層心からなりたっています。環境にまでひろがっている心の場と仕組みをとらえることが大事です。
続きを読む

運動の現象の奥底には運動の法則がひそんでいます。現象を記載するだけでなく、本質を追究します。〈仮説→検証→予測〉という方法が有用です。
続きを読む

生態学にもとづいて、文明の生態史観を提示し、旧世界の生態史モデルを提案しました。類比法をつかって数々の並行現象を発見しました。生態系から文明系への移行が現在おこっています。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ