発想法 - 情報処理と問題解決 -

情報処理・学習・旅行・取材・立体視・環境保全・防災減災・問題解決などの方法をとりあげます

タグ:ネパール

IMG_1575_6
バクタプル国立美術館 
(平行法で立体視ができます)
立体的にとらえます。ヒンドゥー教と仏教の彫像がみられます。おおくの神々や仏が日本にもやってきています。
続きを読む

ヒマラヤの氷河がとけて氷河湖がふえています。氷河湖の水位が上昇すると氷河湖決壊洪水がおこります。防災のためには予測が必要です。
続きを読む

DSCF0382ba
パシュパティナートの参道 
(交差法で立体視ができます)
インド亜大陸の4大シヴァ寺院のひとつであり、ネパール最大のヒンドゥー教の聖地です。ヒンドゥー教徒たちは荼毘にふされ、輪廻転生します。ヒンドゥー教の神々は日本にも渡来しています。
続きを読む

< |2 >
続きを読む

DSCF0251ab
バクタプル・ゲート
(平行法で立体視ができます)
都市の周辺に耕地があり、その外側に自然環境がひろがります。人間的なやりとり、自然環境とのやりとりによって都市文明が発達しました。環境保全のモデルとして有効です。
続きを読む

< |3 >
続きを読む

< |2| >
続きを読む

DSCF0041ba
成田国際空港 
(交差法で立体視がでます)
3次元空間を旅します。対象とともに環境もとらえます。物事の背景をよみとります。
続きを読む

2020.1.26 更新
< |3 >
続きを読む

垂直構造がみられます。多様な自然環境のなかでさまざまな民族がすみわけています。〈主体-文化-自然環境〉系が機能しています。
続きを読む

< |2 >
続きを読む

地域とは〈主体-文化-自然環境〉系です。ヒンズー文明・重層文化・チベット文明という垂直構造がヒマラヤにはみられます。文明圏の縁辺では重層文化が発達します。
続きを読む

IMG_9170_1
(平行法で立体視ができます)
インドで誕生した仏教は日本にもつたわりました。ヒンドゥー教の神々は日本にもとりいれられました。世界は、創造・維持・破壊のサイクルをくりかえしています。
続きを読む

両界マンダラ(胎蔵マンダラと金剛界マンダラ)、立体マンダラ、砂絵マンダラなどがあります。
続きを読む

IMG_2297_8
ヒマラヤの高山植物(平行法で立体視ができます)
ヒマラヤ高地のきびしい環境が想像できます。
続きを読む

現地調査で多様な情報を収集し、それらを統合してアウトプットします。
続きを読む


IMG_0155_6
菩薩座像(チベットまたはネパール、15〜16世紀)
(平行法で立体視ができます)
チベットの仏像は特異です。インド・チベット・中国・日本の仏像を比較しながら、仏教の伝播と歴史を想像することができます。
続きを読む

炊飯の前にお米に水を浸透させ、最後に十分なむらしをするとふっくらとしたおいしいごはんが炊けます。
続きを読む

DSCF3072ab
上野の森美術館(平行法で立体視ができます)

ブータン王国は、GNH(国民総幸福)という先進国にはない別の尺度をもっています。あらたな尺度をもつことはとても大切な事です。
続きを読む

DSCF1257ba
ネパール中央動物園 入口

ステレオ写真をつかった立体視は見る能力をたかめる訓練になります。見る能力がたかまると情報処理能力もたかまります。
続きを読む
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ